永遠の生命、安心

永遠の生命と永遠の安心を得る方法を紹介します。

新車が来ました (きらく仙女さんの日記の転載)

2018年11月12日 | 日記
立冬を過ぎて、こちらでは、
ストーブが活躍しております。
皆様の所では如何でしょうか?

最近、個人的に目立つ出来事は、
新しい軽乗用車が来たことです。
今の生活では、車は小型で乗りやすく、
安全機能が高いことが重要条件です。

愛用車のブレーキ系の不具合から、
予定より早く替えることになりました。
念のため、塩害対策の強化塗装を追加して、
ドライブレコーダの移設などを頼みましたが、

軽四輪なのに、昔乗っていた有名外車よりも
色々な面で一々進歩しているのには驚きます。
特に安全性の技術改良が顕著な10年20年の
時間の経過を今あらためて感じておりますと、

人の生き方と申しますか人格も、10年20年と
進歩してきたであろうか?と、ふと思いました。
世間では楽しい話題や感動的な新しい話以上に、
深刻な問題や不可解な事件が報道されています。

個人や政治への批評は評論家にお任せしまして、
自身がどうであるか、少しでも進歩改善できたか、
自己の周囲、活動の場面が良くなってきただろうか、
一人一人にとって、それが重要ではないでしょうか。

今年を振り返るには未だ早過ぎる気がしますけれど、
もう十分に色々な事が目まぐるしく起こった年でした。
そして、来年には年号や税制も変わるということで、
さらに想像できない変化も起こりそうな気配です。

それでも、私の提案申し上げる事は、いつもと同様、
ただ、自分の本心を信じ、なるべく真霊を安んじる、
そして一歩一歩、今できる事、したい事を丁寧に
悔いのないように実行する、それだけです。

慢心や身勝手は申すまでもなく問題ですけれど、
ちょっとした油断や手抜きなども軽視できません。
「一私の惑、一念の障、一言の微、一行の細」に因り
昧境(炁の不足→困惑、混迷の状態)になるそうです。

車の運転は特に、公共の場で凶器になり得る機械を使う
という事ですから、用心の上にも用心したいものです。
車両関係の方達にも、一事より危機を招かぬよう、
益々精進して頂きたいと願っております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鎮心経オンデマンド本 (きら... | トップ | 隠し切れない時代に (きらく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事