永遠の生命、安心

永遠の生命と永遠の安心を得る方法を紹介します。

心配なこと (きらく仙女さんの日記の転載)

2019年02月20日 | 日記
不安定なお天気が続きましたが、皆様は如何お過ごしでしょうか?
あちこちでインフルエンザが増えているとのこと。麻疹(はしか)も
感染の拡大が心配されます。そして、花粉の散飛する季節にもなりました。

また、この頃の報道番組などでは、地球規模の異常気象、各国の不和問題、
ネット動画の悪ふざけ、交通の凶悪違反、有名企業者の不正、行政の不適、
著名人の発病や不調、パワハラやいじめ・・・と心配な事が続いています。

そして、大きく報道されていないようですが、例えば、最近になって異常に
放射線濃度が上昇している地域があることや、現実にガンや白血病の発症数が
増加していることも心配です。あのチェルノブイリの惨事が思い出されます。

それは決して遠方の他人事、過去の悪夢ではなく、今も継続している問題です。
3・11の福島の問題も、今なお未解決どころか、解決の見通し、対処計画も
確立していない現状で、一部の現場作業員だけが頑張っておられるようです。

もちろん、各地の地震や暴風雨などの災害も大変なことですし、その復興に
日々苦労し努力しておられる方達も、それぞれ大変なことと思いますけれど、
やはり放射性物質による汚染問題は特別に重大かつ深刻ではないでしょうか。

TVの気象報道でもPM2.5や花粉の情報は見かけますが、放射線数値の
情報は見かけませんね。免疫力の向上に良い食品と謂われるキノコ類や野菜、
豆類や味噌、緑茶なども、放射線濃度が高い場合は却って危険かもしれません。
私の手元にも、放射線量の簡易測定機があります。それは数年前に、心配性の
友人から贈られたものです。絶対必要とは思いませんが、折角の誠意ですし、
操作も簡単ですので、たまに参考数値を得るために使用しております。ただ、

情報収集は大事ですけれど、この現実世界に溢れる情報の中から、その時々に
信用できるもの、必要なもの、有益なものを入手しないと意味がありません。
そして、それを活用する方法、タイミングの判断と実行が重要になるでしょう。

心配し始めると切りがありませんけれど、あの時あの食品を食べなかったら、
あの場所に行かなかったら良かった、というような後悔は避けたいものです。
それには、日頃から感覚をピュアにして危険回避力を高めるのが賢明です。

その心強い方法として、日常的に真坐を少しずつでも実行すること、また
有益でポジティブな咒をお唱えして心身を整えると同時に、周囲の環境に
良い気を発信し充満させてゆくことは、非常に有意義であると思います。

最も心配なことは、こうすれば結果はこうなる、というような当たり前の
道理を知らない、考えない人々が増えているのではないかという事です。
愚かな親や愚かな教師にしか接しなくて賢い人になるのは困難でしょう。

当たり前の道理を普通に身に付けて、周囲の子供たちや仲間に対して
日々その様子を見せ、道理に叶ったことを普通に話す、そのような
賢い人が、この世界に増えて欲しいと切に願っております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 光 (きらく仙女さんの日記の... | トップ | ちょっとした愛想 (きらく仙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事