振り返ればずっと田舎暮らし。

猫を飼いたい、いつか必ず。

骨付鶏

2017-11-15 13:04:30 | 日記

今日お昼のnhkで骨付鶏がでるというので

どこのお店を紹介するのか、楽しみにしてた

普通に広くて、古い店は一鶴なんやけどそこではなかった

 

私は子供のころの給食のせいで鶏肉が大嫌いになった

今の学校のように給食を残してもいいとかじゃなかったので

全部食べ終わるまで、お昼休みに突入しても一人か二人、食べられないものを目にしながら

ずっと教室に座らされてる子がいた。

毎日のように残っていたのが、わたし。

 

給食に出てくる肉はほとんどが鶏肉で、それも皮に毛がついた状態の親鳥だったので

噛んでも、噛んでも、噛んでも 噛みきれなく、涙を流しながら飲み込んでたが

これを繰り返してたら、一切受け付けなくなった

そのうち、ビニール袋をエプロンにしのばせて、食べられないものはその袋に隠して

持って帰ることにした。

いつも通る道にワンコがいて、その子に残り物をあげてたら

毎日通るたびに、尾っぽを振って期待されてしまったので

別に嫌いでなかったパンとかを少し残して、ワンコにあげてた

昔の事なので餌を勝手にあげても怒られることはなかったから。

 

それから成人するまでは鶏は絶対に食べなかったのだが

ある日母が持ち帰りで食べてた一鶴の骨付鶏の匂いが美味しそうで

一切れもらったら、あのイヤな臭みのある鳥の味がしなくなってて

こりゃいけるっ みたいになって、それからは骨付鶏だけは食べられるようになった

ま、嫁に行ってからは鳥のから揚げのおかずの時は私だけフランクフルトとか食べてたので

これではいけないと反省して、から揚げも食べるようになった。

そうこうしてるうちに、焼き鳥とか食べられるものが増えてきたのだが

未だにダメなのが、蒸したり煮たりの鳥本来の味がわかるような料理はやっぱり苦手だ

 

入院するときに苦手な食べ物を書く欄があって

いったん鶏肉と書いたが、でも食べられないこともない、と書き足したところ

見事に蒸し鶏とか、薄い塩味だけの煮た鳥肉ばかりが出てきた。

病院食に骨付鶏とか、から揚げが出るわけないんやから

最初から、鳥肉ダメと書いておけばよかった。

面白かったのは同室者の、私より若い女性も好き嫌いがたくさんあって

嫌いな物すべて書いたらしい。

私と反対で牛肉と豚肉がダメと書いたら

ハンバーグはもちろん、カレーも、コロッケも出なくて(普通食だったので他の人は出た)

どうも、ミンチは大丈夫だったのにその事を書かなかったせいで

代わりに魚の煮つけばかり出てきたそうだ。

入院中は食べることだけが楽しみなのに、相当悔しかったらしい。

私も医師のいきな計らいで糖尿病食だったので

揚げ物はいっさい出なかった!!

退院してからはその反動で肉ばかり食べてるから、あっという間に体重はもどったし

先日行った内科の先生に、なんで痩せなかったん 不思議やとまで言われた

動けないから、あまり痩せなかったんやと言ったら、食事を減らしたらえんやといわれ

減らしてるけど、運動しない限り痩せません!! と反論したら

走ったらえんやと・・・・・

股関節置換手術して1か月のわたしに、走れと!!

歩くのもやっとの私に・・・・

 

また、私が手術してるの忘れて言ってるやろ この医者は!!

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 順調らしい | トップ | 情けない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事