だんなっちょんのブログ

ヤマトのセールスドライバーやってます。
競馬・飲酒・昼寝・スマホいじりが趣味の
甲斐性無しの二児の父

それとなく国が変わることを期待してしまう

2019-07-20 16:41:21 | 生活漫談
民主党が波に乗っていた時、元々自民党に強い嫌悪感を抱いている
自分は一定の期待はしていた。「一定」というのは元々国会議員なんかに偉人や
大物が出るわけがないという諦めに加えて、2008年時点からネット層には民主党の怪しさと
危なさはずいぶん前から指摘されていたから。
それでも「一度やらせてみてください」というしがないフレーズにギリギリの期待を
寄せて支持した。

結果は見ての通り最低最悪の政権だったわけだが、「やっぱり自民党」という
流れに戻っても自民党を安易に支持はしたくなかった。
政権交代の解散選挙の際にも自民党には票は投じなかったと思う。

安倍政権が誕生した際、正直期待はしてなかったが。
その期待は大きく裏切られた。
民主党政権時代に崩壊した外交関係を一気に改善・修正させるべく安倍総理は奔走した。
失敗と言われても分かりやすい経済政策を掲げて実行した。

悔しい思いをして途中降板させられた安倍晋三総理の意地を見た。
勿論、消費税増税の分は全て社会保障に使うといって守らなかったウソに
経団連どっぷりの関係、高度人材と称する移民政策、など気に入らないことばかりあるが、
「これまでの政権」と比較すると高い水準と思っている。

高い水準と言ってもせいぜい40点程度なわけだが・・・。
(ちなみにかつての民主党政権-100点、旧民主党連中は0点、共産党5点、公明党10点、
麻生政権以前が20~30点ぐらいか・・・。)

そんな自分はやっぱり自民党支持者にはなりきれない部分がある。
頭が悪い私だからこそ、悪いと思う部分はもっと良くしてほしいと純粋に願うし
もっと国民の生活の為に思い切った政策を迅速に行ってくれる
出るわけもないヒーローの出現を期待してしまう。
もっと未来の日本の為、日本人の為、今の子供たちの為、その先を見据えた
幸せで安定した社会を考えた政党でてこないかと。

そこで日本第一党という政党に注目した。
党首は桜井誠氏で都知事選で11万票を獲得した。
演説もなかなか面白く都知事選のころから注目していた。

政党を作って「まずは国政より統一地方選を勝ち抜いて勢力を広げる」という
スローガンは良かった。
しかし地方講演会は積極的に行うものの、支持者集めに関しては
「テレビメディアは20年でネットと逆転する」
「これからネットをガンガン使って広めていく(広めてよ)」というスタンス
自分が地道な作業に関して先頭を切るというより、「(自分は13年間活動し続けた実績のある完璧な存在だから)党員やリスナーは日本第一党(自分)の為に存在と良さを広めてね」
「君たちが周りの家族や友達に教えないと」
他力本願的な印象を受け取れる発言が目立った。
またネットを上手く利用して地方選で大きな成果を収めたN国党と圧倒的な格差が出来てしまった。
日本第一党は相変わらず自作動画が少なく、朝から晩まで嫌韓を振りまくだけで
経済的な深い知識や客観性のある政策が見えてこない。
れいわ新鮮組の山本太郎氏の「消費税廃止」のスローガンにおける代替案のほうが
まだ深みがある。
N国党の立花氏の経済・政治・芸能といった多岐の解説動画のほうが明確でわかりやすい。

統一地方選を迎える。桜井氏が応援に駆け付けるも
ただ選挙カーで嫌韓や在日韓国人朝鮮人が関わっている利権をつぶす政策と安倍政権の
批判ばかりで、候補者の考えていることや政策はそっちのけ、挙句の果てには
多くの反発者と喧嘩や言い争いに明け暮れ、選挙活動すらままならない状況。
結局活動家の域を抜け切れておらず、結果なんか目に見えていた。
正しい言葉遣いで正しく活動をしない限りは保守・右翼層の支持はなかなか得られないと思う。

韓国ソウルの日本大使館前売春婦像に「竹島の碑」を縛りつけて
国外退去された葛飾市議の鈴木信行氏は日本第一党と対韓政策は非常に酷似しているが
鈴木氏が市議選に当選して、日本第一党候補者が全滅だった差はその辺じゃないだろうか。
鈴木氏は活動中に激しく暴力的な言葉は使わなかった。

さらに統一地方選全滅だったのを自身のネット配信のラジオで
「日本国民が愚か」とか責任転嫁して党首として自分の責任はないような言い回しで総括無しで
「文句あるなら関わるな」「文句あるなら自分でやってみろ」と悪態をつく始末。
勿論自身や行動する保守の仲間と一緒に建てた党だから外野の意見なんか受け付けない!
というスタンスで周りが納得するならそうすればいいと思うが、
「どういう活動をしていくのかな」と注目している段階の自分みたいな立場からすれば
敬遠されるだけではないだろうか。これじゃ北朝鮮とたいして変わらないではないか。

結果的に日本第一党はどうでもよくなって、前述のNHKから国民を守る党に今は注目している。
あらかじめ言っておくが、

・私(の家族)はNHK受信料を1日も遅延もなく20年近く払い続けている。
・NHKの報道や姿勢に対して不満はなくはないが、気象情報や教育番組に関してはかなりの満足をしており
おおむね不満はない。

こんな私でもこの党をちょっと支持しようと思った。もちろん裏切られてるのは慣れているから
注目していこうと思う。
N国党の良さは明確すぎる政策と党首自身が信条を元に動いているところ。
良しあしはさておきNHK受信料を納めない・納めたくない人のために自分の番号まで
堂々とネットに掲げて、実際どれだけ多くの人のために動いたかは知らないが行動力は感服する。
またテレビメディアではなくyoutubeを巧みに使い、ホワイトボードを使った
政治・経済・芸能解説はバカな私に分かりやすく説明してくれる。
統一地方選後の総会での威圧、取り立て人を追い払う時の姿はちょっと「893?」
ってほどの印象を受けたけど。

受信料を「払わないようにしましょう」という方針には逆らう形になるが
今後も立花氏の行動は注目してみようと思う。
是非ご自身の掲げるスクランブル放送実現に向けて頑張っていただきたいものだ。




















コメント   この記事についてブログを書く
« 繁忙期突入 | トップ | リフレッシュ休暇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生活漫談」カテゴリの最新記事