だんなっちょんのブログ

ヤ〇トのセールスドライバーやってます。
競馬・飲酒・昼寝・スマホいじりが趣味の
甲斐性無しの二児の父

ギフテッド???( ゚д゚)その2 国際知識検定を受験

2020-03-26 11:29:48 | 生活漫談
なんやかんやで「ギフテッドもどき」と診断された、わが長男坊。
これまで3度通院してますが、作業療法後の問診では
ニコニコ「すごいね」「がんばったね」「頭いいね」「さすがだね」と褒めるだけ。
そういう対応しないといけないものなのか知らないけど、聞いているこっちはポカーン。
子どもと一緒に問診するからあまり不安を深く聞けない(=_=) 

「うちの子はなんでバナナ30本を数える問題程度できなくてブチ切れるんですかっ!!(´;ω;`)」
「うちの子はなんでさっきまであった消しゴムがなくなったぐらいで暴れるんですかっ!!
どう対応すればいいのですか!!」
とか聞きたいのですけど。
しばらく通院してタイミングあればチョコッと聞いてみたいものです。
そもそもそういう不安を聞くこと自体、適切かどうかもわからん。

とまれ、本人の欠点ばかり気になっても仕方ないので
特性を生かしもっと自信つくことや喜びを勝ち取ってほしいなと思い、

地球人離れした尋常じゃない記憶力(自分評)をいかした検定に挑戦させることにした。
そこで思い出したのが4歳の時2か月ぐらいで全部覚えてその後放置していた「国旗」
国旗に関する試験とかコンテストないかなぁ~と思ってググッたら
出てきましたよ。

国際知識検定 http://aikd.net/

これだ!と思い、嫁と相談して決定。
「んー4歳の時全部覚えちゃったから1級でいいよ!いけんべ!あぁ!」
なんて軽いノリで応募。お値段5000円超成~。

ところが応募した後、いろいろ調べると選択問題50だけでなく記述問題も50問あって
国旗を覚えるだけでなく国旗にまつわる知識も聞いてくることが判明

「やびゃきゅにゃいでしゅか・・・(-_-;)」と慌てた自分。

あの宇宙人長男のことだから国旗自体は1週間ほど復習すれば思い出すだろうと
思って実際1日15分ほど動画を見せて質問をやったら3日ぐらいのトレーニングで全部思い出したかな。
私なんか殆ど空っぽになっていたのに、彼は8割はそもそも忘れてなかったのもあるけど(ヤベェ・・)

一番驚いたのが

自分「あとで特性の質問するから国旗の本学童の時とかちょくちょく読んでて。
  ちょくちょくでいいから」
長男「うんわかったみとく」

と軽く返事して、実際学童で読むどころか
自由帳に色々特性をメモっていたり、テキストに特徴を書き込んだりしていた。
よくよく考えれば小学6年間でならう常用漢字の大半がすでに読めて
学校で読書に明け暮れる人間からすればなんてことないのだろう。
自分なんか読書なんかロクにしたためしないし、漢字も習ったものしか知らなかったのに。
改めて度肝を抜かれる。

実際自宅学習で「これ覚えて!」と言ったことも殆ど忘れずに頭に入れるし
元塾講師の血がこっちも騒いで色々注文つけて教えたことはホイホイ吸収して
自学自習を学童でしっかりやってくる。
賞味7日前後。

ただ試験前日に嫁さんが国旗の書き取りチェックさせたら
20ほど「書き間違い」が発生。知識を優先させたせいで書き取りのことをすっかり忘れていた・・・。
エスワティニをエスワニティと書いていたり、マダガスカルをマダカスカル、アンティグア・バーブーダを
アンディグアバーブータだの、
濁点抜けや細かいミスが散見。
当日も試験会場の軒先のベンチで書き取りチェックさせたら何個かあったし、
「やべーやべー!」「いや!なんとかなるー!」と思いつつ試験に送り出すことになりました・・。




コメント   この記事についてブログを書く
« ギフテッド???( ゚д゚)その1 | トップ | ギフテッド???( ゚д゚)その... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

生活漫談」カテゴリの最新記事