だんなっちょんのブログ

競馬好き・運動好き・ビール好き・将棋好き・ネトウヨである二児の父。
平均以下のステしか持ち合わせていないJRAの養分。

将棋雑談

2018-02-21 23:18:23 | 生活漫談
春から梅雨までがクソ熱い将棋界。毎週のように楽しみが一杯で歓喜

棋王戦第2局 2月24日   (土曜日)渡辺棋王[後手]―永瀬七段[先手]
A級順位最終 3月 2日   (金曜日)久保or豊島名人挑戦者決定
A級順位戦POF 3月5~15日前後※(過去参照)最大久保・豊島・羽生・稲葉・佐藤・広瀬のPOF
王将戦第5局 3月 6・ 7日(火・水)久保王将[先手]―豊島八段[後手]
棋王戦第3局 3月11日   (日曜日)渡辺棋王[先手]―永瀬七段[後手]
王将戦第6局 3月14・15日(水・木)久保王将[後手]―豊島八段[先手]
棋王戦第4局 3月20日   (火曜日)渡辺棋王[後手]―永瀬七段[先手]
王将戦第7局 3月27・28日(火・水)久保王将[振駒]―豊島八段[振駒]
棋王戦第5局 3月30日    (金曜日)渡辺棋王[振駒]―永瀬七段[振駒]
名人戦第1局 4月11・12日(水・木)佐藤名人[先手]―○○○○[後手]
叡王戦第1局 4月14日   (土曜日)金井六段[先手]―高見六段[後手]※5時間
名人戦第2局 4月19・20日(木・金)佐藤名人[後手]―○○○○[先手]
叡王戦第2局 4月28日   (土曜日)金井六段[後手]―高見六段[先手]※5時間
名人戦第3局 5月 8・ 9日(火・水)佐藤名人[先手]―○○○○[後手]
叡王戦第3局 5月12日   (土曜日)金井六段[先手]―高見六段[後手]※3時間
名人戦第4局 5月19・20日(土・日)佐藤名人[後手]―○○○○[先手]
叡王戦第4局 5月26日   (土曜日)金井六段[後手]―高見六段[先手]※3時間
名人戦第5局 5月29・30日(火・水)佐藤名人[先手]―○○○○[後手]
叡王戦第5局 6月 3日   (日曜日)金井六段[先手]―高見六段[後手]※1時間
叡王戦第6局 6月 3日   (日曜日)金井六段[後手]―高見六段[先手]※1時間
叡王戦第7局 6月10日   (日曜日)金井六段[振駒]―高見六段[振駒]※6時間
名人戦第6局 6月19・20日(火・水)佐藤名人[後手]―○○○○[先手]
名人戦第7局 6月26・27日(火・水)佐藤名人[振駒]―○○○○[振駒]


○[王将戦]○※タイトル戦真っ最中

久保王将3-1豊島八段

若手で豊島さんより順位が下の菅井(B1)・中村(B2)はタイトルを取り、永瀬(C1)は棋王挑戦中で
金井(C1)と高見(C2)もどっちかが取ることは確定。
糸谷八段(時期A級)も過去に竜王をとっており、
レーティング1位・A級の豊島さんだけが取れないなんて不憫すぎるっす。
久保王将が極盛期を迎えているのが不運ですなぁ。本当に今の久保先生は強い。

○[順位戦]○※3月2日に挑戦が決まる。

3月2日に名人者が決まる。久保か豊島のどっちかになるだろうが運悪く互いに負けると
最悪羽生・稲葉・佐藤康の3人を加えて5人プレーオフの可能性も。
豊島先生ぇ・・・・。王将は厳しくても名人だけはなんとか挑戦決めてくれぇ。

○[棋王戦]

永世位で一番難しいとされる永世棋王をとった渡辺棋王のスゴさは伊達ではない。早くも1勝先勝。
基本的に永瀬さんとは相性がいいだけに奪取は難しい状況に追い込まれたが
永瀬さんはイベント対戦といえど藤井六段も下すなど豊島八段と並ぶトップレベルの実力者。
簡単に終わらないことを期待します。

○[叡王戦]


日程が全部決まる。高見さんはほがらかで面白く、金井さんは気品さがあってどっちも好き。
素晴らしいタイトル戦を期待

○[棋聖戦]
決勝トーナメントシード決定者
斎藤慎太郎七段・糸谷哲郎八段・佐藤康光九段・郷田真隆九段・佐藤天彦名人・渡辺明棋王・久保利明王将
以上7名

決勝トーナメント進出者を決める二次予選中(9名選出)
1組 藤井九段―広瀬八段の勝者
2組 豊島八段―西川六段の勝者
3組 稲葉八段―(澤田・大橋の勝者)の勝者
4組 山崎八段―船江六段の勝者
5組 森内九段―戸辺七段の勝者
6組 三浦九段―杉本四段の勝者
7組 青野九段―木村九段の勝者
8組 行方八段―阿部六段の勝者
9組 屋敷九段―鈴木九段の勝者

4月中に挑戦者決定

藤井六段は既に一次予選決勝で同期昇段の大橋四段に敗北。
大橋四段には是非決勝Tに出て欲しいかな。
大橋四段は藤井さんと五分の成績で同期の意地を見せているだけに期待。

○[王位戦]

挑戦者決定リーグが開催。
基本的に進行が遅いリーグ戦なので挑戦者が決定するのは5~6月ごろか。
(同じリーグ戦でも王将リーグはバカみたいに早いが)
先日羽生竜王と近藤五段の開幕戦で竜王が勝利。ただ勝ったといえど厳しい戦いで
終盤のポカを含めて不安が残る内容となった。
羽生さんの衰えなのか今の将棋の進化が早すぎるのかはわからないが
もう年間勝率7割を維持するのは難しいだろうなぁ・・。

紅組
羽生 竜王1-0
木村 九段0-0
谷川 九段0-0
松尾 八段0-0
近藤 五段0-1
村山 七段0-0

白組
澤田 六段0-0
豊島 八段0-0
阿久津八段0-0
野月 八段0-0
千田 六段0-0
佐々木四段0-0

2月22日 紅組 木村九段―松尾八段
2月27日 白組 澤田六段―佐々木四段

紅組は一番勝つのが難しいと思っていた近藤五段に勝利した羽生竜王が有利か。
次点は最近調子を上げているだけでなく王位戦に相性の良い木村九段を推したい。
大穴に虎視眈々の大棋士谷川九段。

白組は激戦。今季絶好調でB1昇格を果たした野月八段に期待したいが、
やっぱり若手を応援したい。藤井六段と五分の成績で礼儀正しくそして強い佐々木四段を本命にしたい。
対抗は順当にレーティングトップの豊島八段。




○王座戦

最速で藤井六段の挑戦が見れるのは王座戦となるから藤井六段を純粋に期待。
高額賞金棋戦にも含まれる朝日OP勝つような人間はもう若手でも中学生でもなんでもない
単なるトップ棋士。さっさとタイトル取って歴史を塗り替えてくれ。

○竜王戦

渡辺前竜王が昨日稲葉八段に敗北し、挑戦者決定T進出が危ない状況に。
逆に稲葉さんは1組2連勝をし3位以上の進出が濃厚に。

★1組 
高橋九段・阿部七段・糸谷八段・藤井九段・永瀬七段・阿久津八段・佐藤康光九段から1人が1組5位として決勝T進出。うち4人が2組に降級

稲葉・渡辺・久保・豊島・広瀬・丸山・屋敷・松尾は残留確定。この中から4人が決勝T進出。

5月中旬には1組優勝者が決まる

★2組
進行中。深浦・飯島・橋本・佐藤天・山崎・森内は残留以上確定。
どうも竜王戦になると不甲斐ない結果が続く佐藤天彦名人は2位以上になり
決勝T進出は必須と思ってほしいぐらい。期待を込めて本命。

★3組
西川和・斎藤・北浜・佐々木勇・鈴木・千葉・佐藤紳・飯塚が残留以上決定。
本命は順当に斎藤か佐々木

中村王座は初戦で敗北して挑戦がいきなりなくなった。しっかり頼むわ。。。

★4組
三枚堂・宮田・阪口・山本・村中・八代・渡辺大・佐々木慎・塚田・増田康・村田智・伊藤真・高見・菅井が残留以上確定。

菅井王位と高見叡王(予定)が4組という闇・・・。
若手強豪が犇めく激戦必至。
三枚堂・八代・増田康・高見・菅井が本命候補。菅井は竜王戦に相性が悪いのをさっさと払拭して
トップ棋士らしい成果を上げて欲しいが、個人的に応援したいのが増田康五段か三枚堂六段。

★5組
青嶋・石田・南・伊奈・近藤誠・千田・村田顕・船江・渡辺正・石井・阿部光・窪田・藤井聡・阿部隆が残留以上確定この中から決勝Tが決まるが
大本命は言うまでもなく藤井聡太六段、対抗が千田・青嶋・近藤誠といったところか。
個人的に藤井六段に期待する以外無し。なぜなら羽生さんとのタイトル戦がかかっているから。
羽生さんが衰えるギリギリがまさに今。歴史に残るタイトル戦を心から切望する。

★6組
実力者で残っているのが、都成(新人王経験者・勝率上位)・大橋(藤井六段に五分の実力者)・高野智(四段で王将リーグまであと1つまでいった実力者)といったところ。
大橋さんといいたいが、同郷の宮崎出身で苦労人の棋界NO1イケメンの都成四段に期待。

将棋さいこ~~~~~。
そして藤田綾さん結婚おめでとう!!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分以外のことで病むなんて... | トップ | 焦り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生活漫談」カテゴリの最新記事