称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/06/18(火) 大日平 シラネアオイが咲いていた

2019-06-18 16:58:57 | 山登り

今日は晴れ!。
梅雨の中休み。

迷うことなく、梅雨明けまでにもういちどは登りたかった大日平へ。

嫁はんが「今日は帰りが遅いから大坂屋で買い物してきてくれないかな」と言って、チラシに丸印を付け始めた。
そのチラシに、食べたことがないカップ麺が載っていたので、ついでに買って食べてみよう、という気になった。

09:00 称名駐車場に到着。
白線が消えているので、どこに停めてよいのかよく分からない。

山のセミは早いというが、セミの鳴き声が谷にこだましているのは驚いた。
遊歩道をゆっくり歩いて、体を温める。


09:20 大日岳登山口を通過。
あった、あった、大日平山荘のマスターの車。
山荘はまだ営業をしていないが、誰かがいるというのは心強い。



登山口を入ってすぐに、ピンク色の花が咲いている。
ヤマツツジではないような気がする。

前回(6月1日)よりも緑が濃くなり、夏が来るのを感じさせる。



いつも最後まで雪渓が残るところは、すっかり溶けた。



七曲がりは、浮き石が踏み固められて歩きやすい。
猿が馬場、旧崩落地は何事もなく通過。

牛の首の直下では、シラネアオイを探しながら歩いたが、登りでは発見できなかった。

牛の首にあがると、小さな虫がいっぱい飛んでいたので、口に入ってこないようにタオルでマスクした。

牛の首の上部の土砂崩れは、まだそのままになっているが、たくさんの人が通ったおかげで踏み跡ができて、通りやすい。



10:40 大日平に上がって、木道にとりつく。



大日岳が目に飛び込んだ。
ここからは、雪がずいぶん溶けたように見えるんだが。.




日陰の雪もすっかり溶けて木道が出ている。



5分も歩くと視界が開ける。



木道の横に落とし物。
リラックマの家族の「コリラックマ」。



誰のですか~。
本物のクマに踏まれてはかわいそうなので、木の枝に休ませておいた。




空は、青空が2割で雲が8割。
暑い日差しが当たらないので、さわやかだ。



大日平山荘が近づくと、エアの釘打ち機の音が聞こえてきた。



山荘の水タンクから水の音が聞こえる。



11:15 大日平山荘に到着。
日よけのパラソルが立ててあったが、今日は涼しくて使わなかった。



マスターはエア工具を持ち出して、小屋を建てている。



山荘から少し先の、写真スポットへ行ってみた。

いつ見ても良い景色だ。




大日岳の雪は、最後まで残るXマークの他に、夏道にも雪が残っている。
シャーベット状の柔らかい雪で、踏み抜くと沢にドボンと落ちる、一番登りにくい雪だ。



何度か雨が降れば、だいぶん消えるだろう。

嫁はんから頼まれた買い物を思いだして、休憩もそこそこに下山した。


牛の首に下りたところで、フルタケさんが上がってきた。
「牛の首直下にシラネアオイが咲いていたよ」と、場所を教えてもらった。

「帰りに買い物があるので早く下りる」と話したら
「山登りの後は、肉とか良いですよね」と言われてしまったので、
カップ麺を食べようと思っているじじは、答えに詰まった。(笑)



教えてもらった、牛の首直下の木の階段の横に、シラネアオイが咲いていた。



さらにその下にある鉄バシゴの下にも、シラネアオイ。



13:10 大日岳登山口まで下りた。



13:20 称名駐車場に帰着。

帰りに、嫁はんに頼まれた食材と、「明星旨だし屋天ぷらうどん大盛」をゲット。

家に着いたら、さっそく調理した。(といってもお湯をいれるだけ)



うん、なかなか美味しい!。
最近のカップ麺は、麺の食感がとても良くなってきました。
もちろんこれだけでは足りないので、他にもおかずを食べました。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2019/06/13(金) 富山市図書館... | トップ | 2019/06/20(木) 城ヶ平山 靴... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふるたけ)
2019-06-19 17:13:50
昨日は久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
下山後のカップ蕎麦も美味しそうです♫
今度大阪屋で見かけたら買ってみます〜
>Unknown (称名じじ)
2019-06-19 21:51:20
ふるたけさん、こんばんは。

昨日はありがとうございました。
おかげでシラネアオイを見つけることができました。
ピンクの花は (みっちゃん)
2019-06-20 12:52:36
タニウツギの仲間だと思います。
種類が多いので断定できませんが。









>ピンクの花は (称名じじ)
2019-06-20 16:42:08
みっちゃん、こんにちは。

タニウツギの写真を探しました。
確かにこの花のようです。
ありがとうございます。

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事