称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/11/12(火) 千石城山 色付いていた

2019-11-12 15:51:35 | 山登り

忘れていたのですが、11月8日は立冬でした。
暦の上では、すでに冬になっています。

今日は、今月になって2回目、10日ぶりの千石城山へ行きました。

朝の富山市内は快晴。
東には立山を隠すような雲が残っていたが、手前にある低山は晴れているだろうと思った。
ところが、青空は常願寺川で終わり、そこから舟橋村や上市町は曇がかかっていた、
「曇り空か・・ちょっとガッカリだなぁ」と思いながら、ふるさと剱親自然公園に到着。

最初は曇っていたが、クツを履き替えているうちに、青空が顔を出して景色が鮮やかになる。

10:15 管理棟の駐車場を出発。



10:30 千石城山の登山口を通過。
登山口の駐車場に車が見えたので、すでに登っている人がいるようだ。

尾根道の景色は、この10日間で季節がずいぶん進んだ。

すでに葉っぱを全て落とした木。



黄色く色付いた木。



山頂まであと5分のところで、雲がかかってきた。

11:15 千石城山の山頂。
先客は男性が1人。じじが到着したと同時に下りていかれた。

テーブルの奥の木は、赤く色付いて葉っぱは半分ほど落ちてしまっている。



お約束の剱岳は・・・雲の向こうに。



しばらくして雲が切れ、済んだ青空に日がさしてきた。
空の青、雲の白、木の葉の赤、きれいです。



11:20 下山開始。

尾根道の下りは、木の葉が目の高さに広がるので、見上げなくても色付きを楽しめる。



12:00 管理棟の駐車場に戻った。



初冬の千石城山に、楽しく登ることができました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019/11/10(日) 小佐波御前山 | トップ | 2019/11/15(金) 山のコンロで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事