称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

1月28日(土) 雪道で泣きたくなるプリウス

2012-01-28 17:12:49 | 山登り

 2014/04/02補足
 現在のプリウス(30型後期)からは、トラクションOFFスイッチが付いており、
 雪道のスタックから、容易に脱出できるそうです。
 なお、私自身は最近、VOXYハイブリッドに乗り換えましたが、
 やはりトラクションOFFスイッチが付いております。


大雪になると起きるのだが、プリウスは雪道でスタックすると、動かなくなる。


 雪道では、プリウスは完全に止めないように走ったほうが良い。
 雪道では、プリウスが前にいたら、近づいてはいけない。

今日の出来ごと・・

雪が残って狭くてガタガタになった道に、対向車が停まっていた。
こちらは左に寄せてスピードを落としたが、運転に自信がないようで動いてくれない。
それで、左のタイヤを雪だまりに入れて、右側を大きくあけてあげたら去っていった。

泣きたくなるのはこれから。。
車を進ませようとしても、一瞬動いて止まるのだ。

プリウスは、雪の凹凸で少しスリップすると、「タイヤが動かなくなる」のだ。
「タイヤが空回りして動かない」のではない。
一瞬空回りすると、モーターを保護するために、動きを止めるらしい。。
「トラクションコントロール」というらしい。

普通のFF車の場合、雪道でスタックしたときは、2つの方法で何とかなることが多い。

(1)タイヤが空回りしていても、アクセルをふかして、脱出する。
  プリウスは、タイヤが止まるので、ダメ!

(2)前進・後退をくりかえして、車をゆすって、脱出する。
  プリウスは、タイヤがすぐに止まるので、車が5センチくらいしかゆれない。

結局は、ハンドルを左右に動かしながら、何度も前進・後退をくり替えしていたら、
30秒くらいかけてなんとか脱出できた。 



同じ経験者がたくさんいるようで、「プリウス、雪道 弱い」 で検索すると、
たくさん出てくる。
その中の一つに、実にまとを得た書き込みがあった。

 プリウスに乗っています。
 正直、雪道は弱いです。
 除雪された道を走る場合は、普通のFFと変わりませんが、
 やはりスタック出来そうな道は走りたく無いです。

 実際、トラクションコントロールをOFFにするスイッチが付いて無いので、
 スタックすると泣きそうになります。

 一応、整備モードからトラクションコントロールをOFFに出来るらしいのですが・・・
 もし、プリウスに乗るのでしたら、スタックする可能性のある道を避ける事をオススメします。

買う人は注意しましょう。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 1月26日(木) 自動車の雑誌 | トップ | 2月4日(土) 立春とはいえ・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プリウス (タイヤマンのおやじ)
2012-01-30 12:56:29
雪道にはそんなに弱いのですか・・・・
雪の多い僕の地域ではちょっと困りもの。
メーカーにはオプションで、デフロックスイッチなどの対応をしてほしいですね!
>プリウス (称名じじ)
2012-01-31 22:27:24
ほんと、なんとかして欲しいです。
普通の雪道ではとても安定しているんですけど、
ガタガタの雪道で止まると、発進が弱いです。
はうようなスピードでもいいから、止まらないのがコツです。

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事