称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/05/10(金) 称名の通行止を偵察・尖山

2019-05-10 16:16:10 | 山登り

一昨日のこと、嫁はんが38℃の熱を出して病院に行ったら、A型インフルにかかっていた。
(その頃じじは、のんきに千石城山に登っていた)

すぐに薬を処方されて、会社は今週いっぱいは出勤停止。
家でチンマリとおとなしくして、じじの看病のかいもあって(←ここを大きく言う(笑))、
今日は元気が戻ったらしく「リハビリに行きたい!」と言う。

それじゃあ尖山に行くことにして、ついでに通行止めになっている称名遊歩道も見てこようと家を出た。

09:00 称名滝駐車場。
天気はいいのに、じじの車の他は1台だけ。



レストハウス前には、まだ雪が残っている。



遊歩道に入る車止め。
前には大きな看板が、後ろには四角い岩が落ちていた。




車止めから30mほど先に、通行止めのバリケードがあり、顔を知っているガードマンさんが見張っていた。



遊歩道の様子をうかがったら、先の方には雪が残っている、とのこと。
「せっかく来たのだから、滝に行きたい」とガードマンさんと交渉を始める観光客が時々いて、断るのに苦労されているようだ。

先月整備された展望台へ行った。
レストハウスの手前の道を入る。




レンガのようなブロックの上を歩く。



30mほどでテーブル広場がある展望台だ。



河原と同じくらいの高さなのだが、さえぎる物がなく滝を見られる。




次は、尖山に登るのに横江の駐車場へ行った。


09:55 横江の駐車場を出発。

今日も、オロナイン軟膏の浪花千栄子(なにわちえこ)さんが迎えてくれる。



浪花千栄子さんの本名は、南口キクノ(軟膏効くの)さんである。

じじは足が軽かったが、病み上がりの嫁はんが遅れないように、ときどき停まって追い付くのを待った。

10:40 尖山の山頂。
立山が良く見える。



天気が良いのはいいが、直射日光が暑くてかなわない。
水を飲んで下山した。

11:30 横江の駐車場に戻った。



横江の民家のオレンジ色のツツジ(?)は、実に色鮮やかで素敵だった。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019/05/08(水) 千石城山 | トップ | 2019/05/11(土) 瀬戸蔵山 ツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事