称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/11/18(月) 城ヶ平山 強風が吹き荒れる・・

2019-11-18 14:38:19 | 山登り

3日間の出張へ出ていた嫁はんは、今日は代休で休み。
昨日の夜から
「明日の午前中は晴れるから、山に登りたい!」
とリクエストがあり。

雨になる前に帰られるように、短時間で登って下りられる城ヶ平にした。
じじは昨日も登っているので、2日連続の城ヶ平山だ。

08:20 大岩の駐車場。
強い南風のフェーン現象で気温が上がり、寒い感じがしない。

山へ登りたかった嫁はんは、じじを置いてさっさと出発した。



08:30 登山口を通過。



ここではまだ「今日は風がつよいね~」などと、のんきな事を言っていた。

旧集落手前のドロンコは、昨日よりもずいぶん乾いて、歩きやすい。



嫁はんはどんどん先へ行ってしまい、このあたりで姿が見えなくなった。

旧集落の水場は、水が止まっている。



杉林のベンチ2つの休憩所で嫁はんに追い付いた。
というか、嫁はんが待っていた。(笑)。

そこから尾根道に上がると、半端ない風が吹いている。
ゴーゴーという風切り音で会話にならないし、風にあおられてヨロヨロ。

突然後から声がして、ふり向くとトレランのお兄ちゃんが追い抜いていった。
こんな強風が吹いている日でも、走る人はいるんです。

09:15 城ヶ平山の山頂に到着。
写真を見るとうららかな小春日和に思える、けど、実際はひどい強風に体がフラフラと揺れた。



最後の急階段を登ってくる嫁はんを待ちます。



富山平野がきれい。



山に向かって剱岳や大日岳を撮ったら、
風に飛ばされている木の葉が何枚も写った。



風が強いので長居は無用。
山頂手前の急階段を下りたら、さっきよりもさらに風が強くなっていた。

さらには、枯れ葉が段差やぬかるみを隠してしまって、足を置くと突然滑ってバランスを崩す。
転ばないように慎重になった。

09:55 大岩の駐車場に戻った。
登山靴の裏は、昨日はドロンコがいっぱいくっついたが、今日はそれほどでもなかった。
でも昼からの雨で、またぬかるみがひどくなるだろう。
やはりこれからは長靴の季節だ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019/11/17(日) 城ヶ平山 ド... | トップ | 2019/11/20(水) クマが出なく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事