称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2016/06/05(日) 瀬戸蔵山、ハゲ山

2016-06-05 18:24:10 | 山登り

昨日と今日は、嫁はんのリクエストで山を歩いた。

昨日(4日)は、ゆっくり瀬戸蔵山に登りたいとリクエスト。
あわす野スキー場の駐車場に車を停めて、嫁はんのペースで登り始めた。
松井山荘の玄関にネコがいて、嫁はんは大喜び。
このネコは、なかなか見ることができませんが、いつもどこにいるのでしょうか?。



舗装した遊歩道を登りきると、百滑が見えてきた。
この前までは新緑、と言っていたのに、だいぶん緑が深くなっていた。



ところどころで休憩しながら55分かけて、3つのテーブルがある広場に到着。
空気は涼しいのだが、日差しは強い。



少し座ってみたが尻が熱くなって我慢できずに、先に進んだ。



山頂まで20分のあたりで、嫁はんの足取りが重くなってきた。
軽い脱水のように見えたので、安全を見て引き返した。
家に帰ってから一休みしたあと、職場の歓迎会があるというので車で送り迎えをした。
ビールで水分補給ができたらしくて、元気いっぱいになって帰ってきた。
めでたし、めでたし。

今日(5日)は、ハゲ山に登りたいとリクエスト。
大岩の駐車場から、嫁はんのペースに合わせて歩き始めた。
意外なことに、城ケ平山には誰もいない。



水を飲んで、ハゲ山に向かった。
途中の松の木が、美しく折れていた。



ハゲ山には、盛り上がって楽しそうなグループがおられた。



女の人が「男の人にいれてもらうコーヒーが一番うまいちゃ」と言っている。
横で聞いていて、うまいこと言うなぁ、と感心した(笑)。
こういうのを「岡目八目」と言うのだっけ?。

「岡目八目」の意味
事の当事者よりも、第三者のほうが情勢や利害得失などを 正しく判断できること。
囲碁から出た語。碁をわきから見ていると、実際に打っている人 よりも、八目も先まで手を見越すという意から。

帰り道に、小さな男の子を連れたグループを追い越した。



男の子が「あと、何分け?」と大人に聞いている。
お父さん(?)が「もうちょっとだよ」と答えると、子供は納得していた。
やる気を落とさないようにうまく答えている。


大岩の駐車場に戻ってみると、ハゲ山まで3時間で往復していた。
思ったよりもハイペースだった。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2016/06/03(金) 大日岳。2000... | トップ | 2016/06/06(月) 称名滝の岩壁... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事