称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/10/05(土) 千石城山、管理棟から登山口までの裏道

2019-10-05 16:42:28 | 山登り

今日の嫁はんは仕事なので、じじひとりで千石城山へ行った。
いつものように、剱親公園の管理棟駐車場に車を停める。

登山口まで車で上がらずに、管理事務所から歩いて登山口まで上がるのは、
尖山でいえば、横江の駐車場に車を置いて、登山口まで歩いていくのと同じ感覚だ。

登山口まで上がる道は3種類ある。
①車が走る車道を歩く。
②公園の遊歩道を歩く。
③北電の鉄塔維持用の道(裏道)を歩く。

じじのお勧めは③で、道はよく整備されて楽に速く上がることができます。
そこで今日は、③の道を紹介するための写真を撮りながら登りました。


まず、
登山口へ向う坂道の上りたてで、右手にある管理棟の駐車場に入ります。



車を停めて、山登りの支度をする。
管理棟にあるトイレはきれいだ。

10:50 駐車場を出発。
登山口まで20分、山頂までは1時間の登りです。

取り付きは、駐車場の奥の、左に登る舗装道路を歩きます。



登るとき、東屋の横に水飲み場が見えるので、場所を確認しておきましょう。
下りてきたときに、手や顔を洗えます。



舗装道路は、すぐに180°に折り返します。



100mほど歩くと、舗装道路は終わり、木の階段を上ります。



ここで振り返ると、ダムや管理棟、駐車場などの位置関係がよくわかる。



木の階段は50mほどあり、体が温まっていないと息が切れます。



上がりきったところに、アスレチック(スライダー)があり、遊ぶことができます。



少し先の左手に、舗装した第3駐車場がある。駐車場の真ん中あたりにある白い標識を見つけます。。



白い標識から、いかにも登山道、という感じがする道が始まります。



ここから登山口まで。わかりやすくて登りやすい1本道です。



途中の脇道は無視して、道なりにまっすぐに上がります。



右手に草むらが見えるところで、公園の遊歩道を横切って、ちょっと急な坂を上がります。



急に見晴らしが良くなりました。
杉の林だったところを、送電線にそって切り倒したらしく、切り株が多数見えます。



杉の林に入ります。



林を抜けると舗装道路が見えてきます。



舗装道路に出たら、斜め右を見ると、千石城山の登山口があります。



ここまで、駐車場からわずか20分。
クネクネした道を運転することを思えば、こちらの道を歩くのが楽です。

登山口からは、いつもの千石城山です。
今朝まで雨が降っていたようですが、ぬかるみはなく靴は汚れません。

11:50 千石城山の山頂に到着。



雲がずいぶん低くて、山頂もガスっていた。
疲れていないので、すぐに登って来た道をおりて下山した。

12:40 管理棟前の駐車場に戻った。

雨が降りそうかな・・・と思う場面もありましたが、なんとかもってくれました。
明日は晴れてくれるといいのですが・・・。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019/10/04(金) 連日のクマ出没 | トップ | 2019/10/07(月) ステーキガスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事