称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/09/05(木) 瀬戸蔵山、落とし物あり

2019-09-05 15:37:59 | 山登り

今日はひとりで瀬戸蔵山に登った。

あわす野スキー場の駐車場は、隅っこに1台停まってだけ。
今日は人と出会うのだろうか?。

09:20 出発。

だいぶん涼しくなったとはいえ、太陽の下を登ると汗がにじんできた。

スキー場から登山道に入ったあたりで、地面に敷いてあった木のチップが、大雨で流されてしまっている。




ここで男性が1人下りてきたので、挨拶をした。

百間滑は、水が音を立てて豪快に流れ落ちている。



まあ、でも、これくらいの水量なら、登山道が水をかぶることはないだろう。

松尾の湧水に、新しく透明なカップがデビューしていた。



さっそく水を飲んでみた。
うまい!。

09:50 龍神の滝も水が多い。



大杉の手前にある分岐の標識に、ペットボトルが引っかけてあった。
誰のですか~?。



大杉から少し進んだところで、伸びた雑草で登山道が隠れている。



このあたりで、これほど草が伸びたの初めてだ。

今日は足が軽く、0.85㎞の標識からの急階段は、いつもよりもゆるやかに見える。



10:10 テーブル3つの広場。



あまり疲れていなかったので、水を一口飲んで先に進んだ。

この広場を出てから鉄バシゴの崖までは、草が伸びきって、登山道をおおっている。
モタモタしてダニにでも噛まれるのが怖かったので、写真も撮らずに、先を急いだ。

崖のロープ場に、サングラスが落ちていた。



どこか引っかけておけないかと見わたしたが、適当なところがない。
帰りにテーブル広場に置いておくことにして、とりあえず道の横に仮置きした。

10:30 ここから山頂まで長い、0.3㎞の標識。



ベンチ2つの展望台。
展望台ですけど、草が茂って景色は楽しめません(笑)。



山頂手前で、若い女性2人が下りてきた。
「あわす野から大品山に上がった」そうで、「大品山の登山道は、ぬかるみがひどかった」とのこと。

10:55 瀬戸蔵山の山頂。
登りはじめてから1時間35分。まあまあ良いタイムでした。



5分ほど休憩して下山。

鉄ハシゴの崖に落ちていたサングラスは、テーブル広場におろして、風で飛ばないように石で押さえておいた。



あわす野スキー場に下りたところで、カメラのレンズカバーが置いてあった。
割と大きめなので、一眼のカメラではないかな?。



松井山荘の前に、最近よく見かける犬がいた。



12:00 駐車場の車に戻った。

今日出会ったのは、登山者3人と、1匹の犬。
この時期にしては、閑散とした瀬戸蔵山でした。。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019/09/03(火) 北日本新聞 ... | トップ | 2019/09/06(金) クマ出没注意 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事