称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/05/03(金) 小佐波御前山、新緑

2019-05-03 15:19:37 | 山登り

今日は南風が吹いて5月下旬の気温になるという。

世間は10連休なのに、嫁はんは6日目の仕事に出かけた。
お留守番のじじは、この晴天をムダにしないように小佐波御前山に出かけた。
小佐波御前山は、今年に入ってからもう11回目になる。

09:00 猿倉山のレストハウス前の駐車場を出発。
この時間に、すでに車は15台くらい停まっている。



晴れてはいるものの、空は霞んで灰色がかっている。

最初の猿倉山の上りがとてもきつい。
昨夜はちゃんと寝たのに、瀬戸蔵山の疲れが足に残っている。

平野を眺めると、田んぼの水に空が反射している。



田んぼに水を張ると水蒸気が増えて景色が霞む、というが、確かにそのようだ。

登山道は、適度に乾いて歩きやすい。



半月前に来たときよりも季節は進み、あちこちからウグイスの声が聞こえて、木枝には若い葉がついてきた。



09:40 御前山分岐を通過。
駐車場にいた小柄な女性が、軽快に追い超していく。



10:30 小佐波御前山の山頂に到着。



きついきついと言いながら駐車場から1時間30分、いつものタイムで上がれた(笑)。

標識がぶら下がっている木には穴が空いていて、小さな花が育っている。



山頂にある祠に手を合わせて、すぐ下山を始めた。

森は新緑が茂って、春らしい。



下山している途中で、たくさんの人が上がってきた。
大人もいれば子供もいる。
今日2回目のトレランの人もいる。
ここが初めての人もいるようで、3人ほど道を聞かれた。

猿倉山を裏から見ると、春らしい黄緑色をしている。



猿倉山を登り返して、駐車場が見えてきた。
駐車スペースは全て埋まってしまい、空きを探す車がうろうろしている。



11:30 駐車場の車に帰着。
足が重いと言いながら、終わってみたら2時間半で往復できた(喜)。

汗をかいたので、トイレの洗面台で顔をあらって、シャツを着替えて家に帰った。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019/05/02(木) 瀬戸蔵山、あ... | トップ | 2019/05/05~06 奥能登の遠足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事