桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

原発2題

2011-06-27 | Weblog
今朝のテレビは、玄海原発の再稼働と「もんじゅ」の部品落下事故の復旧を放送していた。
もんじゅは論外だ。もはや世界で開発が停止されている高速増殖炉技術は、夢、幻なのに、日本だけが神話を基に固執し続けている。原発を運転するほどに燃料が増えていく技術だと言えば、正に夢の膨らむ技術だが、運転を維持する装置は、余りにも未熟過ぎる。
もし、もし今回の規模と同じ地震が起こったならば、確実にパイプは裁断され、ナトリウムが漏れる。ナトリウムが漏れたらば、空気に触れ、コンクリートに触れて火災が発生する。火災が発生したらば、もはや止められない。水を掛ければ爆発だ!
もんじゅは止めるしかない。
玄海原発は、これも困ったねえ。大体、今、福島でも説明している保安院って、何をする人たち?
原発を監視する人たちでしょ?なぜ、この連中が玄海原発は安全です!なんて説明に行くのだろうか。そこからしてウロンな話だ。
福島原発事故では、今でも津波で発生したと言われているが、絶対に違う。地震、そのもので発生したのだ。しかも、事故を甘く見た東京電力が、再稼働を見込んで、廃炉が前提となる対策を行わなかったことが重なり、今の状態を招いた。それらの検証がないままに、国の地震対策を行ったとか、津波対策で2メートルのかさ上げをしたとかだけで、再稼働を行おうとするのは、稼働の実績作りを急いでいるとしか思えない。なぜ、稼働を急ぐのか?
それだけ美味しいんだろうね、金が1番好きな連中には。
国の未来、国民の未来、何も見られない亡者たちに負けてはなるまい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 古賀氏を守ろう! | トップ | アカネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事