桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

あり得ない!

2016-12-20 | Weblog
覚醒剤で、再び逮捕されたアスカが釈放された。不起訴ということらしい。
今朝は、テレビ各局が、これを放送していたが、俺には納得が行かない。
何が納得行かないかと言うと、「アスカが任意で提出した尿が微量で再鑑定出来ない」と言われていることだ。
何でも、アスカの自宅トイレで警察官と妻が後ろから見守っている中でカップに尿を入れたと言うが、人間をやっていれば、誰もが病院で1度や2度の採尿体験をしているだろうけども、あれは多過ぎるほどに入らないだろうか?
覚醒剤鑑定に必要な尿の量が、どのくらいなのかは知らないが、そんなに多量に必要とも思えない。もし、1度しか使えない程度の量ならば、採尿などは体験してるだろう捜査官が、それで納得して受け取るものだろうか。
アスカが「お茶を入れた」という話もあるが、何だか胡散臭い不起訴だ。
警察の常套手段である証拠捏造のやりそこない、有名人のアスカだからやり切れなかったのではなかろうか?
警察がDNAや血液などの証拠に付いて「総てを使い切って再鑑定は不可能」と言うときは、何時もでっち上げだ。それを知る俺には、全く納得の出来ない結末だよ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初体験 | トップ | 千葉県立柏中央高校 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事