桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

袴田集会

2019-11-24 | Weblog
今日は浜松での袴田集会に招かれて話をして来た。
袴田巌さんはローマ法王が来日してのミサに招かれていることから留守。ご本人のいなかったが、狭山事件を支援する会との共催での集会は、50名くらいの参加で盛り上がったた。
弁護団からは恩赦の話。
無実の人に恩赦は釈然としないが、それも手段なのかも知れない。
地元の支援者にピアノ伴奏をして頂いて2曲も入れて1時間10分。もう少し時間が欲しかったかなぁ。
袴田事件も狭山事件も警察と検察の謀、証拠捏造が凄まじい。だから
再審開始をする勇気がない裁判官相手で苦闘するばかりだ。
入試でワイロを貰ったとされた冤罪事件の人も訴えたが、どんな冤罪事件でも辛いし苦しいけど、言動の総てに苦悩を示す訴えは重かったなぁ。
コメント   この記事についてブログを書く
« また訂正 | トップ | 可哀想だよな »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事