桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

成城大学へ

2019-12-03 | Weblog
今日は成城大学。
法学部の指宿先生には、これまでにもことある度にお招き頂いたり、映画などの催しも行って頂いた。
国賠裁判でもお力添えを頂いているが、今日は学生さんに話をすることでお招き頂いた。
指宿先生の講座は、他での話とは違い、先生の質問に沿って話をするので、かなり気分的に楽だ。
今日も事件の話、冤罪者としての話など、先生のご質問に従って答えた。
学生さんたちの思いは判らないが、何か1つでも心に残ってくれれば嬉しい限りだ。
コメント (3)