桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

これが虹!!

2014-09-22 | Weblog
  • 旧6号国道にあった水府橋から立ち上がるように昇った虹、本当にキレイだったよ。
コメント

2014-09-22 | Weblog
以前に住んでいた場所の近くに酒屋がある。品揃えも豊富で「十一夢」(といむ)と言う量り売りの焼酎が好きで、良く買いに行った。
水戸駅で連れ合いが布川事件の宣伝行動をしていたとき、この店の主人が通りかかって、一緒にいた連れにも署名を勧めてくれたそうで、それ以来、ますます贔屓にさせて貰った。
堀町に転居してからは、余り行く機会がなくなっていたが、このところ日本酒が好みに変わって品揃え豊富な、その店に行くようになった。
今日も酒を買いに行ったらば、帰り道に雨がパラつき、北の空に、実に鮮やかな虹が出た。ラッキー!
水戸市城東にある「モリシマ酒店」、美味い酒、焼酎、ワインが揃ってますよ。宣伝ですが、お店からは、何も頂いていません!
コメント

9年目

2014-09-22 | Weblog
昨日は水戸地裁土浦支部で布川事件の再審開始決定があってから9年目だった。その日に、狭山事件の映画が、土浦の亀城プラザで行われ、俺が舞台挨拶をした。亀城プラザは、元拘置所のあった場所。幾重にも、俺にある行く使命のようなモノを感じて参加した。
午前中に映画。終わった後に挨拶。午後には小室等さんのコンサート。夜に映画。その前に挨拶、という内容だった。
昼間はカラオケCDを使えなくて唄えなかったが、夜は使えるようになって唄った。ただ、9年目の記念日、元拘置所跡の亀城プラザの思いが重なったせいか、込み上げるモノがあって歌詞が飛んでしまった。
初めて聴いた「生小室」の味わいは、さすがに一世を風靡した歌手で、特に「鉄腕アトム」をアレンジした歌には、これぞ小室等!の感があった。娘さんとの優しいハーモニー、何度も説明を聞いたが覚えられない音波を使ったメロディ音、総て癒されたなぁ。
6割から7割くらいの席も埋まって、沢山の人が映画を見てくれたのも嬉しい1日になった。
コメント