忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

気持ちはわかる

2009-07-31 | 共に
 途中で別れて帰る予定を考えに入れ、その準備も済ませて一晩泊まった家を出た。私たちは自動車、もう一組みはバスで移動し待ち合わせ。 なかなか来なかったのは、バスの遅れと子供がぐずって寝たので母さんが抱っこして歩いたから。
 イライラはストレスの元、体に良くない。抑制作用が食欲に現れたのか、一皿105円の回転寿司の皿は気持ちいいほど重なった。次はスイミングスクールの見学。
 当人は満腹した体調で再び睡眠を求めうつろな目、水泳どころか溺れなければよいがと気になる。子ども連れの若いお母さんたちがほとんどで、どちらも賑やかと言うより騒々しく耳栓を必要とするほどだった。
 スイミングでお別れの予定は、名残惜しくてもう一度家に戻ることになる。子供たちの遊び時間の延長だ。いくら遊んでも遊び足りない残り少ない時間を、ケンカなどせず有効に楽しくにぎやかな声が隣の部屋から聞こえる。
 「遊びを止めて!さあ準備して」帰る時間になったので何人かが何回も言うが、聞こえないのか静かにならない。もう限界、やっと諦めてくれて「さようなら」になる。
 遅くなってしまった。おまけに交通渋滞に近いたくさんの車。コンビニの弁当 で夕食は車の中、暗くなったが無事送り届けた。お別れにハグし握手と話は何度もできた。走り出した自動車の窓を全開にして手を振る。「バイバーイ!」の大きな声も姿が見えなくなるまで聞こえていた。 
コメント (2)

仲良くなれた

2009-07-30 | 共に
 初めまして、オス猫の正式名はキャラメルで通称メル。『キャラメルの メル める』と紙に書いて本棚に張ってある。幼稚園の子供が名付けた名前を、お父さんはまだ覚えていないから。
 いきなりたくさんのお客さんに猫も戸惑いぎみ。ネコじゃらし遊びが大好きで、こちらが疲れるほど付き合ってやっと仲良くなれた。数週間前は痩せ細った捨て猫と、今もわかる 超薄型。
 「どうかお願いします。助けて…」救いを求めて付いて来た。選挙時だけの立候補者の有権者への願いとは違い、猫には命がかかっていた。感謝の心を忘れない猫メルに、精一杯の歓迎をもらった。
コメント (2)

眠い朝から

2009-07-29 | 日々
 眠い朝というのも当然で、深夜に近い起床だった。一度決定していた孫たちとの約束の再会は、あちらの都合で中止で終わっていた。日数は少ないけど、その日だったらなんとかの知らせが入ったのが前日の夜。
 「絶対に本当よね。もう変更無しよ」諦めていたおばあちゃんが元気いっぱい繰り返し確認した。準備開始も時間は少ない、なのに持って行かなければと先日購入したパン焼き機を使う。出来上がり最終は午前1時。その前に2人で真っ暗な畑をライトで照らしスイカも採った。
 短い睡眠時間目覚めてすぐ、アクビをしている犬を連れ散歩に出る。また置いてきぼり留守にするのがわかるのか、いつもと様子が違う。どたばたしながら車は出発した。
 「乗せてもらうんだから、眠っては駄目よ」注意を忘れず助手席で外を見ている間に薄明かり。もしかしたら雨の天気で、ぼんやり霞んだ景色は島々も浮かんだよう。やすらぎの気分になれる初めて光景かとも思うのは物忘れのせい。
 感動の距離の後の記憶がない。まさかと思うがその間ぐっすり眠っていたのは事実だろう。呆れたのか笑われなかったのが救い。もう孫たち町、電話をかけると孫たちも2度寝して起き出したところ。じいちゃんに似ているのか、まだ準備もできてなかった。
コメント

誤解はしない

2009-07-28 | 平和を
 7月25日、久しぶり麻生太郎首相らしい発言がニュースになった。横浜市での日本青年会議所の会合のあいさつ。[ 高齢化社会の現状に触れ 「日本は65歳以上の高齢者が元気。介護を必要としない人は実に8割を超える」 と指摘した。 ]
 [ 「元気のある高齢者をいかに使うか。この人たちは、働くことしか才能がない」 さらに 「80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。60歳、80歳、を過ぎての手習いは遅い。働ける才能をもっと使えば立派な納税者。彼らが納税者になれば、日本の社会保証は全く違ったものになる」 と述べた。 ]
 この後の仙台市内の講演では、この発言について [元気な高齢者に働ける場をつくることが、活力ある明るい社会だと申し上げた。誤解を与えたようだ」 と釈明した‥ ]
 マンガの好きな麻生首相は冗談も上手。自民党の危機の状態での解散をして、総選挙前にブラックジョークを聞かせる余裕を持っている。 でもお金持ちの麻生首相はご自身が、日本の一般庶民の暮らしとの極端な格差の地位にいるのをご存じないようだ。
 首相の釈明の言葉が現実の政策だったら、ハローワークも開店休業のはず。若い労働者までが仕事を失い苦労している社会ではリクルートスーツの貸し出し支援までが。
 ただでさえ高齢者が邪魔にされたような仕組み。マニフェストに年齢80歳以上の雇用と職業の安定確保の文字を加わるかが楽しみ。それに社会保障の充実も。
コメント

覚えているのに

2009-07-27 | 追憶
 マンボウや海亀のいる道の駅がある町だと知ってはいたが、場所もわからず今回初めて見つけ立ち寄った。地元らしさの濃い、海のそばにある道の駅だが海を見なかったのと入り口をもっとはっきりさせれば気づき易いのにと思う。
 文字を見てかき氷が食べたくなった。もう数十年はご無沙汰している夏の味わい。窓越しに注文して手渡されるのだが、機械は手回し式ではなくもちろん電動。
 静かな氷を削る音だけが聞こえる。紙コップにかき氷が増えて行く様子も見ることはできない。「はい、どうぞ」あれっ、黄色と違う緑色だ。メロンとレモンの言い間違い。
 かき氷は黄色が好きで注文するならレモンと昔も決めていたが、どっちが黄色か考えて頼んでいた。家にもレモンの木があり実もなっている。でもこの時期実の色は黄緑色?味は底までおいしかった。

 海岸線を走って次の道の駅に、少し寒そうな海には幾つものテントが並び海水浴をする人の姿もある。私たちは砂浜を踏むこともなく食堂に入る。メニューから私はハヤシライスを選ぶ。
 運ばれて来た時点で違うとわかる。若い頃のなじみの食堂の定番だったハヤシライスの味と、再会したくて探しているがいまだ会えずにいる。あの店のあの味だけが私のハヤシライスの味。
コメント

雨の道の駅で

2009-07-26 | 日々
 車で出かけると毎回のように道の駅に入るのが習慣になっている。距離によっては次々と数をこなす。同じ場所が多く特に変化は少ないのだが、ほど良い距離間隔は休憩にも便利だ。
 1カ所だけを目当てに行くこともある。先日は食事と地元農家の農産物が売りの人気道の駅に。駐車場が満車に近いほど大勢の人たちが来ていた。まずはレストランの階段を上がり木々の緑を眺めながら昼食にした。
 店を出たところで道の駅の祭りだと知った。道理でいつもより幟旗やテントが多いはず。あと少し待てば、餅撒きがあるとマイク放送もあり、餅ひろい大好きのつれがいる。
 その時間になってちょうど小雨が降り始め、参加者も少なめなこともあり私も拾う。農産物などの販売所が開設されて何周年かの記念の祭りの日だった。袋に入ったまだ柔らかい餅。
 売り場も人は多い。開け放たれた入り口の雨の当たらない位置に、笠(かさ)を被り横に重そうな荷物を置いて立っている1人のお遍路さんが気になった。
 片手で祈るかっこうの彼を誰もが無関心に通り過ぎる。私も一度前を通り駐車場まで出て引き返す。お遍路さんがもう一方の手に持っている空のお椀に、気持のお布施で財布の中の硬貨を入れた。
 お経の声のする数秒間に目を瞑り手を合わした。その後私の目の前でお椀のお金を2本の指で混ぜた彼。足りなかったとは思うけど・・・。
コメント

あっちを駆け下り

2009-07-25 | 平和を
 家で犬の吠える声が続いている。お客さんだろうか、選挙運動員かいつもの宗教勧誘の人かも、それとも昨日雨宿りで仕事を忘れた電力会社のメーター調べの人。
 上の山からのわが家と道路は、庭木などが邪魔して全ては見えない。「郵便屋さんかも‥‥」正午前で帰るには早過ぎだし、帰ったとしても間に合うはずはない。
 しばらくして帰宅するとポストに留守につき持ち帰りとのメモが入っていた。電話をするが、配達は夕方の予定と時間を聞く。
 午後からは犬が吠えれば走って帰れる距離をと、家の裏での仕事にした。約束はあちらを出る時間のはずなのに、早くも犬の声が聞こえる。
 「急いで帰ってみて!向こうの道を真っ直ぐ降りること!間に合わないから早くして」隣りより大きな指示が発せられる。
 帰ろうかと考え始めていた反応の鈍い私も、急いで動く。なぜ家とは逆の真っ直ぐを‥、そうか帰り道で会えるかもということか。やっと無事に道路まで、2つのカーブに配達員の姿は見えない。
 間に合ったかどうか道路脇でエンジン音を待ちながら、荒い息を静める。手を上げる私の前で赤いバイク止まった。双方が自然に「良かった」の笑顔になる。
 近くに配達があったのでついでに来てみたと、早くなったお詫びの丁寧な説明もいい感じで広島市平和推進課からの小包を受け取る。
コメント

海のもの山のもの

2009-07-24 | 平和を
 実質的に選挙戦突入して、事前運動も盛んになって来た。顔と名前のポスターを見せられているより、声だけでも聞ける方が選挙らしくはある。どうせ各候補者がどれだけ本音を口にするかは疑問。
 候補者が地元向けに言う話とその政党の選挙公約にギャップがあっても、お祭り選挙では見過ごしがちだった。もし国政の変革を望むなら、心機一転し将来を見据えた効果ある一票として活用したい。
 自公政権の信用度を低下させたのは、長く政権の座に居続け過ぎた結果でもある。自民単独から続く官僚や財界などとの深入り関係は、一般国民を軽視しかねない政治ともなる。
 そのため民主に対する期待感をニュース等でも必要以上に大きく育てている。だが手本アメリカとは異なり、まだ海の物とも山の物ともつかぬ虚構の二大政党だけを報道し過ぎると思う。
 比例区議員数大幅削減案の声もある。小選挙区力を発揮する選挙方法で少数野党は埋没の危機。流れによっては体制翼賛会に合同するか?国政選挙と違い比例代表で多くの候補者から1人を選び投票できる小さな地方議会議員選挙が、本来の有権者の意志に近いのでは。
 市民側の少数意見も封じ込まれず大きく根を張るためにも、いまは遠い少数野党系の存在も選挙が無くても日々感じられる町になるだろうか。
コメント

ひろったその日が

2009-07-23 | 共に
 送られきた写真は、まるで童話の長靴をはいた猫のかっこう。捨て猫をひろって帰ってからの期間が近すぎた。そのために8月に決定していた里帰りが取り止め?との淋しい知らせが入っていた。およそ生後4ヵ月の雄猫との出会い。
 「かわいそう、助けてあげて‥」子供の気持ちを両親は大切だと思ったのは正しい。だが家で飼いたくても厳しい環境ではある。幼い捨て猫にさえ会わなければ・・・、ミャ~ァゥ、ミャ~ァゥと追って来る子猫の鳴き声を聞くと放っておけなくはなる。
 私もずっと捨て犬や捨て猫を飼っている。その子供と孫だ理解はできるが、頼んだ孫も家に連れて帰ると子猫が怖くて逃げていたとは面白い。いまはもう大丈夫以上で、玩具じゃないとわかっていてもまだ乱暴な扱い方のようだ。
 猫もストレスがたまり、真似して乱暴者にならなければよいがと心配になる。家庭に家族としての動物が居るのは同感だが、里帰りにとばっちりが来るとは残念だ。
コメント

君の名は

2009-07-22 | 日々
 立ち寄った小さな店の入り口に居た。先に車を降りた妻が話しかけている。「触ったら駄目よ」と何回も言っているのが聞こえる。私1人になっていた車内で背伸びして外を見た。
 思ったとおり犬がいる。犬は大好きですぐそばに行く。肥満体の小型犬でとても人懐っこく、しっぽを振って近寄ってくる。遊びたいのは私も同じ、おやつ前で撫でるのは禁止。
 食べ物の店で、ちょっと犬の顔の汚れが気になる。チンに似てるがマルチーズ?シーズーなのか、店の人に聞いたが忘れた。よく見かける顔の君の名は‥。
コメント