忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

満面の笑みに

2009-03-24 | 共に
 もうお昼12時半を過ぎていた。いつもの総合病院駐車場の狭い出口を出ようとするところに、道路を横断しながら自転車の若い男性が向かって来る。
 こちらは再び一時停止した。「病院の事務員さんだ」どうやら昼食を済ませた帰りのよう。停車した私たちの車を見て、満面の笑みでちょこっと頭を下げる。
 「職業的笑顔ね」横の席からその感想。違うだろう。職場内でも仕事中でもない外で、あれほどの笑顔を義務的にするのは無用のこと。
 だとしても私たちが返した程度の軽い自然なお辞儀で十分だ。あの笑みは、彼の感謝の気持の表れだと信じたい。
 満面の笑みを浮かべる。言葉は知っていても瞬間の出会いの、その自然な表情を過去に思い出せない。もちろん私など演技でも無理。
 誤解されては困るが、まるで赤ちゃんの笑顔を見ていた時の気分に近いものを記憶に残す。職場での仕事ぶりから性格まで想像しかけて止めた。
 笑みを忘れずにいれば良い。病院からの帰り際こちらは笑顔も見せられなかったが、もらった満面の笑みには励ましが込められていたともとれる。時にはこんなすれ違いもある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 生きている言葉 | トップ | 丁寧語と方言で »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑顔は大事 (娘2)
2009-03-25 08:16:23
外では笑顔でも 家ではつい無表情。反省して笑顔になると 今日は機嫌いいじゃないかとちゃかされ また無表情。
外で笑顔を振りまき過ぎるも禁物。見下されます。笑顔って大事だけど難しいです。ひねくれた性格のせいで苦労してます。
笑顔 (syou3)
2009-03-25 08:39:43
家庭での笑顔大切にしたいですね。わが家はテレビ見てても内緒?で笑う。これってやっぱり変。
「今日は機嫌がいいじゃないか」でもその言葉で茶化される関係を喜ばなければ、より笑顔でお返しを。

コメントを投稿

共に」カテゴリの最新記事