忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

海賊退治でソマリアに

2009-03-15 | 平和を
 内閣支持率低下は打つ手無し。自民民主と大きな与野党そろって献金疑惑も氷山の一角、政治不信に拍車をかける。
 国会での議論も手短に放棄し、ソマリア沖への日本海軍派兵は実行された。自衛隊とは言い逃れ、他国からみれば脅威の軍事力が実態だ。
 自党の責任逃れで政情不安の現状、どさくさ紛れに目を剃らさせてか利用したともみえる。アメリカの要求としてもこれほど緊急にことを動かすべき問題ではない。
 自衛隊法に基づくソマリア沖派遣発令による「海上警備行動」は、あくまでも新法が成立するまでの「応急措置」とは無謀な行為。
 その[新法案は武器使用基準も一部緩和しており、なし崩し的な海外派遣の危険性を内包している。法案審議が後回しになる「見切り発車」‥]
 『法は後からでいいのか』新聞社説もその疑問点を厳しく列挙する。世界に誇れる「平和憲法」をボロボロに食べ尽くす疫病神がうごめいているかのよう。
 拡大解釈を繰り返し骨抜きにされながらも、戦争実行への歯止めとして国民のために持ち堪えてきた「平和憲法」の存続の危機を感じる。
 「海賊が来るぞ!海賊が来るぞ!」まるでイソップ寓話の「狼少年」。「狼が来た」何度も大人をだまし信用されなくなる話を忘れたか。
コメント