忘却への扉

 日記? 気づいたこと 何気ないひとこま 明日への伝言 願い 子供たちに 孫たちに そしてあなたに・・ 

ふるさとドキュメンタリー

2009-03-07 | 平和を
 こちらに来てから、特に見たいテレビは報道番組くらいになっていた。昨夜も孫たちの夢中なマンガアニメに付き合っていた。
 それが終了しNHKに変えると地方局制作の番組が始まったところ。隣の県だし消すつもりでいたが、画面の「人間魚雷回天」の文字で最後まで見たくなった。
 山口県徳山湾にある大津島に太平洋戦争末期に作った日本海軍の秘密訓練基地に関する『ふるさと発スペシャル「証言記録人間魚雷“回天”」』のドキュメンタリー。
 私の住む町から少し走った入り江にも、真珠湾のアメリカ軍基地攻撃のため特殊潜航艇の搭乗員訓練をした場所がある。
 最新高性能破壊兵器操縦での志願者は来て初めて、それが魚雷に人間が乗り込み敵艦に体当たりし必殺必中を狙う肉弾攻撃の回天だと知る。
 戦後64年を経ても生き残った搭乗員たちの記憶に焼き付く苛酷な体験談。実戦で潜水艦から人間魚雷に搭乗し1・2・3・次4の出撃命令の合図を繰り返し待つ身。
 [回天特攻は昭和19年11月 に始まり潜水艦に搭載され出撃した。その戦果は終戦までに撃沈3隻ほど。100を越える若者の命が失われた。]
 人間の命をあまりに軽くみる日本があった。現在は国民の暮らしを軽くみる日本になりつつある。
コメント