中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

文在寅韓国大統領 日本政府はもっと謙虚に・・ とりあえず小坪慎也氏のブログ参照

2019-01-10 11:34:52 | 日記


特別永住者の法的地位が消滅?自称:徴用工に日本政府が対抗、日韓請求権協定とは何か?【お!と思った人はシェア】2019年1月9日
前略
自称:徴用工における大法院(いわゆる最高裁)にて新日鉄が敗訴した。
それに基づき、差し押さえが求められたわけだが、この許可がくだされたというのが昨日の報道である。今後は、差し押さえの手続きに移ると思われているが、ここで日本政府が待ったをかけた。

日韓請求権協定に基づき、2国間での協議を申し入れたのである。
1965年に結ばれた協定であり、正式名称は「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」である。
日本が韓国に5億ドルの経済支援を行うことで、両国及び国民の間での請求権を完全かつ最終的に解決したとする内容です。中略

我が国は、日韓請求権協定に基づき韓国側に協議を要請する考えを示しました。
この要請を受け入れなければ、請求権協定がなかったこととして扱われる可能性はあります。また、協議されたとしても、韓国がこの判決をごり押しし、日本企業に経済的なダメージを与えるのであれば、同じく協定はなかったことになるでしょう。中略

韓国は、慎重に対応するでしょう。

韓国としては「日本企業から金をとる」内容の判決を出したわけですけれども、
日本政府が出てきて「協定に基づいて協議」となれば、この主張をひっこめざるを得ない可能性が高いです。というのは、日韓請求権協定が守られないとなれば、つまり「新日鉄から差し押さえるぞ!」となれば、『5億$はどうするんですか?』となるのは必至であり、韓国は損しかしないからです。後略
https://samurai20.jp/2019/01/kolie-70/


本日10日文在寅韓国大統領が声明をだしました。


韓国大統領、「日本政府はもっと謙虚な態度取るべき」
1/10(木) 12:46配信 AFP=時事

【AFP=時事】韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領は10日、歴史問題や領土問題をめぐって緊張が続く日韓関係に言及し、日本政府は過去に対し「もっと謙虚な態度を取るべきだ」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000020-jij_afp-int


これが一国の大統領の声明です。我関せず、そして責任を日本政府に一切を押し付けた格好になってます。これを喜ぶのは共産と反日左翼のみ、まあ、小坪氏の言を借りれば今だけ韓国は悠長に構えていられるだけで時が経てば顔面蒼白にならざるを得ないわけです。

ほんと、朝鮮種族は救いようが無いとしか言えません。お互いが発展するように話し合いましょうという考えが皆無、人を押しのけてでも自分が一番という考え方なのだがその考えが通じないのが中国、韓国は中国へはなんら言いません。さすが属国だっただけの事はある。韓国人は中国の奴隷属だったことすらなかったようにしていますが韓国朝鮮は奴属だったのだからその格上の日本に対しては中国と同じように9回頭を地べたにたたきつけ土下座して日本を迎えなければならないのです。

韓国は北朝鮮を統一すれば労せず核兵器を持つことになります。核保有国の仲間入りを喜ぶかも知れませんが世界の国から総スカンを食らう事になります。なぜ国連が北朝鮮に制裁を科しているのか考えれば統一された朝鮮半島が世界に認められる核保有国となれるわけが無い。素人の私でも分かる簡単な論理です。今現在の韓国大統領の頭の中は知りようがありませんが、統一された朝鮮半島が韓国主導ではない事ははっきりしています。韓国人が北朝鮮のように金一族の為の体制になれるはずが無い。

韓国は未曾有の大混乱に陥り日本に難民が多数押し寄せてきます。その時の政権が銃を持ってでも対処できるか疑問ですが日本国はそのくらいしないと韓国朝鮮人が鬼のように押し寄せてくるのに対処できません。出来ないと日本国民が犠牲となり戦後直ぐの日本の状況よりも悲惨な事になります。テレビ局はレスリングの吉田選手の引退を時間かけて報道していますが日本が抱える最大の難問は朝鮮半島情勢だという事は念頭に置いたほうがいいと私は思います。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日頃からアイドルに興味があ... | トップ | 朝鮮人取り扱いマニュアルそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事