中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

旭日旗拒否の裏で李舜臣を称える旗を掲げるバカン国

2018-10-13 11:28:28 | 日記


旭日旗”自粛要請の一方で…韓国が掲げた“抗日英雄の旗”は「行き当たりばったり対応の表れ」10/12(金) 19:11配信 FNN PRIME


韓国南部の済州(チェジュ)島沖で行われた国際観艦式で、韓国の船が掲げていた“英雄を称える旗”をめぐり、議論が起きている。

韓国が掲げた「民族の心強い柱」 たたえる旗

国際観艦式では、主催する韓国が招待国に対し「自国と韓国の国旗だけを掲揚する」ことを要請。
自衛隊旗である旭日旗は韓国では“戦犯旗”とされており、この自粛を求めてきた形だが、これに対し日本は「国連海洋法条約などで義務づけられている」として要請には応じず、参加を見送っていた。

ところが、11日の観艦式の海上パレードでは、オーストラリアやカナダ、シンガポール、タイなどが自国の軍艦旗を掲揚。参加10か国のうち8か国が国旗以外の旗を掲げていたのだ(FNN調べ)。後略
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00010009-fnnprimev-int


観艦式、正直こういうイベントがあるということすら知らなかったが韓国が旭日旗掲揚を拒否したことで強硬出席を選ばず参加を見送った日本政府(自衛隊)将校のみの出席だったようだがここは完全拒否でよかったのではと思われる。対韓国に遠慮する日本政府、昔から何の弱みを握られているかは知らないが日本国民が思うほど日本政府は対韓国に強攻策を取る事はない。韓国大使や領事の一時帰国が関の山と言った感じで国民としては煮え湯を飲まされた感じである。

そう言えば安倍総理が訪韓したさいあまりの冷酷な韓国政府に対して安倍政権側はおとなの対応だった。昼食も総理は焼肉屋で取っただけ、韓国政府からの招待はなかった。まあ、ご馳走をだせなんて韓国じゃあるまいし日本政府が言うはずも無いがこの国は国を上げて日本をコキ落とす事にマスターベーションを感じている。それを国民どころか政府要人から大統領までがこの始末、その大統領も今では監獄の中(笑)

前置きが長くなったが「李舜臣 イ・スンシン」って知ってます?韓国では知らない人がいないほどの有名人、韓国の英雄だそうです。それにしても韓国の英雄ってプッ!て感じの人物しかいないようです。1597年日本では慶長の役後半、ウキペディア参照長いので一部・・・



朝鮮水軍のうち李舜臣の艦隊は日本水軍の先鋒を叩くことに成功したが、日本水軍本隊の圧力を支えきれず、当人達または13隻前後の主力艦の温存策を取って全羅道北端まで撤退したため、当該地域の制海権を失い、朝鮮水軍は非主力艦や根拠地を失った。朝鮮水軍の再進出は日本の陸軍と水軍の撤退を待たざるを得なかったため、鳴梁海戦は"戦略的には"この時点での朝鮮側の敗北となる。

現代の韓国ではこの戦いを“鳴梁大捷”と呼ぶなど「日本に大勝した海戦」と認識・宣伝しており、日本水軍の参加兵力が「軍船133隻、運送船200隻」、損失が「沈没31隻、大破92隻、8000〜9000人が戦死」とするなどの、史実・資料を評価しないまま、つまり全く学術的な方面を無視して、死傷者を250倍に誇張した戦果と思われる創作的な主張が行われている。後略


ウキペディアのよると日本側の戦隊は日本水軍の兵力は藤堂高虎(2,800)、加藤嘉明(2,400)、脇坂安治(1,200)、来島通総(600)、菅平右衛門達長(200)の7,200名でありこれに若干の他家の水軍を加えたとしても8,000人に満たないと思われ、さらに鳴梁海戦においては大型船(安宅船)を用いず、中型船である関船を選抜して運用していた旨が「高山公実録」に記されている。とあるので韓国の想像の産物が「英雄李舜臣」という実際の人物とは遠くかけ離れた人物像が英雄として韓国民は信じている。

私も李舜臣という人物を認識はしていたが「秀吉軍に嘘をついて手引きして後ろから襲った卑怯者」と言うイメージ、それが英雄なのだから韓国と言う70年ソコソコの国には人物はいないわな~ あの北朝鮮の金日生も正日も出生は嘘ばかり、まともな出生ではなかったのを神各化したので知っている人はバカな話、知らない人はお~~神よ・・になる。それと独裁国家だからね。そう言えば韓国大統領、北朝鮮スポークスマンに就任したの?代読ばかりで笑える。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝日デジタル? 「シンゾー... | トップ | あ~~~~おそろしあ あっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事