逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

トランプゲーム 首脳会談で金正恩に書簡

2018年05月25日 | 軍事、外交
まさにトランプゲーム『一応は外交儀礼には則っているのだが、・・・』北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)よりもトランプ米大統領の方が危ないことを世界に証明する?

米ホワイトハウスは24日午前(日本時間同日夜)、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長にあてた書簡を公表し、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を中止する意向を明らかにした。北朝鮮は24日に豊渓里(プンゲリ)の核実験場を爆破した直後だっただけに、反発が予想される。
外交文章は概ね丁寧な言葉遣いだが、「我々(米国)の核能力は大規模かつ強大であり、使わなければならない時が来ないよう神に祈る。」など相手を挑発するような過激な言葉が特徴の『トランプ節』も一部含まれる。

AFPニュース2018年5月25日『米朝首脳会談中止、対話の扉は閉ざされていない 専門家』では、『アナリストらは、金委員長にあてたトランプ氏の書簡にみられた「興味深い温かさ」に注目している。「あなたと私の間で、素晴らしい対話が築かれるのを感じていた」とトランプ大統領は書いていた。』とか、
『今のところトランプ大統領も金委員長も相手に対する対等な姿勢を変えておらず、双方とも提案を聞く準備があることを示している。』と書いている。

トランプ書簡では「私はあなた(正恩氏)と会談をすることをとても楽しみにしていた。」とか、「いつの日か、あなたにお会いすることをとても楽しみにしている。」とか、北朝鮮に拘束されていた米国人3人の解放について、改めて感謝の意を示し、最後に「もしあなたの考えが変われば、ためらわずに私に電話をするか、手紙を送って欲しい」、「世界、とりわけ北朝鮮は、恒久平和や偉大な繁栄を得る機会を失った。歴史上、非常に悲しい時だ」と結んだ。


町山智浩‏認証済みアカウント @TomoMachi (アメリカ・カルフォルニア州バークレー市在住の映画評論家)

トランプが金正恩との会見をドタキャンしたのは、「このトランプ様とあの刈り上げ小僧が一度に死ねば、いろんな問題がいっぺんに解決すると思う奴が世界中にいっぱいいる かもしれない」と怖くなったからじゃないかと思ったりしてる。
16:18 - 2018年5月24日

『シンガポールに向かう北朝鮮の金正恩搭乗機を狙えば、斬首作戦よりも安上がりだし確実だと主張していたフジサンケイグループ』

もちろん世界中に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)を殺したいと思っている人間は数多いが、トランプ米大統領の場合はアメリカ国内だけを見てもヒラリー・クリントンやニューヨークタイムス、ワシントンポストやCNNなどのリベラルメディアや民主党支持者など。それだけでは無くて、たぶん共和党のマケインとか、ペンス副大統領など味方側でも米大統領のトランプに『死んでほしい』と願っているので、人数的に見れば圧倒的大差でアメリカ(トランプ)が勝っている。(皮肉なことに、世界中でトランプの無事を一番願っているのは間違いなく北朝鮮の金正恩だった)

『ベトナム戦争を終結させたニクソン弾劾やケネディ暗殺を忘れていなければ、何もトランプでなくとも誰でもビビって慎重にならざるを得ない』

史上初めての米朝首脳会談の場所としてトランプが最後までこだわっていたのが南北首脳会談と同じ軍事境界線(38度線)の板門店だったが、北朝鮮に近いここが一番安全であり、開催場所として決まっていたシンガポールは板門店に比べれば安全面では大いに落ちる。
今回の大ニュース『トランプ大統領のドタキャン』ですが、暗殺と関連して論じているのはアメリカ在住の町山智浩‏以外では誰一人いない不思議。(普通の記憶力とか知識があれば誰でも考える)
そもそも今回の書簡でも触れているが、北朝鮮外務次官の強硬発言とは直前のペンス副大統領の『リビア方式』への言及への売り言葉に買い言葉。トランプが否定している『リビア方式』を繰り返すペンス副大統領とかボルトン補佐官ですが、間違いなくトランプ大統領の目指す歴史的な米朝会談をぶち壊したいのである。
(★注、トランプですが、暗殺されたケネディ以上に滅茶苦茶敵を作ったことは明らかであるが、その中でも朝鮮戦争終結は一番の暗殺の動機になる)


24日、サンクトペテルブルク。(左)フランスのマクロン大統領・(右)ロシアのプーチン大統領

『プーチン大統領、金正恩氏を擁護「期待していたので残念だ」』米朝対話の実現に向けて、自らも努力する考えを示した 2018年05月25日 朝日新聞

プーチン大統領「正恩氏は約束実行、米国が取りやめた」
米朝首脳会談の中止について、ロシアのプーチン大統領は24日、フランスのマクロン大統領との首脳会談後の記者会見で、「朝鮮半島情勢の緊張緩和と非核化に向けた重大な一歩になると期待していたので残念だ」と話した。
プーチン氏は「金正恩(キムジョンウン)氏は事前の約束をすべて実行し、核実験場まで爆破したのに、その後、米国が取りやめたと聞いた」と、北朝鮮側を擁護する姿勢を示したが、一方で、「会談なしに事態の進展が期待できるだろうか」と述べ、米朝対話の実現に向けて、自らも努力する考えを示した。
5月25日 朝日新聞
マクロン大統領は仏露共同記者会見で、トランプ氏の中止決定が「継続されるべきプロセスの一時的不調でしかない」ことを願っていると述べた。(ロイター)

『安倍首相「朝鮮有事の際はアメリカの作戦の金銭的負担を喜んで引き受ける」ことをトランプ大統領と約束していた』2018年5月25日BUZZAP!(バザップ!)
6月12日シンガポールで北朝鮮との初の米朝首脳会談をドタキャンしたアメリカ合衆国のトランプ大統領の発言中、聴き流すことのできない一節がある。

『私は韓国と日本と話をしており、両国は北朝鮮の愚かで無謀な行為に対する準備ができているだけでなく、両国ともが有事の際にはアメリカ合衆国の作戦行動に関するあらゆる金銭的負担を引き受ける ことを望んでいる。』

北朝鮮とアメリカの戦争(トランプは「不幸な状況を我々が強いられた時」)に日本と韓国がアメリカ合衆国の作戦(Operations 軍事行動)にあらゆる金銭的な負担を引き受けると、両国と確認していると発言している。
「軍事費の肩代わり」のような重要事項を決定できるのは「最高責任者」安倍首相を除いて他には存在しないが、もしトランプ大統領発言が事実無根なら、ここまで重大な事項で日本政府が何一つ抗議しないということは絶対に考えられない。
それなら、安倍首相が国民に一切知らせないまま勝手に『第二次朝鮮戦争の軍事費肩代わり』を『決めていた』ことになる。安倍首相は日本国民に対して(モリ加計以上に)早急に明快な説明が必要です。
5月25日BUZZAP!
(抜粋)


トランプ大統領、金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官の威嚇の時に怒り…


・・・崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官(元北米局長)のペンス氏侮辱に爆発してドタキャン

米朝会談中止に対し『何故か冷静な韓国紙、・・・』『売り言葉に買い言葉』には慣れていると言えばそれまでだが、

韓国のムン政権や与党に近いハンギョレ新聞も野党よりの朝鮮日報など保守系3大紙もほぼ同じで、案外冷静に今回のトランプ大統領の唐突なドタキャンを見ている。先ず今月16日に金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官による6月12日予定の『米朝首脳会談を再考慮するほかはない』との強硬発言ですが、これはジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の『リビア式核廃棄案』に反発したもの。
トランプ大統領は22日米韓首脳会談では『一定の条件が満たされなければ会談しない』と発言していたし、翌23日には『来週に知ることになる』とも述べていた。(一応、ドタキャンを事前に予告していたのである)
朝鮮日報は社説で『北朝鮮外務省のチェ・ソンヒ米国担当次官が核戦争に言及し、ペンス副大統領を激しく非難したことなどが直接のきっかけになったとも考えられる』と書いているが、ハンギョレ新聞が言うようにトランプ大統領が公式に否定している『リビア方式』をペンスが繰り返すから売り言葉に買い言葉になっているだけ。(北朝鮮の過激発言ですが、常に『何々であれば』との前提条件が付いている)
もしも米朝会談を目指す心算なら、本来なら自分とは違うボルトンやペンスを咎めるべきなのですが何もせず、会談を中止して仕舞ったが、トランプ大統領は『何か』を待っているらしいのである。
そもそも今回の会談中止宣言とは北朝鮮が外国メディアに対して豊渓里(プンゲリ)核実験場爆破を公開した当日の24日に行われていた。タイミング的に何とも間が悪いのである。しかも米朝会談実現に尽力した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談直後なのですから二重に間が悪い。(トランプはわざと悪役を演じているのか???)



『歴史的な米朝会談(朝鮮戦争の終結)は北朝鮮も南朝鮮(韓国)もアメリカ(トランプ)も中国もロシアも全員が賛成している』

朝鮮半島に関係する全員が朝鮮戦争を止めようと思っている。
ところが、一人日本(安倍晋三)だけが『嫌がっていた』(朝鮮戦争休戦レジームが永久に続いて欲しい)ことは明らかな事実なのですから、今回5月24日の唐突なドタキャンで、トランプが『核戦争』で脅かしているのは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)では無くて、本当は、日本の安倍晋三である可能性が高いのである。
5月25日BUZZAP!が指摘したように、わざわざ地獄の『第二次朝鮮戦争開戦』時には日本が戦費を肩代わりするとの暴露を行っているのですよ。今回のドタキャンのタイミングですが、そういえば10カ月も拘束されていた森友学園の籠池夫妻の釈放決定とピッタリ一致しているし、もちろん財務省による無かったはずの文章の開示とも一致している。
去年に2月から延々と続く安倍お友達疑惑も最終局面を迎えて、パク・クネと同じ結末が起きそうです。たぶんトランプは安倍の首を取って、一番の邪魔者を排除してから米朝会談を行う算段なのでしょう。
★注、
実は左翼知識人は誰も気が付かないが、逆に頭が空っぽで目が節穴のネットウヨは動物的な直観で延々とスキャンダルが続く原因が外部からの組織的介入だと感づいていているのです。ところが悲しいかな知能が劣るので根本的に間違って『中国や韓国や朝日新聞が、・・・』と逆さまに解釈するが、日本の官僚組織全体を裏から動かせるのは世界中でアメリカだけなのである。(たぶん安倍下しをCIAが仕掛けた。ところが、国務省が必死で安倍政権を守っている構図)



日本の安倍晋三は『蚊帳の外』ではなくて、不愉快な『蚊』そのもの。存在自体が朝鮮戦争の終結することを熱望している全員にとって邪魔である。



まさにトランプゲーム『米朝首脳会談、6月12日開催あり得る トランプ大統領』2018年5月25日 23:12 発信地:ワシントンD.C./米国

【5月25日 AFP】(更新)米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との首脳会談を、依然として6月12日に行い得ると述べた。
トランプ大統領はホワイトハウス(White House)で「会談は12日に行い得る。彼らに話しているところだ」と語り、「彼らは(会談を)とてもやりたがっているし、私たちもやりたい。そのうち分かるだろう」と話した。(c)AFP

★注、
最側近のティラーソンの首を切った時は(傍若無人にも)ツイッターなのですから、本来なら(北朝鮮の態度に怒ったなら)今回もツイッターで会談中止を発表しているはずのトランプが異例の(トランプ以外なら普通の)丁寧な書簡を北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)に送っていた。
書簡をよく読むと、①『6月12日開催も有り得る』とも、②『会談の延期』とも、③『会談の中止』(米朝チキンレースの再開から第二次朝鮮戦争まで)と丸きり別々の、3通りに意味が取れるよう巧妙に書いていた。
①番の『6月12日米朝会談』は、十分に有り得るのである。
もしも、トランプが6月12日の米朝会談開催をギリギリのタイミングで決断した場合、シンガポールは準備不足で不可能だが、4月27日の南北会談開催場所である板門店だけが唯一可能だった。米朝会談の目的が朝鮮戦争終結であるなら(シンガポールでは意味が曖昧だが)38度線の板門店での米朝首脳会談開催が象徴的に最適だったのである。(だからトランプは板門店に最後までこだわったが、たぶん政権内部のペンスとかボルトンなどの反対でシンガポール開催が決まった経緯がある)


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 波状攻撃か?戦力の逐次投入... | トップ | 世にも不思議なオウム死刑囚... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「自家増殖」を原則禁止 (It is warm today)
2018-05-25 22:59:41
宗純さん、いつも、大変、勉強させていただいています。拙い考えで、申し訳ありませんが、農家による種苗の「自家増殖」を原則禁止にする政府の方針と、福島原発事故の放射能漏れによる、奇形農作物の隠蔽が行われるであろうが、気になっています。考えを深めて行けるよう努めていきます。
「自家増殖」を原則禁止 再度  (It is warm today)
2018-05-25 23:38:31
「自家増殖」を原則禁止 (It is warm today)
拙い考えで、申し訳ありませんが、農家による種苗の「自家増殖」を原則禁止にする政府の方針と、福島原発事故の放射能漏れによる、奇形農作物の隠蔽も目的だけではなく、容認は全くしたくありませんが、奇形種の繁栄を防ぐために結局は、容認せざる終えないことになってしまうのでしょうか?なんという不幸なのでしょうか。TPP推進は、日本で生産される放射能汚染作物を作らせないのが、今の目的になっているとしか、やはり思えません。
寝言のようになっていると思いますので、ご示唆御願いします。
「自家増殖」を原則禁止 再々度 (It is warm today)
2018-05-25 23:57:58
放射能汚染された種子が海外に流出されないのは、海外も望むことですよね。すいません、何度も同じことの繰り返しになりました。
Unknown (たけ)
2018-05-26 14:56:14
It is warm today
さんこんにちは。

言われたい意味はよく分ります。
その問題の可能性等重要でしょう。
ですがここの管理人様が何を記事にするかはご自由です。なのでせめて
こういうことが起きて 私はこう思っています
とコメントするぐらいでいいのでは、と。
(私もやった事があるのでいう資格ないかもしれないのですが。)

コメントは記事に対して 情報提供 見解 

あとはここの管理人様の許容できること

までだと思いますよ。

(この記事へのコメントは管理人様 あとで再度コメントさせていただきます。また差し出がましいことをしてすみません)
そうですよね。 (It is warm today)
2018-05-27 07:50:04
 宗純さん、たけさん、こちらのコメント場所の選定が間違えていました。今後は、注意していきます。読んでいただけてありがとうございます。

コメントを投稿

軍事、外交」カテゴリの最新記事