逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

北朝鮮のテロ支援国指定を解除

2008年10月15日 | 東アジア共同体
北のテロ支援国指定を解除=米、6カ国協議の膠着打開へ-日本、拉致で苦境に
10月12日時事通信


米国務省は11日、北朝鮮の核活動に関する「多くの重要な検証手段」で同国と合意したと発表、ライス国務長官が北朝鮮のテロ支援国指定を解除したことを明らかにした。
同国がテロ支援国のリストから外れるのは、1987年の大韓航空機爆破事件を機に翌年1月に指定されて以来20年ぶり。
米朝関係改善に向けた重大な一歩となり、膠着(こうちゃく)している6カ国協議の非核化プロセスが再び動きだす可能性が出てきた。
一方、拉致問題進展のてこを失った日本は今後、厳しい対応を迫られる。
北朝鮮は、寧辺の核施設の無能力化を直ちに再開することに同意。
米当局者は今月中にも検証計画の合意を文書化する6カ国協議の会合が開催されるとの見通しを明らかにした。
マコーマック国務省報道官によると、監視・検証手順合意に含まれるすべての措置は、プルトニウム基盤の計画とあらゆるウラン濃縮計画、核拡散活動に適用される。
検証作業には、日本など非核保有国を含む6カ国協議の全参加国の専門家が参加でき、国際原子力機関(IAEA)は支援的役割を担う。
専門家はすべての申告施設に立ち入りでき、未申告施設には相互了解に基づき立ち入りできる。
標本採取などを含む科学的手法の使用でも合意している。
マコーマック報道官は、拉致問題をめぐる日本の懸念に遅滞なく対処していくよう北朝鮮に強く働き掛ける方針を強調した。 







(分からない事が多すぎる朝鮮問題)

『動機が分からない大韓航空機爆破事件』

テロ支援子国家指定の直接原因の、1987年の大韓航空機爆破事件が分かっているようで分からない。

来年のオリンピックの妨害との発表だが、何度もテレビで放映されていて知らない人がいないほど有名なあの場面。
自殺予防用の猿轡をかました状態で韓国金浦空港の飛行機のタラップを降りてきた日付は『韓国大統領選挙投票日』のちょうど前日である。
韓国民で大韓航空機爆破事件の目的が、政府発表どうりだと思っている人物は一人もいない。
そもそも犯人の日本人蜂谷真弓を名乗る女性の容疑は旅券法違反で、ドバイか日本に裁判権が有り韓国には無い。
何故事件直後に韓国に移送されたのか。?
韓国政府公式発表では、自分は日本人で有るとして犯行を頑強に否定していたが韓国入りして一ヵ月後に繁栄しているソウルの街並みを見て自分が騙されていたと気付き自白したとされているが、真っ赤な嘘。

事件直後に面会した時点で日本大使館員に犯人自身が『自分は日本人でない』と自白している。
自白したり理由が余りに馬鹿馬鹿しい。曰く『親切だったから』
この事件発覚直後の時点での自白がないと早期の韓国入りが実現できない。
犯人自称蜂谷真由美は、何としても『大統領選挙投票日』までに韓国入りする必要が有った。
北朝鮮の犯行だとすると北朝鮮の軍事独裁政権の犯行動機は、金大中などの民間人ではなく何としても軍人で北と同じ軍事独裁政権の後継者盧泰愚に大統領選挙で勝たせたかったという事になる。




『テポドンが分からない』

1998年の北朝鮮は人工衛星と主張している(テポドン)騒動の本当の顛末が分からない。
現在ミサイル実験として定着しているが、この時日本を除くアメリカ、ロシア、中国等世界各国は北朝鮮の人口衛星実験の失敗と発表するが、日本政府はミサイル(テポドン)であると頑強に主張してみんなに認めさせる。
で、本当はどちらなのか。?
実はミサイルであれ人工衛星用ロケットであれ、其のロケットの本体は全く同じもので、名称が違っていても実体が同じで言葉(受ける印象)が違うだけ。
ロケットかミサイルかの論争は本来無意味。
しかし北朝鮮が発表した写真が本物ならミサイルの性能に大きく影響するミサイル先端のノーズコーンが丸い形なので大気圏再突入の際に空中分解してしまう。
多分人工衛星であろう。
また弾道弾であったとしても日本のマスコミで喧伝された領空侵犯は、数千キロ飛行したので高度も弾道軌道なら数百キロの大気圏外で国家の管理する範囲を超えていて領空侵犯論議事態が無意味。




『核実験も本当は成功したのか失敗してのか分からない』

初めての核実験規模であるプルトニューム10キロ規模よりも遥かに小さく、TNT火薬を大量に爆発させ核実験を偽装したとの説もある。
反対に、これ程の大量の火薬を一時に火をつけて爆破するのは核実験成功よりも技術的に困難で、其れよりも北朝鮮は既に核の小型化に成功している可能性が高いとする説もある。
保有する核物質の量に対しても意見が色々分かれている。




拉致問題もそんな謎の一つで、分かっている様で、実は良く考えると余りにも不思議な事が多すぎる。

有本恵子さんの両親に対して当時の拉致議連会長の中山正輝議員が『拉致家族会に入会すると帰ってこれなくなる』ので『家族会には入会しない様に』と電話で説得している。(この予言?は不幸にして当たっていた)
そして森首相はドイツのシュレーダー首相にサミットの席上で拉致被害者がシンガポールとかオーストラリアで偶然見つかるシナリオになっていると披露している。
国民には内緒で北朝鮮政府との間でこの時点では拉致被害者を返す事で何らかの密約があったようだ。
絶対秘密の内緒事をサミットという公式の場でぺらぺら喋ってしまった脳味噌の量が蚤と同程度の森首相。
これではいくらなんでも其のまま予定どうり決行するわけには行かなくなった。

其の密約の延長線上の小泉元総理の訪朝と5人生存8人死亡と発表される。
生存五人は一時帰国の約束で日本に帰ってくるが、『拉致家族会』が日朝両政府間での『一時帰国』の約束を一方的に反故にしてしまう。

この一時帰国の五人ですが、脱走兵の妻とか北朝鮮で表に出せない秘密工作活動に従事していたりと、本来は日本に絶対に帰国できない事情が有った。
この時の帰国できない事情の有る人は生きていて、そうでない人は全員死んでいるでは余りにもあざとい発表で信じている人は殆どいない状態である。
拉致事件では北朝鮮は事実を認めて謝罪しているが、経過をみれば分かるように本来有り得ない話です。

国家は本来自分の犯罪行為を認めません。大抵は隠蔽する
ソ連や東欧の共産党政権が崩壊した時に東ドイツとルーマニアだけは秘密警察(政治警察)の悪事が数々暴露されたがそれ以外の国では公にされることは無かった。
しかしこれ等の東欧諸国の仕組みは、国は違っていても何処もほとんど違いが無い。
東ドイツ、ルーマニアと他の東欧諸国との違いとは何か。?

違いが有ったのは秘密警察の有無では無く、国家自体の有無。
東ドイツは国家そのものが消滅し、ルーマニアでは選挙によって民主的に政権が転換されず大統領夫妻を処刑してしまったので国家としての正当な継続性を否定しなければならなかった。
国家が継承されていないので、前の国家が悪ければ悪いほど、現政権の正統性が証明される。
其の為に、それ以前の国家の悪事が公表されなければならない必然性があった。

国家が何の見返りも求めず謝罪する事はない。
北朝鮮が自分の犯罪を認めたのには、普通は其の時点で日本と北朝鮮との密約があったと見るべきだろう。
果たして、小泉純一郎と北朝鮮との密約とは何であったのだろうか。? 疑問は大きくなるばかりである。





関連記事
検証「不審船」事件 ”排他的有事国家”への道    (朝鮮、台湾問題 / 2008年07月02日

北朝鮮テロ指定解除、朝鮮戦争完全終結へ。?     (朝鮮、台湾問題 / 2008年06月30日

横田めぐみさんのDNA鑑定、日本版ネオコンが偽造 (朝鮮、台湾問題 2008年3月3 日

スーパーノートは北朝鮮製ではなくアメリカの自作自演の可能性が濃厚。 (朝鮮、台湾問題2008年2月4 日

コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« ノーベル経済学賞と現在の金... | トップ | 三浦和義元社長自殺でロス郡... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メッセージありがとうございます。 (カーク)
2008-10-16 06:39:25
わざわざ、ヤフーまで訪問していただきありがとうございます。実はgooにもブログを開設しました。よろしければこちらに遊びにおいでくださいませ。コメントもいただけるとありがたいです。
それにしても、ゴミコメント一日百件の掃除は大変だっただろうなと想像しています。
さて、逝きし世の面影さんの問題追求の仕方はとても勉強になります。

コメント有難う御座います (ブログ主)
2008-10-16 10:14:53
大量のゴミ掃除は有る意味では実に爽快な行為ですよ。しかし不思議な事に多いと気にならないが少ないと少しのゴミが気になる。
しかし色んな人がいるものですが、科学を宗教として信じている人がいる事が判ったことは大きな収穫でした。
科学は宗教にもなり得るんですよ。面白い事だと思いませんか。

当方のブログをお褒め頂き恐縮至極。他所様が取り上げている視点ではない、誰もが見逃している部分。
みんなが見ているのに気が付かない、そんな部分は案外多いものです。
まあ隙間産業見たいのものでしょう。これからも宜しく御願い致します。
核武装論拡大か? (愚樵)
2008-10-19 05:34:24
やれやれ、ブッシュもとんだ置き土産を残していってくれるものです。

テロ支援国家解除を巡って最後まで揉めていた核査察の条件。結局、使い古された寧辺のみということになってしまいましたね。これでは北朝鮮を核保有国として承認したのと同じ。どうぞ、ご自由に核開発をしてくださいということですね。

もともと十全に作動していなかったNPT体制は、これで完全崩壊。北朝鮮続く国も出てくるでしょうし、北朝鮮もまたどこかで核開発カードを切ってくるに違いない。

そうした状況が出てきたときに、日本でも核武装論が拡大しそうな気がします。アメリカさんに頼っていてもろくなことにならないのも露呈してきましたしね。自前の抑止力=核武装という安易な論議が大手を振って闊歩するかもしれません。

*****

>科学は宗教にもなり得るんですよ。面白い事だと思いませんか。

そうなんですよね。“なり得る”んですよね。ここが大切なところだと思います。方法としての懐疑に支えられる科学は宗教とは別個のものですが、“なり得る”こともあるのだという理解も必要です。“なり得る”ということは、それで十分だということでもあるんです。

“なり得ない”と思っている人は、そこのところを懐疑していない。信じてしまっているんです。科学的じゃない。

実は科学教にも2種類あって、ひとつは科学を宗教で十分だと思っている人。“おれには科学はわからんが、科学は正しい”と思っている人。もうひとつは、科学は宗教であってはならないと思っている人。私からすれば、後者の方が始末が悪い。
常識の罠 (ブログ主)
2008-10-19 09:40:48
胡散臭い問題児の発言が正しいはずが無いと思い勝ちですが、今回の米朝核協議の時に北朝鮮が『南の核も査察が必要』と主張。思わず目から鱗。
冷静に良く考えて見れば、北の核も怖いかもしてないが、突然『無限の正義』とか『強制民主主義』とかの理由で他国を攻撃する国の核の査察を棚上げにしている現状の方が可笑しい。
このブッシュの置き土産が南北朝鮮の非核化なら全ての人に喜ばれそうですが果たしてどうなるでしょうか。?


『科学は宗教であってはならないと思っている人』
確かにこのタイプの科学教信者は救いようが有りませんね。
科学教に限らず一神教的な宗教の恐ろしいところは近親憎悪というか、ほんの少しの違いが許せないところでしょう。
如何しても異端者狩りをしてしまう。
自分自身と大きく違う異教徒よりも(無関係な第三者が見れば同じに見える)ホンの小さい違いの異端者の存在が許せない。実に不思議な心象風景です。
宗教裁判が荒れ狂った西欧社会でムスリム等の異教徒は国外追放で済ますが同じ仲間のキリスト教徒はホンの少しの教義の解釈の違いが理由で異端者として火炙りですからね。恐ろしい話です。
つい最近も『水からの伝言』騒動でニセ科学批判をしている人に対して『あなたの主張(道徳)は間違い』ではなく『あなたの主張(道徳)には全面的に賛成しています』と言ったらトンデモナク反発をかって面食らった経験が有る。
『水からの伝言は科学ではなく道徳(宗教)モドキ』だから『ニセ科学批判』は余り効果が無いのではないかとの疑問が、この人物の信じる科学教の教義に違反していたらしい。
自分達の主張(科学教)と少し違うのでこの人物に完全に異端者として認定されたらしく、以後の会話が成り立ちません

コメントを投稿

東アジア共同体」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

三浦和義氏の怪死 (喜八ログ)
2008年10月11日、米国ロスアンゼルスの拘置所で「怪死」した三浦和義さんのご冥福を祈りますとともに、ご遺族の方にお悔やみを申し上げます。
杜撰な原子力行政 (Dendrodium)
原発:関連施設で煙 放射能漏れなし…茨城・東海第2  10日午前6時35分ごろ、茨城県東海村白方の日本原子力発電東海第2原発(沸騰水...
米の北朝鮮テロ指定解除についてー日本共産党の志位和夫委員長の談話ー (未来を信じ、未来に生きる。)
米が北朝鮮テロ指定 20年ぶり解除 即日発効 --------------------------------------------------------------------------------  【ワシントン=西村央】米国務省が十一日に発表した北朝鮮に対するテロ支援国家指定の解除は、ライス国務長官が同日に解除手続きに...
あなたには医療費を有効に活用できそうにありませんから、早く出ていってください、と言えますか? 舛添厚労相。 (とむ丸の夢)
叔母の病状について医師からの説明を聞きに夫と2人で行ってきました。  昨年の大晦日、急性の腎炎で入院してからもう10か月以上経過して...