逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

連携進む米、朝、韓と中国。蚊帳の外の日本

2010年02月27日 | 東アジア共同体

「6カ国」再開めざし、米・朝・韓当局者が訪中

【北京=山田俊英、ワシントン=小林俊哉】2010年2月24日(水)
北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の再開をめぐり23日以降、米朝韓当局者が議長国、中国を相次いで訪問し、動きが活発化してきました。
韓国首席代表の魏聖洛(ウィ・ソンラク)朝鮮半島平和交渉本部長が23日に到着。
2日間の滞在中、武大偉・朝鮮半島問題特別代表と会談し、先に訪中した北朝鮮首席代表の金桂冠(キム・ゲグァン)外務次官との協議内容について説明を受ける予定です。
24日には米政府北朝鮮政策担当のボズワース特別代表がソン・キム6カ国協議担当特使とともに訪中し、協議再開について武氏と会談します。
北朝鮮からは朝鮮労働党の金永日(キム・ヨンイル)国際部長が23日に北京を訪れ、中国共産党の王家瑞対外連絡部長と会談しました。王部長が先に訪朝したことに対する答礼です。
中国側によると、両国関係について突っ込んだ意見交換を行い、地域の平和・安定維持に積極的に貢献することを確認したといいます。6カ国協議についても意見を交わしたとみられます。金氏は外務次官や6カ国協議首席代表を歴任しています。
22日、ワシントンで記者会見したクローリー米国務次官補(広報担当)によると、ボズワース氏の北京訪問中、北朝鮮側と会談する予定はないといいます。同氏は韓国、日本も訪問します。

『中国国家主席、北高官と会談』

【北京=山田俊英】2010年2月24日(水)
胡錦濤・中国国家主席(中国共産党総書記)は23日、北京を訪れた朝鮮労働党の金永日(キム・ヨンイル)国際部長と会談しました。
中国国営中央テレビによると、胡錦濤総書記は『現在の複雑で変化が多い国際情勢下で中朝が友好,往来を強め、協力を拡大することが両国人民の根本利益に合致し、地域と世界の平和、安定、発展に有利となる』と呼びかけした。
また、『昨年、両党、両国の指導者と各層が頻繁に往来し、ともに関心を持つ重要課題で親密な意思疎通を保ってきた』と高いレベルでの交流の重要性を指摘しました。
金部長は『両党、両国の交流、協力強化を望んでいる。』と応じました。
胡総書記はこれまでも繰り返し金正日(キム・ジョンイル)労働党総書記の訪中を招請していますが、会談でこの問題が取り上げられたどうかは明らかにされていません。

『中国党高官との会談で金総書記』6カ国協議再開に条件

【北京=山田俊英】2010年2月10日(水)
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)労働党総書記は8日、平壌で中国共産党の王家瑞対外連絡部長と会談し、6カ国協議再開について話し合いました。
中国側の発表によると、金総書記は『朝鮮半島非核化は(北)朝鮮の一貫した立場だ』と述べる一方で、『6カ国協議の再開には関係国の誠意、努力が重要だ』として、制裁解除や米国との平和協定交渉など条件整備が必要との考えを示しました。
王部長は胡錦濤中国共産党総書記(国家主席)のメッセージを口頭で伝えました。
胡氏はこの中で『(北)朝鮮と協力を強め、朝鮮半島の核問題を適切に処理し、半島と北東アジアの平和、安定のため、ともに努力したい』と呼びかけ、協議再開に向けた協力を金総書記に促しました。
胡氏はメッセージで金総書記の訪中を重ねて招請しました。
これに対し金総書記は、6カ国協議の再開に向けた『関係国の誠意ある努力』を強調した上で、『そのために中国側との意思疎通と協調を強化していきたい』と述べました。
王部長と金総書記の会談後の9日、6カ国協議の北朝鮮首席代表、金桂冠(キム・ゲグァン)外務次官と李根(リ・グン)米州局長が、中国に帰国した王部長と同便で空路北京入りしました。
金次官は核問題で、李局長は対米関係でそれぞれ第一線に立つ責任者。金総書記と王部長の会談の直後に急きょ訪中させ、6カ国協議と米朝対話の再開をめぐり中国側と突っ込んだ話し合いを行うとみられます。
韓国の北朝鮮専門家である鄭成長(チョン・ソンジャン)世宗研究所首席研究委員はロイター通信に、『金次官を訪中させたことは、6カ国協議の再開について中朝間で一定の了解が成立したことを示唆している』と語りました。

『取り残される変わらない日本』

鳩山由紀夫首相が将来的に夢見る欧州のEUのような、東アジア(極東)の地域共同体の最大のネックになっているのは核開発の北朝鮮問題で有ることは論を待たないであろう。
このところの6カ国協議再開を目指す米中韓朝の4カ国の活発な動きに引き換え、日本は拉致問題の『制裁』を最優先する硬直した姿勢が一向に改まる気配すらない。
これでは北朝鮮問題の最大のネックは旧態依然の『変わらない日本政府』であると他国から思われかねません。
特に問題なのは中井拉致担当大臣で、自分の仕事は日本人拉致等の『人道問題の解決』ではなく、どれだけ沢山『北朝鮮を叩く事ができるか』だと信じているようです。
江戸時代期までの『罪刑が一族に及ぶ連座制』と同じ封建思想か、それとも『江戸の敵を長崎で』の心算か、『4月1日からの施行を目指す高校無償化』について、中井洽拉致問題担当相が、『制裁をしている国の国民というところを十分考えて欲しい』と、在日朝鮮人の生徒の学ぶ朝鮮学校を無償化の対象から外すよう川端達夫文部科学相に要請する始末である。
在日朝鮮人の朝鮮籍は北朝鮮籍ではない事を知らないで政治家をやっているのは一政治家としても恥ずかしい限りで有るが、例へ北朝鮮国籍であったとしても、許されるものではない国辱的発言(ネオナチ水準)である。
国際人権規約や教育基本法が定める『教育の機会均等』の意味を知らないのだろうか。
ナチのユダヤ人差別やアメリカが行った太平洋戦争中に日系人強制収容的な発想で、完全にネオナチ的思考方法で「ネトウヨ以下」の愚論。
日本の恥で有る。
東京で2月に開催されるサッカー東アジア選手権に出場する予定の北朝鮮女子チームの入国を『(北朝鮮に)制裁がかかっている段階だから当然反対だ』と主張して日本国で開かれるスポーツの国際大会を妨害して、結果不参加にした張本人もこの人物です。
小さな事も見逃さず、北朝鮮と日本との全ての交流の窓口を封鎖する思惑のようです。
北朝鮮チームの参加をめぐっては、強行に反対する中井洽国家公安委員長に対して平野博文官房長官が麻生政権時代の昨年7月に既に許可を決めていて『認めざるを得ない』として2010年1月5日に入国許可決定を発表したのですが、ビザが遅すぎて準備が間に合わないとして結局北朝鮮女子チームは不参加となる。
この中井大臣と比べれば言動が自民党政権とそれ程代わり映えしない平野官房長官が実に『まとも』に見えるから面白いが、鳩山民主党内閣ですが残念ながら、こと拉致問題に関しては、あのお馬鹿の見本だった麻生太郎時代よりも大臣だけは確実に劣化しています。

『北朝鮮国籍ではない「在日」の朝鮮籍』

朝鮮半島が半世紀以上前から北と南に分断して、現在双方に朝鮮半島唯一の正等政府を名乗る国家が存在しているが、日本でも在日朝鮮人に朝鮮と韓国籍の2種類があり、これを北朝鮮国籍と韓国国籍であると誤解している中井洽拉致問題担当相と同じ誤った認識の人も多いが、正しい歴史的な経緯を知らない誤解である。
日本の文部省が今まで正しく近代歴史を学校で教えてこなかった付けがこんな所にも出て来ているが、朝鮮問題に関心が薄い一般市民が間違っているのは致し方ないにしても北朝鮮の担当大臣までが、この程度の認識(無知)で有るとは恐れ入る。
日本の政治家の質は自民党だけではなく民主党も末期的症状である。
韓国籍は、確かに大韓民国の国籍で有るが朝鮮籍は北朝鮮国籍ではない。
朝鮮籍の意味するところは、北朝鮮国民ではなく、単に『朝鮮半島出身者』にすぎないのです。
そもそも日本国内の在日に朝鮮半島北部出身者は数%の少なさで殆どは朝鮮半島南部(現在の韓国)の出身者なのです。
特に多いのは最南部の島である済州島出身者で、小さな島にも関わらず4分の一以上に上るが、これは日本敗戦後の朝鮮分割独立に反対した事を理由にして軍事政権が武力弾圧した済州島四・三事件(大量虐殺)を逃れてきた人たちが多かった為です。
事件前(1948年)に28万人いた島民は、1957年には3万人弱にまで激減したという。
100年前の大日本帝国の軍事的圧力による朝鮮併合で、全ての朝鮮人は帝国の臣民であるとして無理やり朝鮮の国籍は剥奪され全員が日本人であるとされたが、日本軍の敗北したあとは今度は全ての朝鮮系日本人の持っていた日本国籍を個人に選択の自由を与えず、有無を言わさず全員から剥奪する。
大日本帝国臣民(朝鮮人の日本臣民)であった朝鮮人全員が『朝鮮籍』とされたのですが、38度線以南は米国が、以北はソ連の軍事占領下で軍政が敷かれていた。
この時点ではまだ朝鮮半島には正式な国家は存在していなかったので『朝鮮籍』の意味する『朝鮮』は国家の名称ではなく単なる地域(朝鮮半島)の名称に過ぎないのです。
その後、朝鮮半島南部に分裂国家である大韓民国が作られ非民主的な軍事独裁政権が生まれる。
この時に日本政府は(現在でも同じですが)38度線以南の国家としてではなく朝鮮半島全部を支配する正当政府として『韓国』を認めて、今までの朝鮮籍(朝鮮半島出身者)を韓国籍(大韓民国の国民)に順次改めていくのですが、この日本政府のやり方が余りに非民主的で強引なので納得がいかず元のままの『朝鮮籍』の人も大勢出て来た。
これが現在の『朝鮮籍』の意味なのです。
本来歴史的にも法的にも、『朝鮮籍』は『朝鮮半島出身者(朝鮮人)』の意味で、『北朝鮮国籍』を意味していたことは一度としてない。
それに議論の出発点(土台)になる日本の法令には、中井洽拉致問題担当相が主張するような、『北朝鮮国籍』なるものは『存在』しないのです。
そもそも純粋に法的に考えるなら、いかなる意味でも朝鮮半島には『韓国』以外の政府も国家も存在しないことになっているのです。
何故なら、1965年に韓国の軍事独裁政権と日本が結んだ国際条約『日韓条約』で政府は、事実に反する『朝鮮半島全部を治める正当政府としての韓国』を認めてっしまっているのですから困ったことになる。
日本国の法律解釈だけに限定すれば、国連にも正式加盟している北朝鮮の金正日現北朝鮮政権はアフガニスタンのタリバン(国土の半分以上を実行支配する反政府武装組織)と同じなのですね。
これでは日本政府には到底北朝鮮とまともな交渉ごとが進められないはずです。

コメント (14)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« マリーシアを理解出来ない人々 | トップ | スポーツ後進国、日本 »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朝鮮人への差別心 (ブリッヂ)
2010-02-28 01:00:15
日本人の朝鮮半島人への差別心も問題。
何所から生まれてくるのか?韓国、北朝鮮、中国も、日本人は何所と無く差別の対象にする者が多いように思える。
平和裏に解決できる問題も日本人の側に心の壁があることの事実を誰も問題にしないですね。マスコミなどは差別心を煽るような番組(お昼や夕方のワイドショーなど)をよくやってます。本音と建前が日本人の陰湿さを作り上げるのか?子供の頃からうわべと下心を上手に使い分けることに何も抵抗感が無い、むしろそういう心の使い分けを美徳とする日本文化?この「本ねと建前」ってかなり異常な国民性です。
日本人が外国人とフランクに付き合うのが下手なのは、日本人以上に外国人のほうが日本人と付き合いにくいと感じているんじゃないだろうか?若者以上に50過ぎの人達にこの差別心は多く見られる様に心なしか思うんですが?子供の頃心置きなく差別心をぶちまけられた人達が大人になって自重心を抑えきれずに口にしてしまうのではないかと思うのです。
若者も歴史を学ばないままに今の拉致問題を語っているけど、これもかなり危険な傾向でしょう。メディアによる韓流ブームも盛り上がれば盛り上がるほどその裏の罵詈雑言は大きくなる。ネットの書き込みなどはホントにひどい。
これも本音と建前ですね。
26日の米韓外相会談 (逝きし世の面影)
2010-02-28 14:14:13
一昨日に米国のクリントン国務長官と韓国の柳明桓外交通商相がワシントンで会談しているのですが、
一括妥結方式(グランドバーゲン)の内容で突っ込んだ話し合いがあった模様です。
中身は①北朝鮮の完全な非核化、②朝鮮戦争の休戦協定に代わる平和協定(講和条約)の締結なのですが、
其の最大の障害となっている③北朝鮮制裁の解除の時期の問題などです。
①と②については既に2005年9月19日の6カ国協議で採択された合意内容なのですね。
ところが現在6カ国協議自体が開かれず完全に頓挫している。
国連安保理決議による制裁を理由として北朝鮮が話し合いの場で有る6カ国協議をボイコットしているのです。
この『制裁』は日本政府が主導して北朝鮮のミサイル発射(人工衛星の打ち上げ失敗)を理由に安保理で通したものすが、
北朝鮮は打ち上げ以前に周辺各国に対し事前に通告して行ったものです。
これ等は北朝鮮以外の国では人工衛星打ち上げではなく『ミサイル実験』であっても何らの制裁対象とはならない種類の実験であり、世界では100回程度行われている通常の行為なのです。
そして、北朝鮮は事前に、明確に『制裁があれば6カ国協議を離脱する』と宣言していた。
ところが日本政府は拉致問題とも絡めて強引に制裁決議を可決する。
これでは、北朝鮮としては事前に『はっきりと』言ってしまった手前、周りに『断固とした態度』を見せる為に六カ国からの離脱しか、道は残されていない。
6ヶ国協議を離脱したのは北朝鮮ですが、
6カ国協議を潰したのは『拉致問題』一本やりの日本の麻生自民党政権ですよ。

ブリッヂさん、現在の中国や韓国に対する反感(差別意識)ですが日本社会の右傾化の副産物でしょうが、私はそれほど心配していません。
経済の低迷と社会の閉塞感からの必然的な右傾化も有るとも思いますが、其の大部分は03年の小泉訪朝からのマスコミを総動員した徹底した北朝鮮非難キャンペーンの効果で、これが大きい。
何年もの間、日本ではニュースの時間枠いっぱいに隣国である北朝鮮バッシングを行っていたのです。
これでは現在のように社会が極端に右傾化するのは有る意味当たり前の正常なことだと思っています。

政府やマスコミや全ての政党が参加して、これだけ隣国(北朝鮮)に対する凄まじい差別キャンペーンを行っても『この程度』で済んでいる日本社会は十分に成熟している、とも解釈できるのです。
国家をあげてこれだけ無茶苦茶をやれば外国なら焼き討ちとか外国人に対する襲撃事件やヘイト殺人などテロ事件が続発するはずですが日本では起きていない。
これだけ意味無く大きく右に振れたら、後は必ず左に揺れ戻す以外にはありません。
大阪カジノ計画 (あぁ そっか)
2010-02-28 18:07:58
済州島と言うと、カジノリゾート地としても有名らしいのですね。
橋下大阪府知事が推進するWTC府庁移転の大きな目的として、その先の「大阪カジノ化計画」があるのだと思っています。
昨今の差別と・・・ (ブリッヂ)
2010-02-28 21:18:21
拉致問題が大きく動き出して以降の北朝鮮への差別と明治期以来の日本人の心の闇とも言える極東アジアへの差別心とは別物のように思います。
当たり前に起こりうる昨今の差別も放置すれば慢性的に日本人の心を歪めるでしょうし。
正直、拉致問題の収め所など誰にも解らないでしょうが、日本の主張は拉致被害者が帰ってくることなのか、それとも極東アジアの平和なのか?心の置き所しだいで大きくアプローチが変ってきます。 

アメリカや韓国、中国が色々画策しても今の北朝鮮問題を解決に導けるとは思えません。非核化も経済封鎖の解除も結局譲歩の一つとして片付けられるだけ。北朝鮮の思惑で事が進んでいますね。
  
【朝鮮】を知ることの難しさ (ピッコリーナ)
2010-03-01 00:27:50
心ある日本の方であっても 【朝鮮】について知ることは簡単なことではありません。>朝鮮籍の意味するところは、、、、、『朝鮮半島出身者』に過ぎないのである。

ここのところは長い年月によって複雑になった事実もあるが 本質的なところは 違います。
朝鮮籍を名乗るその意味するところは もっと深く  それは【金正日体制に従い 主体思想あるとの意志を表し 宣言している】ということです。  【明確な思想の表明】でもあるのです。

総連の方でも 韓国籍・日本籍に帰化している方も多く 【身分証明書・パスポート】を【朝鮮】に決定している方々を日本人が 正しく知ること!では おそらく不可能でしょう。

朝鮮学校に通っている お子さん達は何の罪もありませんが  主体思想の教育により 年月を重ねるにつれて確実に 日本を憎む若者が育っている!ことも事実なのです。

>その後、、、、、この日本政府のやり方が『余りに非民主的で強引なので、、、、』

これも正しくないと思われます。 その当時在日の方々は選択することができたのです。  

一つお願いがございます。どうか 正確な情報を得て知ってほしい!!と心から願っております。 

最後のところ→>金正日現北朝鮮政権はアフガニスタンのタリバンと同じなのですね。

イスラム教であるアフガニスタンのタリバンとは 北朝鮮は全くの別々の存在であり、同列で考えることが出来るものではありません。こうした解釈は非常に危険で残念なことと思います。

韓国では新婚旅行のメッカ (逝きし世の面影)
2010-03-01 09:21:40
あぁ そっかさん、済州島は日本に例えるなら米軍基地の無い沖縄県みたいなものらしいですよ。
そういえば沖縄でもカジノ構想が持ち上がっていますが、アメリカなどではカジノとはインデアン居留地のような砂漠で使い道の無い(人間の居住に適さない)土地の有効利用の方法らしいですよ。
『賭博と売春は猥雑な大阪が引き受ける』?橋下大阪府知事
2009年11月02日 | 地方自治

基本的に貧困が生むビジネスの様ですが、橋下徹の本音は何処に有るかは不明で、WTC府庁移転の目的も不明。
府庁移転は府議会全会派が反対している部分移転では経費が余計かかる。
ですから実現は無理でしょう。
ところが使い道の無いWTCは既に買ってしまった。
何も無い埋立地に突然突っ立ているので見晴らしだけは良いのでビル丸ごと賭博ビルにでもする心算なのかもしれませんが成功する可能性は限りなく低い。
マイノリティー差別は有る程度は何処にでも (逝きし世の面影)
2010-03-01 10:22:53
ブリッヂさん、『拉致問題にからむ北朝鮮差別』と今までの近隣諸国に対する差別心とは別物であるとの見解は、全く仰られれるとおりで、私も同意見です。
敗戦までの日本は周辺諸国を軍事力で支配していた帝国であったわけで、このような場合には宗主国国民特有の被植民地国の市民に対する優越感と差別意識が有るのが普通のことです。
民主主義の先進国を自認しているイギリスでもアイルランド人(カトリック)に対する差別感は日本以上に厳然と存在しています。
日本では反イギリスのIRAの爆弾テロが有名ですが、真実の姿は全く別で、実はアイルランド人(カトリック)を狙ったプロテスタント過激派のテロ(ヘイト殺人)による犠牲者の数の方が多いのです。
これはアメリカなどでも事情はまったく同じです。
ところが政治的なIRAのテロは報道されるが、差別殺人は報道されないので知っている人は極少数になってしまうが、翻って日本を鑑みればこのような例は全く無い。
国内でもアイヌに対する差別も有るのですから、北朝鮮『差別』はそれほど驚くことでは無いと思いますが、日本独自なのは小泉訪朝以後の拉致問題に絡む問題でしょう。
これは自民党政府とマスコミの共同作業の部分があり、当ブログで何度も取り上げている主題であるメディア・リテラシーの問題で、プロパガンダの『真実の一部を真実全部であると誤解させる』や『価値観(優先順位)を狂わせる』の手法が使われているのです。
拉致問題は現在03年に突然持ち上がったのですが実は拉致は30年前から存在していたことで当然警察当局や日本政府は知っていた。ところが日本人を救う為に何もしなかったのですよ。
ところが『知らなかった』として突然態度を豹変するわけですが、これは01年に始まるアメリカの対テロ戦争に便乗した悪質極まる政治的なプロパガンダの部分が大きいのです。
日本の極端な右傾化は拉致問題が有り、日本の政治の正常化の為には、小泉首相たちが『何をやったか』を明らかにする必要が重要なのです。
今の日本の左翼(共産党や社民党など革新勢力)のように『北朝鮮が悪い』で済ませられる問題ではない。
ピッコリーナさん、はじめまして (逝きし世の面影)
2010-03-01 11:02:12
コメント有難う御座います。

『金正日現北朝鮮政権はアフガニスタンのタリバンと同じ』との表現は、
今までの歴代日本政府が『北朝鮮』に取ってきた現実無視の不公平で不誠実な差別的態度を指していますが、
別な意味で、アメリカ国務省は北朝鮮の現金正日政権を共産主義政権ではなく特殊な儒教的カルト宗教の政権で有ると判断しています。
流石に情報組織(諜報網)が日本の桁違いに発達したアメリカだけは有ると感心する分析で、日本のインチキ臭い拉致報道とは大違いですね。
日本と北朝鮮との間には如何なる窓口も、何のパイプも存在していませんが、名目的には戦争状態に有る米朝の間には数々の窓口が有るのです。
ところが日本は『都合の悪いものは無かったことにする』方法で、日本の如何なる法律も北朝鮮なる国家は何処にも存在していないのです。
我が日本国の法律的にはアニメ戦艦ヤマトの『イスカンダル』も『北朝鮮』も同じ様に『この地球上』には存在していないのですよ。
そして中井拉致担当相は如何なる北朝鮮との接触も絶対に許そうとしないのですから、タリバンと何とか接触して連立政権まで模索しているアフガンの現カルザイ政権なんかとは大違いで、その意味では北朝鮮とタリバンとは違うことになります。
今の日本政府のように『北朝鮮が悪い』とだけ言っていたのでは何の解決方法もありません。
地政学的に隣国は選べないのですよ。
拉致問題を含む全ての問題の解決の出発点は、北朝鮮と言う国家が朝鮮半島の38度線以北に存在している事実を日本が認めることでは無いでしょうか。?
今のような態度では解決するものでも解決しません。
腐知事の本音 (あぁ そっか)
2010-03-01 19:12:25
>基本的に貧困が生むビジネスの様ですが、橋下徹の本音は何処に有るかは不明で、WTC府庁移転の目的も不明。

この点では、既に咲洲のATC(アジア太平洋トレードセンター)建設や、古くは関空・六ヶ所村の再処理工場等・・・また震災後の神戸産業都市構想にまで「米ベクトル社」が参入してきていることから、この米国軍産系ゼネコンどもが裏で手引きしているのだと推測しています。
橋下腐知事は、小泉・竹中と同じ正真正銘「売国奴」でしょう。

ベクトル社は、現地のプロジェクトが後に破綻しようがそんなことお構いなしです。世界銀行傘下の[投資紛争解決国際センター(ICSID)]を利用し、絶対に損しない仕組みを作ってから参入するのです。
イラクの現状にせよ、ボリビアの上下水道高騰による政府軍暴動鎮圧騒動にせよ、この米企業が世界でやっていることは、「グローバル詐欺事業」と呼ぶに等しいでしょう。

同和利権との近すぎる関係 (逝きし世の面影)
2010-03-02 11:26:45
橋下徹大阪府知事ですが、何処までが本気で何処までがパフォーマンス(演技)なのかの区別が難しい。
本人にも両者の区別が付いていないのではないでしょうか。?
色々な発言ですがその時々のその場の思いつきで発言しており何かの信念が有るわけではない。
光市事件の弁護士懲戒処分請求などは代表例で、弁護士で有る橋下に自分の主張が通れば刑事弁護士が誰もやれないことを良く知っている。
だから自分では懲戒請求なんかは絶対にしない。
ただ同和利権だけは別で、これは橋下徹の信念で有るらしいのです。
橋下徹大阪府知事と同和利権の闇
2010年01月10日 | 部落解放同盟

表面に見えている部分以外の、この知事の闇の部分は深いですね。

コメントを投稿

東アジア共同体」カテゴリの最新記事