逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

とうとう始まった閉店売り尽くしセール

2021年11月16日 | SARS-CoV-2と情報戦
極悪利権集団「感染症ムラ」の悪だくみ 謎の抗原検査あげ11月15日NHK(ニュースウオッチ9
 
何度でも言います。 抗原定量検査は、RT-qPCR検査より1000倍は感度がわるい。 抗原定性検査(迅速検査キット)は、さらにそれより感度がわるい。 NHKニュース、謎の抗原検査あげ
デマニュース。 RT-qPCR、45分です。 NHK、いいかげんにして下さい。 感染拡大を助長し、人が亡くなることに加担しないでください。何の利権か存じませんが、デマニュースもたいがいにして下さい。 

PCR検査、1年以上前から45分、しかも唾液で出来る
《覚えていてほしいこと》
抗原定量検査の検出限界はCt値~30(感染症研)。
https://niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2502-idsc/iasr-in/10464-496d03.html RocheとAbbotの抗原定性検査の感度。Ct値~25で偽陰性~10%。
したがって 抗原定量検査の感度はRT-qPCR検査の1/1000程度。 抗原定性検査の感度はRT-qPCR検査の1/30000以下。
思ったように、抗原定量検査の機器や試薬が売れないのでしょう。空港の検疫には、入り込みましたが。百害あって一利なし、です。

《覚えていてほしいこと》
抗原定量検査: 機器:~2000万円 試薬代:100回分60万円 感度:RT-qPCRの1/1000程度 処理速度:~100検体、~1時間
RT-qPCR検査 機器:~400万円 試薬代:100回分10万円 感度:抗原定量検査の1000倍 処理速度:~100検体、~1時間

空港の検疫で抗原定量検査を実施しているのは、意味がわかりません。(★注、処理速度は同じだが機器は5倍、試薬は6倍高くて、検査の精度は1000分の1なので日本の水際作戦はダダ洩れ)
明らかに日本では抗原定量システムをSARS-CoV-2検査システムとして売りたい人たちがいるのですよね。 そのために最初はPCRが貶められ、さすがにそれが無理になってくると奇妙な抗原検査揚げ。 ある程度儲けたでしょう?もうやめてくれませんか? 命が大事です。パンデミックに科学的に対応しましょう。
 
(川上浩一のリツイート)
あれ? 抗原定量検査の方が機器も試薬代も高い。 知らなかった。 PCRの方が高いと思っていた。 つまり、抗原定量検査、高かろう、まずかろう。PCR、安かろう、上手かろう、ということじゃないか。
 
「抗原定量検査」と「PCR 検査」の比較、今迄知らなかった自分も悪いが、未だに抗原定量検査を勧めるかのやうなNHKも酷い。PCR 検査を一貫して抑制してきた政府(の関係者?)と分科会専門家の責任は重い。昨夜のニュース9では「PCR は検査士の熟練が必要で簡単に増やせない」と。自動検査機あるのに。
 
非科学的反PCR検査論には、まあ抗原定量検査になんらかの利権が絡んでるからなんだろうなあ…としか考えられないですよね。つくづく日本の科学的防疫を阻害しているはこうした拝金と権力遊戯の精神障害の共有だと思います。呼吸器の感染症よりむしろずっとそっちの方が深刻だとも。
 
大問題ですね。「抗原定量検査は、精度は高いとされる。宝の持ち腐れ」と明確に報道しました。ニュースウォッチ9を観て、今お伝えしようとしていたところです。
 
訂正放送はしないのか。 おわびはしないのか。 NHK、デマニュース呼ばわりされているが、どうする?
 
このデマは酷い。しかも、精度は高いと「される」と責任逃れの姿勢。 報道機関ならちゃんと調べなさい!医療に関わる事に平気でデマを流すなら、他の普通のニュースなど全く信頼に値しない。あり得ない。
 
信じられない。 国民の多くの命を脅かしかねないミスリードニュースを堂々と流すなんて。 もはや公共性がないどころか有害性も甚だしい。
 
うっかり信じるところでした。一般に出回る抗原検査と違い、「抗原定量検査」はPCR 検査に匹敵する精度だと。私の素人忖度は続く、「空港検疫は抗原検査でも、その精度の高い抗原定量検査だったのね」と勝手に安心。NHK 酷いニュース流すのですね!その目的は?
 
NHK必死だな~、空港の抗原検査がまさかザルだなんて放送できないのだな。だからといってデマはよくない。
 
え!命に関わるコロナウィルスの検査の情報や使用の決定が、そんな金勘定でなされるのですか⁉︎しかもNHK が誤情報を堂々と流すとは‥信じられない思いです。この情報を放送しろとの決定は、どこの誰が決めたのでしょう。政府のコロナ対策が科学的判断でなされない国ならではの出来事と思える。
 
アベスガ国会答弁の殆ど捏造に近い編集も悪質ですが検査についての虚偽報道は人命に関わるだけに更にタチが悪いです。なぜこの時期に。検査キットが売れてないのでしょうか。
 
NHKは訂正放送をするべき。そして何を根拠にこのような間違った報道をしたのか明らかにするべき。少し調べれば間違いだと分かることをなぜ公共放送が公共の電波で放送したのか。このままスルーは許されない
 
第一報からずっと疑ってた。無症状者への無料検査拡充は抗原定量なんじゃないかって。 ここへきて馬脚が国営放送からも現るとはね。
 
コロナ禍からもうすぐ2年。15000以上の命が失われ未だ後遺症に苦しむ人がいてるなか、NHKは相変わらずPCR検査デマを流し続ける。 もう国営放送の看板を下ろしてほしいです。
 
本邦の空港検疫のコレ、マジで意味不明なんだよなぁ… 当初は 「PCR検査は時間が掛かるから」って話だったが 現実的には 「PCR検査でも時間は掛からない」 しかも 圧倒的にPCRの方が判定精度が高い それなのに 頑なに富士レビオの抗原定量検査に固執する 結果的に 本邦の空港検疫はザル状態
 
いつまでPCR検査から逃げ回るのでしょうか、日本は。この新型コロナ感染症から仮に逃げられても、次の未知なる感染症に関して世界中で日本だけがウイルスの同定に失敗しますよ。だって基本のキの字であるPCR検査という「公衆衛生の為のインフラ整備」が整っていないのですから。他国は整えましたので!
 
厚労省が公にしている内容がそもそもおかしいということですよね。ならばNHKはおかしな内容を公にしている厚労省を徹底して批判すべきですよね。調べもせず厚労省のいうがままに発信するなど、ジャーナリズムとしてあり得ないと思います
 
あらゆる意味で、抗原検査を使う必要がない。 でも空港はもともとPCRだったのを抗原に変えて今もそのまま。 書類だの隔離だの無意味に面倒にすることだけ熱心で変異株は入れまくり。 これに普通に怒れる社会にならんといかんよ。

謎々効果(ファクターX)のある日本人にこんなに強いワクチンは要らないです。 死なない為、重症化しない為でしたら、謎々効果覆域国ではシノファーム(従来製法の中国製弱毒ワクチン)のような弱い安全なワクチンでも良いのではないかと思います。 勿論、国内治験は必須ですが。
ドイツのmRNAワクチンCureVacが治験でコケたのは、用量を下げて毒性を並のワクチン程度にしたら効かなかったですから。
恐らくですね、ファイザーやモデルナの様なmRNAワクチンは毒性が強過ぎて二度と緊急使用許可すらされないと思うのです。殆ど緊急時のどさくさでしたから。本来100倍余裕を取る毒性発揮用量を接種していますものね。 ですから、当分第一世代ワクチンを使い続けると思います。
合衆国は本邦の20倍くらいコロナで死んでいる訳で、そうであっても数ppmの接種死亡を許容できないとして接種による致命率を下げる努力をしている。 要するに厚労省と翼賛医者の考える受益と損失の比較考量は一桁以上甘い。 そういう論旨を一貫して主張してきている。(★注、コロナ死者が少ない台湾ではmRNAワクチン副反応死者の方が多いとの恐ろしい計算があるが、コロナ致死率が大阪府の100分の1の鳥取県で感染者のうちワクチン2回接種完了後に感染する「ブレークスルー感染」の割合が64・3%に上ったと発表。それなら鳥取県のmRNAワクチン副反応死者数がコロナ死者数を上回っていると思われる)

mRNAワクチンは、変異に合わせて塩基配列を変えれば変異アミノ酸を認識する抗体が作られ、どんな変異株にも対応できる、というスマートさが最初の"ウリ”のワクチンだったはずなのに。 いつの間にか、従来のものをとにかくどんどん何回でも接種すればいいという”質より量”の話になりました。どうして?(★注、製薬会社が変異前のウイルス用の旧式ワクチンの在庫を大量に抱えていて、仕方なく性能が悪いことを承知で打ち続けている?)
ブレークスルー感染と一言で片付けられていますが。 そもそも今打ってるmRNAワクチンの塩基配列は、どの変異株にも一致していないのですよね。(それでもある程度は効く、ということで打っているわけですが)

mRNAウイルスのエイズ(HIV)ワクチンは30年経っても作れない

不安定な一本鎖で短時間で変異することが最大の特徴のmRNAウイルスの新型コロナのワクチンは通常とは大きく違い「標的のウイルス」が次々変異するので、製薬会社は仕方なく桁違いの強毒性にした結果、副反応の強さだけ突出するように作られた超手抜きの粗悪品だった(★注、それなら最初から接種後の大量死亡とブレークスルー感染と追加接種は予定通りだったのである)

新型コロナワクチン接種率がG7トップに 国際統計でカナダ抜く 11月16日TBSニュース

mRNAワクチンのメリットは大量生産だけで、まさに ”質より量”B29の無差別絨毯爆撃と同じ仕組みなので巻き添えで大勢の非戦闘員(無関係な一般市民)が死ぬようになっていた。
G7で日本だけマスコミの信用度が飛びぬけて高い原因とは、世界に例が無いクロスオーナシップと記者クラブで同一内容をすべてのメディアが挙国一致で流すから→善良だが愚かな日本人は「正しいだろう」と勘違いする体制翼賛会もどき。(★注、日本人は国内と外国の報道とを比較検討する習慣が無いので騙し放題になっている)
ガラパゴス日本政府厚労省検討委翼賛御用学者などのPCR検査抑制論を批判しているが治験中のmRNAワクチンの危険性には目をつぶる上昌弘とは違い川上浩一は当初は「ワクチン接種はメリットが大きい」の立場だったが現在は懐疑的というか、やっと今まで前例がない世界で初めてのmRNAの胡散臭さに気が付いたようです(★注、ただし川上浩一は何時ものように一番重要な部分は叩かれないよう1回限りで、大量の抗原検査批判Twitterの洪水で胡麻化している)
そもそも短時間でも制作が可能な治療薬が無いのに、長期間の安全審査が必要なワクチンが有るなど物事の順序が完璧に狂っている。実はアビガンやイベルメクチンなど特許が切れた安い薬の審査を徹底的に妨害した結果、→コロナの「治療薬が無い」ことが→危険性を無視したワクチン緊急承認の口実だった。治療薬が有れば、治験途中の危険なmRNAワクチンは承認出来ないのである。(★注、その意味で厚労省「医系技官」は一応辻褄が合っているのである。本当に腹が立つ)
現在公表されているワクチン接種後死亡1325人でコロナ死亡数の1割近い猛烈な強毒性ワクチンには呆れるや驚くやら。あり得ない数字なのである。


子宮頸がんワクチン、8年ぶりに積極勧奨再開 自民の一部「性の乱れ」と抵抗、コロナ追い風に

2021年11月13日 東京新聞
HPVワクチンを巡っては2013年、接種後に原因不明の歩行困難や強い疲労感を生じた女性たちがメディアで報じられ、社会問題化。定期接種開始から勧奨が2カ月で止まった。
(抜粋)
HPVワクチン接種とは無関係に3分の1にまで激減していた子宮頸がんが2000年を境に増加に転じているのですからHPVウイルスやワクチン接種とは別の原因が考えられる。
そもそも、歴史上初めての癌のHPVワクチンもmRNAウイルスの新型コロナワクチンも同じで、今まで誰一人成功していないのである。
何れも世界初めての実権的試みであり、たぶん強欲大手製薬会社とWHOなど世界権力が二人三脚で地球規模で行った特殊詐欺である。あるいは一か八かの大博打である可能性が高い。(★注、歴史上いずれも人類が初めて経験する出来事なのですから、普通の大人の常識の範囲ならワクチンが成功する可能性は限りなく低い)
本庶祐のようなノーベル賞学者でも成功率は1割以下だと言われてのですから実験的で金儲け優先。異論を封じる強権的な仕組みの新コロワクチンもHPVワクチンも成功率は多分ゼロ。ワクチン接種で得られるメリットよりも強毒性ワクチン接種による副反応のリスクが遥かに大きいと予測できる。

奇妙な新コロ騒動勃発から2年弱、とうとう始まった売り尽くし「閉店」大バーゲン(粗悪品のぼったくりセール)

川上浩一が指摘するように世界で初めてのmRNAワクチンは通常の弱毒性ワクチンとは違い遺伝子解析で即座に変異に対応して新しく作り替えれる利点がある。ところが政府や製薬会社は変異株に対応するのではなく在庫ワクチンを「質より量」で3回目接種を実行するらしい。多すぎる副反応を丸々無視するのも問題だが、なんと、mRNAワクチンの最大の利点を完璧に忘れている。

店じまいの叩き売り。ただし通常の安売りではなく定価での押し売り

困ったことに、正体不明の新コロ騒動のどさくさに紛れて評判が悪すぎて誰も利用者がない富士レビオの抗原定量検査キットや、もっと評判が悪い(★注、日本の産婦人科医が患者には薦めても自分の娘には打ちたくない)HPVワクチンなど不良品(医薬品)の在庫一掃セールがはじまったのでしょう。これ以上に恐ろしい無責任無道徳で迷惑極まる話はない。2021年09月05日 | SARS-CoV-2と情報戦 
四半世紀で1/3に減っていた子宮頸がん

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 突出する大阪(維新)のコロ... | トップ | ポリティカル・コネクトネス... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (柿ノ木潜蔵。)
2021-11-16 18:58:10
①ワクチン開発には莫大な費用がかかる。
②ウイルス感染後にワクチン接種しても効果はない。
ワクチン詐欺がバレだして、製薬大手は治療薬にシフト? (ロハスな人)
2021-11-16 21:23:31
メルク社やファイザー社の後発の新型コロナ薬よりは
(ノーベル賞受賞大村教授開発の)イベルメクチンの方が『作用機序が多く』、『有効性も高い』そうです。
※そして、安全性は数十年、数十億人の方の使用で証明済みです。
 もちろん、『圧倒的に安価』です。

という状況にも関わらず、マスメディアはイベルメクチンは無視して、メルクやファイザー社の新薬のみを取り上げます。

ジェネリック主体で、マスメディアに広告費が流れないイベルメクチンと『マスメディアの大スポンサーの製薬企業』の薬では扱いが全く違いますね。
同じく『大スポンサーファイザー社のワクチン』の扱いも…❓

https://twitter.com/covid19_medical/status/1453348229186142210?s=20
☆COVID-19 薬コロナ治療薬情報(イベルメクチン)
@covid19_medical
2021年10月12日、東京都医師会記者発表
"メルク社やファイザー社が開発した薬もあります"
"それらは、1つの標的に限定された1つの作用機序しか持っていない"
"イベルメクチンには他にも多くのメカニズムがあり、メルク社の50%に対し、70~80%の有効性があります"
閉店売り尽くしセール (現田石)
2021-11-17 22:11:17
現田石です。
閉店売り尽くしセールは、資本主義経済で正常に起こる現象でしょう。しかし、売れない製品の通常の安売りではない定価での押し売り、これは資本主義経済の破壊行為で、公正な取引が認められないような資本主義は長く続かない。
とはいえ、防衛装備品の世界では、長く、日本が喜んで購入するようにすでに慣らされている。しかし使わなければ不良品であることが分からない兵器しまった防衛装備品と、人間社会の公衆衛生活動は、はっきりと違う(かも知れない)。
資本主義の黎明期、176年前の英フランクリン隊全滅の悲劇 (宗純)
2021-11-18 09:01:37
世界で初めての産業革命に成功した七つの海を支配するイギリスは、ヨーロッパからアジアへの最短ルートの北西航路探査のフランクリン探検隊(乗組員129人)は全滅するが、その2艘のうちの1艘で、カナダ北部のキングウィリアム島沖のビクトリア海峡の海底に原形をとどめた状態で横たわっていたのを170年ぶりに発見する。
探検家のフランクリンと冒険家植村直己、戦場ジャーナリスト橋田信介
2014年09月18日 | 社会・歴史
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/d32756e9be7d87498092e3c9f58b6329

ブログ記事には書かなかったが食料が尽きたフランクリン隊が全滅する原因が本国イギリスで積み込んだ缶詰に肉ではなく石が入っていたために、乗員全員が餓死したらしいのですよ。
食べれないインチキ缶詰をイギリス海軍を騙して売りつけたのですから無茶苦茶。ほぼ未必の故意の殺人事件ですよ。まあしかし、アメリカが日本に売りつける第三次世界大戦用のハイテク兵器も原理は同じで、「使うとき」は日本人絶滅を予定するトンデモナイ代物。
飢餓に陥ったフランクリン探検隊は最後は人肉まで食べていたらしいのですから恐ろしい。

この人でなしの強欲な極悪極まる缶詰会社ですが、北西航路に出発したフランクリン隊がイギリスには帰れない(全滅する)と予想したので、わざわざ肉ではなく缶詰に石を入れた偽缶詰を制作したのですが、まさに死人に口なし。完全犯罪を狙った悪だくみなのですが、死亡した隊員たちは記録を書き残している
その後イギリスの強欲資本主義は終わるどころかアヘン戦争など世界中で荒れ狂う。今回の正体不明の新コロでのmRNAワクチンの強すぎる副反応なんか、最初から織り込み済みなのですから、ほぼ食べれない石入り缶詰と同じ発想です。
異なる思想を一切認めない暴力 (セコイアの娘)
2021-11-18 09:06:20
結局、戦争は儲かるということですね。
パンデミックという擬似戦争で大儲けしたビッグファーマ達のおこぼれにあやかりたいと蠢くオケラ供。
もう、私はそんなオケラ達がどうのこうのという話はどうでも良くなりました。
NHKもテレ朝も、フジも、全部同じです。全く持って戦時下のプロパガンダ報道。ちょっと脳みそ使えば、嘘だということがバレバレなのに、平気で毎日繰り返す洗脳報道。
今、注意すべきは、戦争でおこぼれに預かりたいオケラどもの動向ではなく、日本でも密かに進行中のワクチンファシズム。多様性と言っておきながら、異なる思想を一切認めない暴力。ワクチン証明がなければ会社にも行けない、医療も教育も受けられない、外食もできない、買い物にも行けない。
コロナ騒動にもし隠されたアジェンダがあるとしたら、これです。抵抗する人間を力ずくで排除し、シープルのみ生かしておくこと。
欠陥抗原検査と欠陥ワクチン (ローレライ)
2021-11-18 10:02:03
ガラパゴス日本では、欠陥抗原検査でコロナのザル検査して欠陥ワクチンの配給をする!

コメントを投稿

SARS-CoV-2と情報戦」カテゴリの最新記事