逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

官僚制度は日本の最大の問題点か?

2009年05月03日 | 政治
『官僚制度の問題点』

今の日本のキャリア官僚に問題が有るのは事実ですが、ただこの事に対する全てのマスコミの主張が余りにも横並びすぎる。
官僚の不祥事が、これでもかこれでもかと全てのマスコミから色々と指摘されて、今では日本の官僚に問題が有るのは誰でもが知っている。
みんなが知っている同じ事実が繰り返し繰り返し報道される。
この事実から、考えられる事は『本当に官僚が最大の問題である』場合ですね。

それが事実であるなら、日本のマスコミは至って健全で、最大の問題点を探し出して報道する事を使命とする社会の木鐸ですが、果してそうだろうか。?
どうも私にはそのように楽観的(肯定的)だと到底思えない。
特に最近のマスコミ(十数年前くらいから)は日本の全てのマスコミが横並びで、どのチャンネルを回しても同じニュースしか流さなくなって久しい。
20年ほど前なら皇室報道は日曜日の朝日系の放送ぐらいで、見たい人は見るし見たくない人は見なくても済んでいたが、今では毎日同じニュースで何処を回しても同じ顔が映されている。
何で幼児がお遊戯した事がニュースになるのですか。?少し昔なら有り得ない話ですよ。
常識有るはずの大人たちが、子供に対して最大限の敬語を使い、ニュースにもならない事をニュースとして報道する。
本当にメディアが『生まれながらに尊い人』の存在を認めるなら、それと同時に正反対の『生まれながらに卑しい人』の存在も認めることになるが、マスコミも一般市民もその事実に気がついていない。

それにしてもこの放送の極端な均質化は何を物語っているのでしょうか。?
今私達が不偏不党の公正なマスコミ報道だと思っているものは、実は何時の間にか北朝鮮のピョンヤン放送と同じ様な国家によるプロパガンダ(宣伝・広報のたぐい)になってしまっていて、知らないのは国民ばかりで、63年前に先祖がえりしているのではないか。?
マスコミが極端な横並びで劣化しだした10年ほど前から、日本の社会は確実に悪くなっています。
これはマスコミが社会の木鐸ではなく。国家のプロパガンダの道具に成り下がった結果ではないでしょうか。?
それなら今のマスコミの官僚叩きは、日本社会の健全化の為ではなく、其れ以外の全く別の可也邪まな目的が有ることになる。

日本の特色を根本的に破壊した新自由主義の最大の売りは『規制緩和』だったが、『規制』を行う主体は政府であり役所である。
『公』からのあらゆる規制をなくし『私』の絶対的な自由?を確保する事が『善である』とする新自由主義は『改革とは規制緩和の事である。』かのように主張していた。
そして、特に新自由主義小泉改革の小さな政府(規制緩和)に対しての最大の障害は日本の官僚制度だったために、新自由主義から目の敵にされた事実がある。
既得権などの利権を含め、何かを守り維持する役目の官僚制度が新自由主義の最大の敵でもあったので、マスコミからの総攻撃に遇っていたのでは無いだろうか。?
近日の北野誠永久追放やスマップの草裸報道の顛末を見ると、マスコミが正常であるとは到底思えない。

『矢張り最大の問題は政治』

この官僚問題は、
『官僚制の問題も当然政治の問題ではある』(政治的に解決し得るし、また解決すべきである)に尽きる。
まあ、確かに今の政治家は能力も気力も格段に高級官僚から見たら見劣りしていて、 例えば外務省なら、トップは政治家の外務大臣のはずが実質は官僚トップの外務事務次官が最高権力者らしい事は、両者が争った田中真紀子事件で明らかになっています。
あの時は外務次官も外務大臣も両方共が首で痛みわけの様に見えているが、外務次官は横滑りで実害は殆んど無く生き残り、対照的に田中真紀子は大臣の首だけでは済まず訴追されている。
政府省庁のトップは大臣ではなく事務次官(官僚)である事は事実のようです。
まあしかし、外務省だけは例外で官僚トップの外務次官以上に、外務次官経験者が必ずなるポストであるワシントンに居る駐アメリカ大使が外務省のトップの最高権力者で有ると噂されていますが。
基本的には官僚制度と言うよりも政治問題(自民党による一党独裁?による国家の私物化)ですね。
ところが、政治家が余りにも力が無さすぎるので、官僚におんぶに抱っこ状態でひとり立ちできない無能な世襲政治家ばかりが目立つ。
とにかく今の自民党政治を変えないことには、報道されている今の官僚主導の数々の弊害もなくせないでしょう。




関連記事

日本は官僚社会か?  (社会・歴史 / 2009年02月09日 )

コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 続、北野誠の無期限追放と北... | トップ | 菊池 誠に見るニセのニセ科学... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
民主党の言うように (kaetzchen)
2009-05-04 13:44:28
世襲政治家をストップさせないとダメですよ.実際,世襲政治家である鳩山氏や羽田氏自身が痛感してる.

あとはマスゴミが文科系の「事務官」と理科系の「技術官僚(技官や医官)」をごたまぜにして批判しているところが,こいつら何の知識もねぇバカじゃねぇか,とかつて技術官僚経験者の私は思うのです.

面白いことに,官僚の世界も世襲の傾向があるみたいです.私の祖父も警察庁の技術官僚でしたし,大学の同級生の親族や,自分の親戚には自治体レベルも含めて高級官僚が結構いたりする (別れた女房も大阪府の技官だ).でも,よく考えると,国家とか地方の上級職に受かるためには,大学入試のような下らない,分厚い参考書や問題集をそれこそ数ヶ月で暗記してしまうような人間でないとダメ.それこそ大学1年からその手の予備校にダブルスクールして受験する連中なんていうのは受験テクニックしか知らないから,入省・任官されてからボロが出る.(司法試験が典型例)

言ってみれば,親代々のお役人だと嫌でも上記のような2種類の人間に分かれてしまう傾向はありますね.まぁ,結果として後者は「悪代官」としてボロが出ますから,自然に淘汰されていくという見方もできますので,ガタガタ騒ぐ必要はないということですな.後は人事院や検察庁を中心とする「組織改革」の問題でしょう.

知り合いのもと文科省のお役人だった人の娘さんがたまたま法務省へ中級で入って,同じ中級の連れ合いが婿養子に入って同居してたり.孫娘も小学4年になったんだけど,なかなか賢い子で将来が楽しみです.つまり家庭環境も「世襲になりやすい」という一側面を持っておりまして,よく考えたら自分が理数系に秀でていたのも亡き親父の影響かなと思ってたりするのです (語学は伯父だけど).
日本の官僚制度とは何か? (ブログ主)
2009-05-04 16:05:09
日本のキャリア官僚制度の特徴は、理系に対する文系優位だと言われていますが其れは事実で全ての官庁でトップは東大法学部卒で占められて居る不思議な有様になっている。
ついでに、なんと日本の政治家のトップも殆んどが不思議な事に東大法学部卒で、たまに其れ以外の私学の二流大学卒(安倍晋三や小泉純一郎、麻生太郎)は外国留学で箔を付けようとするが、本物ではないので何の学位も取得した例はない様です。

階級制度の発達したヨーロッパ諸国でもキャリア制度はあるが、文系優位ではなく理系の学位がモノを言う。
例えば農水省なら獣医や畜産、農業の学位がいり、厚生省なら医学系の学位がいるし、建設省関係なら土木や工学の学位がないとトップにはなれない。
日本のように、その当該省庁の専門分野を学ばずに一律に法学部卒がトップに座る事が出来るのは『司(つかさ)、司(つかさ)で』の発想が根底にあるだろう。
日本の官僚制度は基本的に中国の科挙や朝鮮の両班の模倣でしょう。
そして何れもこれ等の官僚制度は世襲化が進み、自動的に官僚の特権階級化が起こります。
元々、今ある制度を守り同じ事をする為には科学を基本とする理科系より、現行法を如何にして正しく運用するかの法学部こそが相応しい。
ようは客観的な科学(理系)優先ではなく主観的な儒教的道徳(文系)優先なのですよ。
儒教道徳の基本は権威を如何に守るかと言う先祖崇拝と世襲制で、それなら日本の政治家が世襲制なのも頷けるというものです。
自民党などの政治家は、実は政治家などは殆んど居なくて、その実体は政治官僚なのですよ。
官僚批判に実体も、省庁を牛耳る事務官僚に対する政治官僚(自民党政治家)の仲間内での骨肉の勢力争い的な側面がある。
政治家にも技術屋出身が少ない (kaetzchen)
2009-05-04 18:19:11
私の宝物が「回収された」はずの,田中角栄『日本列島改造論』(朝日新聞社)で,今でもときどきめくっては成る程と思わされることが多かったりする.言ってみれば,私と思考回路がよく似ているんですよね.

田中角栄はどうのこうの言われながらも,独学で専門学校から一級建築士になって建築会社を起こした人物です.建築業界というのは特に高層建築を扱う場合,どうしても億単位のお金が飛び交うから,銀行や暴力団や政治家と関係を持たざるを得ない.これが住宅建設会社の社員なら二階建までなら二級建築士つまり工学部卒程度の資格と経験で,上司の言う通りに仕事をすれば良いだけの話だから,政治家のことなんかはマスコミでしか接点がなくなる.

現在の政治家で技術屋出身と言うと,民主党の次期総理大臣と言われている管氏でしょう.東工大理学部応用物理出身の弁理士つまり特許の弁護士です.鳩山氏を引っ張り込んで民主党の基礎を作った人です.物理学の基本,つまりモノの理が分からん人が政治家になっては国が滅びます.

面白いのが中国です.自ら小学校教員出身で理数系の知識に乏しく,暗記力だけが試されていた中国教育の矛盾を肌で知っていた毛沢東が文革後に進めたのが,事務官僚養成機関である北京大学出身者よりも,技術官僚や工学・農学・薬学・医学の実務家を養成している清華大学の博士号取得者を積極的に登用していることです.私の従兄も北京大経済学部でドクターを取ってますけど,これからは中国も政治は理科系の時代だと力説していたのを覚えています.

# 東大や京大も1学年約3000人のうち1000人以上は工学部へ進学するんですけどねぇ…….< だから柏や宇治へ移転した
コメント有り難う御座います (ブログ主)
2009-05-05 09:35:08
kaetzchenさん。
40年前なら田中角栄を評価するのも良いでしょうが今ではヤッパリ不味いのでは・・・
確かに田中角栄が失脚したロッキード事件は時の首相とはいえ一民間企業にすぎない全日空の航空機選定に職務権限があるとは可也の無理筋で、本命は政商の小佐野賢治ルートや右翼の児玉誉士夫ルートからの海上自衛隊のP3Cオライオンや航空自衛隊の次期戦闘機FXにからむ問題です。
ところが総理大臣の田中角栄は捕まったが小佐野賢治は捜査されただけで逮捕されず有罪でも収監もされなかった。
児玉誉士夫に至っては只の一度も其の捜査さえされませんでした。
この事から判る事は普通の庶民感覚では政治家>企業家>右翼ですが実際には、不思議の国日本国では右翼>企業家>政治家の順番になっているのですよ。

日本の場合の文系といっても文学部と言う意味ではなく法学部のことですからね。
幾等哲学や源氏物語やシェークスピアや旧約聖書に造詣があっても日本社会では学校の教員でもならない限り役に立ちそうも無い。
法学部でもみんなが弁護士や検事や判事になるわけではなく、単なる役人になる為のキャリアにすぎない。
自分で何か新しい事を考えるのではなく、如何に効率よく決まった事を執行出来るかの能力を基準に高級官僚を選ぶなら自動的に法学部出身者になるのは自明の理です。
幾等真面目そうだからと下手に理工学部出身者を選ぶと、理系は科学者の卵なので、『科学する心』を少しは持っているので、なまじ決まっている事を疑ってみたり勝手に変えようとしたりと困った事が起きる。
儒教の基本は決まった事は変えたくない。規則や道徳や秩序や権威は何をおいても大事で美しいのですよ。
だから日本ではトップは法学部なのです。





新星会さん。はじめまして。

>『日本の最大の問題は日本人である。』<

全く、同感です。これが最大の問題点ですが一番難しい。
>『陛下を想う心を取り戻すべし!』<

これにも原則賛成したいが日本の場合には困った事に国家や日の丸君が代を守るとして、一見すると皇室の尊重を唱えている風に見える者が一番皇室を蔑ろにしている現実がある。
右翼は国粋主義のはずですが、日本で国粋主義者は鈴木邦男と平沼赳夫ぐらいで極少数派にすぎない。
疎の他は右翼ではなく右翼モドキの対米従属命の売国奴でしかありませんよ。
今、日本には真っ当な国粋主義の右翼や右翼思想が有りませんね。嘆かわしいことです。

日本には、似非右翼や売国右翼はいても、国粋主義、王党派は育ちませんね。
数年前の園遊会でのこと、
東京都教育委員の米長(将棋連盟の理事長)が今上明仁天皇に『全国の教育現場に日の丸・君が代を普及させるために頑張っています』と嬉しそうに発言する。
これに対して天皇が『強制にならないように』と返事をされたわけです。
この時、慌てふためいた米長がつい本音発言してしまう。
園遊会での米長の反論 。
天皇の『強制にならないように』のお言葉に対して米長は『それはそうですが・・何やらかんやら・・・』早口で弁解していました。
米長は、自分以外の他の人々には天皇への尊敬を強制するが自分は例外らしい。
普通『・それはそうだろうけれども・・・』等の発言は上役が部下に、又は大人が子供に対して言う言葉ですよ。失礼(非礼)にも程が有る。
日本では、天皇に遠い者ほど敬意を持っていて、近い者程其の逆だと言う法則が有るようです。

しかも今上天皇に対する、この米長反論の非礼に対して、怒った右翼が一人もいない。
不思議というか情けないと言うか。
日本人の一人として慙愧に耐えない。あの時ばかりは、左翼を返上して、日本の右翼陣営の建て直しの為、右翼をしようかと一瞬考えましたよ。



当ブログでは未記入ですとUnknownと表示されます。コメントの管理上タイトルが必要で、タイトルも名前も無いもの、あっても通りすがりなどの個人の識別の出来ないも、不真面目と看做したものは原則的に削除して掲載していません。
お手数でしょうが次回からは何でも結構ですからタイトルの記入を御願いします。何卒良好なブログ環境維持の為に、ご協力のほど御願い致します。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

1947年文部省検査済・「あたらしい憲法のはなし」ー憲法、民主主義、国際平和主義、主権在民についてー (未来を信じ、未来に生きる。)
 一 憲法 みなさん、あたらしい憲法ができました。そうして昭和二十二年五月三日から、私たち日本国民は、この憲法を守ってゆくことになりました。このあたらしい憲法をこしらえるために、たくさんの人々が、たいへん苦心をなさいました。ところでみなさんは、憲法と...
「新自由主義のわな」外し、企業の社会的責任を果たすには「人件費」を「人権費」へ (未来を信じ、未来に生きる。)
明日への視点 「新自由主義のわな」外すには 人件費と人権費 友寄英隆 --------------------------------------------------------------------------------  ある大学の経営学部の期末試験の答案用紙に「人件費」と書くべきところを「人権費」と書いた学生が数名あっ...
NO.1127 憲法記念日 各党の態度と志位スピーチ。 (大脇道場)
 いやあ、暇と言うわけじゃないが・・・。今日5本目。(笑) ぎっくり腰寸前で、安静中に付き、ネット周辺にいるとキリがないということが...
「にゃ~2」さまとの出会い その5 (^_^;) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 今日はバイトで疲れたので,また手抜きの雑談,禁断の「ネコねた」です.美爾依さん,あたしは「少女マンガ評論家」じゃないですよ(笑)  んで,先日の「発情期」で,派手にケンカした生傷はずいぶん良くなっていました  携帯電話のカメラを向けると,じっとこっち...
「護憲」から「攻憲」へ (反戦塾)
 「改憲」か「護憲」かの時代は終わった。今、世界の安全保障問題はかつてない蠢動をはじめている。それとは関係なしに自民党の改憲派が動き始めた。安倍元首相とかつての
憲法記念日におもう・・日本国憲法の大事さ! (わんばらんす)
「新憲法制定が自民党の立党の精神だ」             by  自民党の 山谷えり子 元首相補佐官 へぇ~なるほど・・ 出来...
「赤い疑惑」サウンドデモライブ動画 (喜八ログ)
「赤い疑惑」。彼らのことはよく知らないのですが、とても格好いいバカバンドですね。
二〇〇九年度補正予算案に盛り込まれた高速道路整備計画-衆議院で日本共産党の笠井亮議員が追及ー (未来を信じ、未来に生きる。)
論戦ハイライト 東京外環道路 巨税飲む大トンネル 天下り官僚とゼネコン一体 衆院予算委 笠井氏の追及 --------------------------------------------------------------------------------  巨額な税金を投入する不要不急の大型トンネル工事(東京外かく環状道路)は...
内田樹、長谷川如是閑、イエスメン (ろーりんぐそばっとの「ため口」)
そういえば憲法記念日にBlog 内田樹の研究室の 憲法記念日に思うこと 憲法記念日である。 安倍晋三内閣のころ、改憲運動が急であったが、リーマンショック以後の「100年に一度の危機」で、「そんな悠長な話をし...
裁判員制度は実施延期し国民的議論をー衆・参法務委員会で集中審議がされるなど課題浮き彫りー (未来を信じ、未来に生きる。)
裁判員制度 国会審議から課題浮き彫り 守秘義務に懸念相次ぐ 冤罪救済の妨げに/取り調べ可視化を --------------------------------------------------------------------------------  二十一日から始まる裁判員制度について、衆・参法務委員会で集中審議がされるなど...
テレビの右傾化に思ふ。保守と共産の類似と、右派ブームの回顧。 (革命的桜乙女JSSR (JAPAN SOVIET SOCIALIST REPUBLIC) 日本的社会主義の春爛漫画像館)
参照記事:官僚制度は日本の最大の問題点か? 平成日本のよふけだったかで、瀬島龍三大将がゲストだった。 名倉潤がキラキラして瀬島龍三将軍を見つめていた。 しかし名倉潤は知っているかしら。 瀬島龍三氏はソビエト連邦のスパイだった事を。瀬島将軍はシベリア抑....