逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

2039年まで1割が極秘のJFK暗殺資料

2021年12月01日 | SARS-CoV-2と情報戦

余録

米国で「陰謀論」…

米国で「陰謀論」(コンスピラシーセオリー)という言葉が広がったのは1964年だった。前年のケネディ大統領暗殺を受けた調査委員会が政府機関の関与を否定し、単独犯行を認定したことに国民が疑念の目を向けたのが発端という(ランス・デヘイブンスミス著「コンスピラシーセオリー・イン・アメリカ」)

▲理想主義を掲げた若き大統領が一瞬にして葬られ、行き場のない怒りにかられた国民が、あまりの重大さに「闇の権力」が命を奪ったに違いないと信じようとした。当時の識者らの分析だ

▲11月22日で事件から58年が過ぎた。事件資料の9割以上が公開されたにもかかわらず陰謀論がくすぶり続けるのは、国民を欺く壮大なウソを権力が繰り返しついてきたことへの疑念があるからだろう

▲大統領が違法行為に加担したウォーターゲート事件、国家間の裏取引を進めたイラン・コントラ事件、大量破壊兵器情報を操作して開戦したイラク戦争……。陰謀論が後に事実と判明した例はいくつもある▲ケネディ暗殺の残る資料は先月公開されるはずだったが、バイデン大統領が来年12月に先延ばしした。再延期も示唆する。多くが中央情報局(CIA)や連邦捜査局(FBI)作成の資料という(★注、58年後の今も国家機密として公開出来ない1割の中身とは、ほぼ全部がCIAなど諜報機関資料であると余禄氏は密かに指摘していた \(^o^)/

▲調査委員会の結論を覆す資料はこれまで見つかっておらず、未公開資料に隠れた真相が埋まっているとも考えにくい。問題は、半世紀を経てなお公開できない資料が存在する理由だ。それを説明しない限り、陰謀論が消えることもない。

一にも二にも「一般公開」が大原則

大事な部分を太字にすると、全く別の景色が見えてくる。有識者代表である余禄氏は「自分が知っている」ことを悟られないよう韜晦に徹して世間を胡麻化している不愉快なインテリ「知識人」。手品というか詐欺というか当たり前ですが、本来、絶対に隠せないものを必死で隠すので「余計に目立つ」不思議な陰謀論叩き?を偽装する高偏差値のインテリ風「陰謀論」である。オワタ



1400年前の教祖ムハンマド時代を理想とするイスラム原理主義

最も厳格なワッハーブ派のサウジアラビアでの処刑はコーランに則り公開が原則なので広場で大勢の見物人の前で行われるのが大前提だった。「首切り」には当たり前ですがISISイスラム国のように小さなナイフではなく長刀を使うが、一番の違いは「唯一の娯楽」なので公開処刑を事前に宣伝するので広場は大勢の人々が集まっているのである。
アメリカ(ハリウッドかニューヨークのスタジオ)が作った手抜きのISISイスラム国のインチキ画像では被害者はテレビ用にピンマイクを装着し、不真面目にも撮影クルーや見物人が一人もいない百田尚樹「探偵ナイトスクープ」似の腹立たしいヤラセだった。
現在イスラム国の不真面目インチキ画像は全てグーグルが極秘に削除。個人のPC内に保管している画像を誰も見られないよう必死で消して、安倍首相とダビデの星も消したが画像タイトルを残す不思議。(★注、これでは余計に目立つ不思議の二乗?画像とタイトルを同時に消さないとAI
検閲が丸わかり (^_^;)

1963年ケネディ暗殺から58年と2日のタイミング「余禄」コンスピラシーセオリー・イン・アメリカの韜晦

毎日新聞朝刊第一面のコラム「余禄」は新聞社の見解である社説と同じで編集委員クラス以上の幹部記者が書いていると思われるが、今回有料記事に指定せず全文が読める設定になったが、表面的には陰謀論を否定する風を装って、実質的にアメリカの陰謀を暴くとの高等戦術である。

毎日新聞余禄氏は、「事件資料の9割以上が公開されたにもかかわらず陰謀論がくすぶり続けるのは、国民を欺く壮大なウソを権力が繰り返しついてきたことへの疑念があるからだろう」と書いている(★注、うっかり読むと陰謀を否定していると勘違いする。ところが、ゆっくりと読むとアメリカの陰謀を告発するという二重構造)
オズワルド単独(単純な刑事事件)ならケネディ暗殺から58年後の今でも1割近い重要な証拠物件が機密解除になっていない「恐ろしい事実」の説明がつかない。
アメリカが初めて人工衛星を使った世界同時放送で起こった米大統領暗殺は、飲酒だけではなく映画や音楽などあらゆる娯楽を禁止したイスラム原理主義のサウジアラビアを真似た、あたかも公開処刑のように見えた。(★注、世界で初めてのテレビ同時中継なので、普段テレビを見ない人でも全員が注目。そこに飛び込んできたのがケネディ暗殺のトンデモナイ驚愕映像だった)

58年後も大部分が国家機密のCIA資料(1割の非公開部分)

ライフルで狙撃されたJFKの頭蓋骨のレントゲン写真が一枚公開されると、アメリカ最高裁長官の権威あるウォーレン委員会報告など全てのシナリオが根底から崩壊するので58年後の今でも機密なのです。(★注、現在も「1割が機密のまま」というのが、実は一番の機密だったとの考えオチ)
ケネディ暗殺の全ての関係者が死に絶え、極秘機密がすべて解除される76年後の2039年11月22日まで、まだ18年も待つ必要があるが、なんとか頑張って生き延びて、最後に残った1割のCIA資料を閲覧したいものである。自分の予測「国家テロ」が正しかったのか、それとも間違いだったのか。自分の目で確認したいものですが年々衰える健康を考えると段々心配になってくる。(^_^;)

開き直りアメリカ(rakitarouの気ままな日常)2021-11-24 18:36:14

イラク戦争に至っては「ウソ」が証明されても責任追及も戦争裁判もおきない。グアンタナモ始め多くの施設でナチス顔負けの「拷問」が行われた事が判明しても「合法」で乗り切る。そのうち選挙のインチキもコロナのインチキも全て「インチキだったが合法」と開き直るのではないかと思われます。

2021年09月11日 | SARS-CoV-2と情報戦 9・11から20年テロ帝国アメリカの闇

韓国の感染 初めて5000人超える

[速報]韓国の新規コロナ感染者 初の5千人超=重症者も過去最多

韓国の中央防疫対策本部は1日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から5123人増え、累計45万2350人になったと発表した。

1日当たりの新規感染者数が5000人を超えるのは初めて。重篤・重症患者も723人と過去最多を更新した。
12月1日 聯合ニュース

ADE抗体依存性免疫増強

日本とは違い徹底したPCR検査と都市封鎖、軍事政権だった当時に構築された超厳格な行動規制を駆使した韓国ではワクチン接種70%超えで感染者数だけではなくて重篤・重症患者数も過去最多なので間違いなく新コロ死者数も今度過去最多を記録すると思われるが、それなら正体不明の新コロ騒動の「切り札」として鳴り物入りで宣伝したファイザー社などのmRNAワクチン接種の効き目が無かったか効能が極めて限定的「気休め」程度。あるいはmRNAワクチンの副反応としてのADE(抗体依存性免疫増強)が考えられる。そもそもワクチン開発には10年程度の長い治験が必要なのはADEの危険性を排除するためだったのである。
★注、
ADEの詳細なメカニズムについては明らかになっていないが同じコロナウイルスの重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)のワクチン開発で哺乳類の動物実験でワクチン投与後にウイルス感染させると症状が重症化したとの報告がありADEが原因と考えられている。

日本の成田空港や関空とは違い、韓国の仁川国際空港はハブ空港としての役割があり、物流や人の流れが集中するので新しい変異株も最初に入ってくる危険性が高い。

Koichi Kawakami, 川上浩一@koichi_kawakami
·
韓国で流行中のAY.69と日本の第五波後減衰したAY.29の比較(どちらもデルタ 株です)。 AY.69は、遺伝研の井ノ上先生がAY.29の自壊の一因としたA1918V(仮説ですが)という変異をもっていません。 AY.69はヤバイかもしれません。 検疫で絶対日本にいれないようにしなくては。 #空港検疫をPCRに戻して下さい twitter.com/yoshimy_s/stat…
 
最初はPCR検査だったのに、
 
安部晋三首相末期の2020年6月30日まで空港の検疫体制はPCR検査だった。
ところが、2020年7月1日以降、現在の日本の空港検疫は自民党政府(厚労省)によっと感度が桁違いに悪い(検査機器も検査単価も高い)抗原検査に変えられているが、以前のPCR検査なら遺伝子解析を行えるので新しい変異株の検出が容易に出来る利点がある(★注、ただし、当局に遺伝子解析を行う気が有ればの但し書き付き。しかも2020年に感染研脇田隆字は半年も変異株DNA解析の結果発表を故意に遅らせる悪質なサボタージュを行っている)
 

多くの医者って猿山の猿なんですよね。まともな医者の方は、周りがおかしい中、たいへんだと思いますよ。 狭い世界で生きるために、人間の知性や他者への感受性を捨てる。白い巨塔という名作がありました。
引用ツイート
Koichi Kawakami, 川上浩一@koichi_kawakami
 
>医師が必要と認めた場合で本人希望は自費というところがあの辺りの非医師でPCR大好きの方々の気に食わないのでしょう 人間は、「医師」と「非医師」に分かれるのでしょうか? twitter.com/francescodamil…
 
·
各変異株の比較。このサイトは図もきれいで見やすいです↓ CoVariants:https://covariants.org/variants/21K.Omicron オミクロン株。他変異株と比較して全体の変異に対するS蛋白質の変異の数が圧倒的に多い。南アフリカはワクチン接種者の割合は低いですが、S蛋白質に対する免疫を、くぐり抜けて来た感、満載ですね。
 
 
画像

遺伝子解析の専門家川上浩一が(誰にも分からないように)指摘しているが、ファイザー社などのmRNAワクチン接種の結果が→オミクロン株などの新しい変異株が次々出現した可能性は十分に考えられるでしょう。何とも不気味である。本来ワクチン接種の目的は免疫獲得だが、感染予防から短時間で「重症化の予防」に接種目的が変わっている。しかも感染拡大だけではなく死亡者数増加で3回目のブースター接種を言い出しているが、WHOや政府や製薬会社自体が次々変異を繰り返すRNAウイルスと化していた。短時間で大きく主張(言い訳)が変化しているのである。体色を次々変化させる「目くらまし」戦術で生き残ってきたタコやカメレオンと同じ作戦だった。
それなら世界で世界で誰も成功者がいない不安定なRNAウイルスのワクチン開発自体が大失敗。エイズが30年経ってもワクチンが作れないのと同じ理由で、現在の医学水準では不可能だったのである。
 
 
最後の声がヘリの音で聞こえなかったとは。 眞子さんの別れの言葉、ヘリの音で「結局、何も聞こえず」 秋篠宮さま誕生日会見で明かす 「元気で暮らしてくれればいい」ー。誕生日会見で秋篠宮さまは、結婚する眞子さんを秋篠宮邸から送り出した場面のことも振り返られた
 
tokyo-np.co.jp
眞子さんの別れの言葉、ヘリの音で「結局、何も聞こえず」 秋篠宮さま誕生日会見で明かす:東京新聞 TOKYO Web
 
町山智浩
「秋篠宮さまは、眞子さんの複雑性PTSDの原因は「おそらく週刊誌とネットの両方にある」と指摘。 『眞子さまの結婚は、公より私を優先させた』とする批判に対し、それでは『10年や20年たっても結婚できないことになる』と反論」 まったく正論。

日本メディアの忖度(自主規制)が酷過ぎる

「ヘリの騒音」は東京新聞だけ、「20年経っても結婚出来ない」はアメリカ在住の町山智浩だけが指摘。他の大手メディアは怖がっていて書けないというか忖度(自主規制)して皇位継承権第一位の秋篠宮発言を勝手に隠蔽するなど失礼極まる鉄面皮の「思い上がり」には呆れるやら驚くやら。
汚い眞子さまバッシングで部数を稼いでいた右翼ポピュリズムの週刊新潮は「親子の別れ、ヘリ騒音で聞こえず」との新聞広告を行った。眞子様「皇室離脱」(アメリカ亡命)で標的を長女から父親の秋篠宮に変えて、今後も同じ商売(営業)を続ける心算らしい。

米軍ヘリ低空飛行を書けない日本、未曾有の歴史的大災害恐ろしい新コロ告発など「夢のまた夢」
 
町山智浩や望月などのリベラルメディアの正論ですが「間違いではない」が正しくもない。
東京新聞、眞子さんの別れの言葉、ヘリの音で「結局、何も聞こえず」のヘリの所属が何処にも書いていないが、そもそも日本の新聞社の取材ヘリにしろ自衛隊機にしろ人口密集地の都心では明確に航空法に違反するので「何も聞こえない」ほどの迷惑な低空飛行は「出来ない」のである。
それなら消去法で宗主国であるアメリカ軍ヘリしかないが挙国一致「わが身可愛さ」で「黙っている」ヘタレの大本営発表だったとの悲惨なオチ。アメリカは怖いし、たった一つしかない命は誰でも大事ではあるが「生きているものは必ず死ぬ」のである。今のように挙国一致で噓八百を垂れ流す浅まし過ぎるヘタレのマスコミは情けない(★注、「何が書いてあるか」ではなく「何を隠したか」何を書かなかったかが最大のキモ)

金子勝12月2日
【オミクロンに救わせた米国債】
マスコミが突如として洪水のように流したオミクロン株のニュースによって、株価は下落したが、原油価格も安定し、米国債券市場は当面の危機を脱した。現在の世界経済は、考えられないほど不安定で危機的な状態なのだという。(★注、たぶん、これが一番ピッタリの新コロ解説で、感染症ではなくて危機的状態に陥った資本主義のグレートリセットだったとの怖いオチ)
コメント (10)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「報道したくない」不真面目... | トップ | 重大な副反応、ワクチン接種... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ローレライ)
2021-12-01 15:35:56
ケネディ公開処刑をオズワルドによる暗殺と定義するアメリカ政府の強弁政策、日本のなんでも閣議決定で定義する政府のルーツはアメリカだ!
川上氏と韓国のコロナ (財津)
2021-12-01 18:38:00
川上氏はドライブスルー検査など徹底したPCR検査を実施する韓国を絶賛していたはずです。
PCR検査の徹底やワクチン接種の効果は、日本で人口換算すれば15000人以上の新規感染者や100人以上の死者を出している韓国の現実(現在日本の新規感染者は100人台)からはその無効さによって反証されているようです。
 
川上氏自身から自分の主張に反する現実の説明を聞きたいものです。
 
オズワルド以外の処刑人が映ったケネディ処刑画像! (ローレライ)
2021-12-01 19:05:17
オズワルド以外の処刑人が映ったケネディ処刑画像を無視してオズワルド犯人で通すアメリカ政府の鉄面皮政策が継続する中での日本政府のコロナザル検査体制が続く!
世界基準(グローバル・スタンダード)の川上浩一 (宗純)
2021-12-02 08:53:36
全ての数値で日本より優秀だった韓国ですが、現在の感染者も死者数も大きく上回っている。明らかにワクチンの効果が無いどころか、逆にワクチン接種の結果として感染拡大が起きている可能性さえあるのですから恐ろしい。

正体不明、奇妙奇天烈摩訶不思議な、謎の新コロ騒動勃発から約二年。
「お前たちは間違っている」(今までが間違っていた)とのオルタナティブなこの「逝きし世の面影」ブログでは「SARS-CoV-2と情報戦」のカテゴリー記事が136も書いたが、たぶん、一番多いのが日本独自の不思議な破壊的カルト宗教「PCR検査スンナ派についての解説である。
確かに、日本だけが正しくて、韓国や中国アメリカEUやロシアなど、日本以外の世界中が間違っている可能性は有るにはあるが、・・・
普通の大人の常識的判断なら「日本だけ正しいい」可能性は、第二次世界大戦で日本が勝つのと同じで100%無理ですよ。
しかも、日本政府(厚労省)が指導したらしいPCR検査徹底抑制については既に1年以上前に決着しています。

未必の故意の殺人を謝って済ます謎の国策PCR検査抑制
2020年10月29日 | SARS-CoV-2と情報戦https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/4615959283eb367997eb2e65af7d9a8d

感染症対策のイロハのイ。第一歩は検査で、次が隔離で、その次が治療、最後の感染症対策がワクチン接種の順番であることは中学生以上なら誰でも知っている一般常識なのですよ。
ところが何故か完璧に順番が狂っているので人々は大混乱に陥っています。
ワクチンは最後で検査が最初。ところが今回の新コロ騒動勃発では日本だけは検査を妨害してワクチン接種に人々を誘導した。
人々が不安になる最大の原因とは「分からない」ことに尽きるのですよ。危険度が同じでも恐怖の対象が分かってる場合には人々はそれほど怖がらない。

理由は不明だが、たぶん、日本政府は徹底的に検査を妨害することで日本人の不安感を最大限煽っていたのですよ。
ここは何でも書いてよい伝言板でも、子供相手の何でも相談室でもない。ブログのコメント欄で読者が感想を書く場所ですよ。
記事を一切読まず、あるいは読んでも理解出来ない横着ものには困ったものだ。グーグルだけでも300万以上のブログがあり自分の能力に応じた記事を読んでください。他の読者の迷惑です。もちろんゴミ落書きレベルを読まされる私も迷惑です。次回からはご遠慮ください。
南アフリカ+ウィルス= (セコイアの娘)
2021-12-02 09:13:55
私の脳内では、南アフリカ+ウィルスと入力すると、サイマーと自動変換される。(「誰がハマーショルドを殺したか」より)
このドキュメンタリー、陰謀論で片付けるにはあまりにも生々しい証拠の連続であった。
脱線しました。

米国に実質上の政治亡命した日本の皇室の御息女、亡命者というのは、人質という側面があると思います。
アメリカにとって、利益がなければ手助けしない。
アメリカに亡命していた韓国の金大中とかフィリピンのアキノ上院議員 (宗純)
2021-12-02 14:01:04
単純構造(単細胞?)な日本とは大違いで、アメリカは韓国の朴正煕軍事独裁政権とかフィリピンのマルコス独裁政権と敵対する、次のナンバー2の有力政治家を亡命させることで、政権が引っくり返ったとしても、後釜を確保する二面外交(二枚腰)を行ってきたのですが、
皇位継承権1位の秋篠宮の長女で、皇位継承権2位の姉なのですから、亡命者の側面よりも値打ちが高い。もし人質とすれば、これ以上の高位の人物は期待できない。警備費などいくらかかろうと十分元は取れます。

実はハマーショルドは暗殺で有名になったが、この人物は植民地主義に反対したというよりは、アメリカなど帝国主義に全面的に協力したことで人々に記憶されているのですよ。ところが殺されてしまうのですから恐ろしい。

誰がハマーショルドを殺したか
2020年07月19日 | 社会https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/a4f4712708a7bd58653f4588d499b80c

ジョン・F・ケネディにしても同じで清廉潔白の平和の天使であるかの如く思われているが、父親はナチスやヤクザと関係が深いし1960年11月のアメリカ大統領選では不正選挙で共和党ニクソン候補に勝ったインチキを行ったと言われている。
1961年1月20日の第35代アメリカ大統領就任直後に行ったのがキューバ侵攻。米空軍は4月15日に奇襲攻撃でキューバ空軍を壊滅させアメリカ海軍が機雷で海上封鎖を行って、満を持して17日にはCIA傭兵組織を上陸させるが、最後までアメリカ陸軍が動かなかったので失敗したが、責任は全部前政権の副大統領のニクソンにかぶせているが無理がある。赤狩りのマッカーシーやマフィア関係が深いケネディ本人が行ったとすれば、色々な歴史の不思議が案外簡単に解決するのですよ。

そもそもケネディの功績だと言われている米ソデタントもベトナム戦争終結も、すべて実はケネディの政敵だった共和党ニクソンが行ったものですよ。
逆にケネディの方は就任早々のキューバ侵攻や1961年7月のベルリン危機、ベトナムへのアメリカ軍の本格派兵とか、もう少しで人類滅亡につながる危険な米ソチキンレースの最後通牒(1962年キューバ危機)の張本人。危機に次ぐ危機の連続で、この時相手のソビエトのトップが根性なし(ビビリ)のフルシチョフだったから今でも人類が生存しているだけで、第三次世界大戦の核によって石器時代に戻っていても不思議ではない。1979年朴正煕大統領暗殺ではKCIA長官で長年の友人金載圭が射殺するが、韓国の核武装を止めるためだったのではないかと推測されるが、
アメリカも全く同じで、WW3勃発の可能性がある危ないケネディ大統領の暴走を止める目的で、千手をうってCIAやらFBIが動いた可能性が高いのですよ。ケネディが平和の使徒だったというのは神話であって事実ではない。アメリカが平和国家だったというのは神話であって事実は正反対。必ずどこかで戦争を行っている海賊国家で、731部隊の細菌兵器研究を丸ごと引き継いだのもアメリカ軍。正体不明の新コロウイルスも世界で初めてのmRNAウイルスのワクチンもアメリカ製です。
オミクロン株には意味のないブースター接種を日本は継続 (ロハスな人)
2021-12-02 21:00:07
 飛行機に乗る人は全て『ワクチン接種済み』なのに、日本に来た飛行機にオミクロン株感染者がいただけでなく、『乗員全員濃厚接種者』ですか…。

 オミクロン株には『既存のワクチン(ブースターワクチン含む)』は効果がない(恐らくデルタ株が蔓延による有効率40%よりさらに効果が落ちる)…とわかっているから日本政府はこのような行動を取るわけですが、『オミクロン株が急速に感染拡大』している現状で、どうして『オミクロン株に意味のない』ブースター接種をそのまま継続するのでしょうね。

 (変異株のデルタ株が横行する)インドの感染爆発を収束させつつある『変異株でも作用機序的に効果が濃厚な』イベルメクチンに切り替えようとする先進国は皆無ですよね❓!

 (自称)先進国の首脳陣は軒並み『判断力がない』のか、『ワクチン利権(単なる利権では済まない?)が凶悪』なのか、どちら(あるいは両方)なのでしょうね。

https://johosokuhou.com/2021/12/01/53444/
⭐オミクロン株の濃厚接触40人は都内在住!ナミビア外交官から確認、飛行機の同乗者70人全員が濃厚接触者に
2021年12月1日 情報速報ドットコム

https://johosokuhou.com/2021/11/26/53316/
⭐WHOのテドロス事務総長「ワクチンの感染予防効果が約40%に低下している」「接種を完了した人も感染予防策を」
2021年11月26日 情報速報ドットコム

※テドロス氏は『デルタ株の横行で当初95%とか言っていた予防効果(発症予防効果)が40%に下がって、ワクチンは大して効果がない』と言っています。
 これは『ブースター接種が進行中の欧州諸国がむしろ感染が高止まりしている(苦しい)言い訳』をしているわけですね。
一番可能性が高い抗体依存性感染増強(ADE) (宗純)
2021-12-03 14:17:55
飛行機に乗る人は全て『ワクチン接種済み』日本など先進国の大人はほぼワクチン接種が終わっている状態なのですから、
それなら一番考えられる可能性としてはmRNAワクチンによる典型的な副作用である、抗体依存性免疫増強(antibody-dependent enhancement:ADE)

ところがですね。現在のところ誰一人ADEの可能性を指摘していない不思議。普通なら、ADEを全員が指摘しても不思議ではない。
何とも怖い話である。
これは駄目ですね。間違いなく現時点ではADEが広範囲に世界規模で蔓延しているのですが、あまりに怖いので口にすることが出来ないのでしょう。
見ざる言わざる聞かざる「知らぬ存ぜぬ」で押し通す心算なのです。


抗体依存性感染増強(ADE)ファイザー社ワクチン
2021年08月30日 | SARS-CoV-2と情報戦https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/928f242f5a435faaf85d216f1ae564c3

(続)テロ帝国アメリカ(ADE)抗体依存性感染増強
2021年09月14日 | SARS-CoV-2と情報戦https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/447fe31c2b29d7d00e5907316457cb26

正体不明の新コロ騒動発生から2年。とうとう最終段階に到達したようです。
一筆啓上 (ワインとチーズ)
2021-12-03 21:04:09
日本と先進国の違いはPCR検査の頻度ですよね。
ワクチン接種率はあまり大差はない。
ということは、
PCR検査の精度が実際は低いことによって感染者がスルーされていることが第一
日本は集団免疫ができていることが第二
という結論しかないと思うのですが・・・・
素人の思いつきですがコメントしました。
厳しいグーグル八分の結果、普通では検索が出来ないので新規の読者はほぼゼロ (宗純)
2021-12-04 14:41:37
何しろ書いている本人でも過去の「逝きし世の面影」記事が探すのに苦労しているのですから、読者はもっと苦労していると思われる。

数分の一にまでアクセスが激減して、今の「逝きし世の面影」読者は、昔からお馴染みの固定読者に限られているのですが・・・

残念ながら、それは周回遅れどころかスタート地点にさえ立っていません
心底、脱力するコメントです。 オワタ\(^o^)/

>日本と先進国の違いはPCR検査の頻度
だと言うことは、我が日本国は先進国では無いことになりますよ。 (^_^;)

PCR検査は今でも遅れているのですが。日本のワクチン接種率は最初は遅れていたが現在はトップクラス。
ただし、PCR検査数にしろ濃厚接触者の追跡にしろ陽性者の隔離にしろ、すべて段違いに日本は他の先進国に遅れていた。
お隣の韓国と比べて10分の1以下の段違いのお寒い水準で、その結果として新コロ死亡率も段違いに日本が悪い。(韓国が桁違いに良かった)

ところが今回、突然様子が違ってくる。
検査や隔離を徹底していた韓国が日本の数十倍もの猛烈な感染拡大が起きて終ったのですから恐ろしい。
今の韓国のワクチン接種は80%との説があり、それなら断トツの世界一の接種率なのですから、これは一番考えられる可能性としてはmRNAワクチンによる典型的な副作用である、抗体依存性免疫増強(antibody-dependent enhancement:ADE)

>ということは、
PCR検査の精度が実際は低いことによって感染者がスルーされていることが第一

って、
それは2年ほど前の偽装賭博船ダイヤモンド・プリンセスの時のペテン師岩田健太郎の爆笑真っ赤な噓八百ですよ。悪趣味なブラックジョークです。

【悲報】クルーズ船の正体を挙国一致で隠す  (^_^;)
2020年02月10日 | SARS-CoV-2と情報戦
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/98262064dc20305aeaed5ab933c02b84
周回遅れどころかスタートラインにさえ立っていません。
この「逝きし世の面影」記事を1回も読んだことが無いのだろうか?あるいはルパング島の潜んでいた小野さんのように陸軍中野学校の卒業生???

日本政府(厚生労働省)が国策として行ったのが奇妙な「PCR検査精度が低い。感染者がスルーされる」との爆笑物の不可解なプロパガンダ。これに大勢が挙国一致で協力した、まさに「絆社会」で一時は医者の7割が破壊的カルト宗教「PCR検査スンナ派だったのですから情けない。
日本以外では医者は知的エリートだと考えられているが、ガラパゴス日本では知的弱者だったとの悲惨なオチ。これでは基本的に患者は助からない

現在、日本で何が起きているのかは一切不明です。たぶん、資本主義の崩壊過程でのグレートリセットが人為的に引き起こされている真っ最中なのですが、主導しているのが知的エリートであるレベラルメディアなどのエスタブリッシュメントなので我々のような一般市民には最後の最後まで知らされることは無いでしょう。

コメントを投稿

SARS-CoV-2と情報戦」カテゴリの最新記事