逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

「逝きし世の面影」訪問数999万9千人

2022年11月19日 | 社会

「お前たちは間違っている」(今までが間違っていた)とのオルタネイティブな左翼護憲派「逝きし世の面影」ブログ

11月18日(金)トータルアクセス数

  • トータル閲覧数26404712PV
  •  
  • トータル訪問数9999663UU
日別ランキング
226
1839PV |955UU |3135748ブログ中
 
ブログ訪問者が1千万人直前も驚いたが、もっと驚いたのはグーグル八分で検索システムからほぼ完全追放された「逝きし世の面影」ブログの1日の訪問者数(アクセル数)が、とうとう1000人の大台を割って955人になっていたことだった。(記録を取っていないので不明だが、グーグルのアクセス制限が始まる10年前は2000人程度なのですから最低でも10年ぶりの出来事である)

11月19日(土) トータル訪問数10000819UU 

週間ランキング
11月13日 ~ 11月19日
200
17693PV |7953UU
11月6日 ~ 11月12日
147
17321PV |9165UU(★注、少し前に1週間のアクセス数が1万人割れして驚いたが今週はとうとう8千人にも達していない激減ぶり)
 
「一見(いちげん)さんお断り」\(^o^)/オワタ
 
PCやスマホなどでの一般的なインターネットの利用時間帯は勤務時間内よりも夜5時の勤務時間外が増える傾向がある。同じく平日の月曜日から金曜日までより休日の土日にアクセス数が増えるのが一般的傾向だが、検索システムから徹底的に締め出された「グーグル八分」では全てが逆になり「逝きし世の面影」ブログではアクセス数が平日の勤務時間帯が主。(★注、ほぼ読者は「逝きし世の面影」ブログを知っているものだけ限定。固定読者しか辿り着くことが出来ない仕組みだが、一番困るのは自分で書いた以前の記事を自分で探せないこと。14年も続けていると必ず何かの関連記事を書いたことは覚えているのです。ところが何処に書いたか思い出せないので行方不明状態 (^_^;)
銀河鉄道999 アンドロメダ篇
999と言えば松本零士の原作の傑作SFアニメ「銀河鉄道999」が一番有名だが、比叡山の荒法師弁慶が京都五条大橋の上で牛若丸(源義経)に打ち負かされ「刀狩」が挫折するのが999本目の出来事だった。ここまで「グーグル八分」(検索システムからの完全追放)の締め付けが厳しいと、今後の記事の永久凍結(ブログ封鎖)も目前であると思われる。

いつまでも あると思うな「金」と年取った親とインターネット上のブログ記事や画像
 
14年間分の大量の「逝きし世の面影」ブログ記事には駄作もあるが、自分で読み返しても「これは名作だ」と思えるものも少なくない。世界で誰も指摘していな重要な隠された真実を告発していた。Google永久凍結前に失ってはいけない、大事だと思えるものは各自の責任で安全な場所に保存してください(★注、今まで私は一番安全だと思われる「検閲も削除も不可能」誰も手出し出来ない自分の脳中に保存しているのですが、これがものすごい速度で日々失われているのですから恐ろしい。トホホ  (^_^;)
 
ブログ主が思いつくまま勝手に選ぶグーグル八分「逝きし世の面影」ベスト記事
 

石破茂閣下発言「命令拒否は死刑か懲役300年」を断固支持 2013年07月20日 | 政治

『軍隊と警察の違いとは』
一般の日本人全員が混同しているらしい軍隊と警察の相違点ですが、法的・政治的あるいは概念的、理論的区別はどこにあるのか。実はどちらもマックス・ウェーバーの国家の定義である『正当な暴力装置』なので、この部分だけなら少しも違いが無いのである。
日本など先進国は一つの例外もなく警察は文民である。
ところがアジアアフリカなど治安が良くない国では『警察軍』として軍事組織の国も多いし、先進国でもアメリカの沿岸警備隊(日本なら海上保安庁)は陸海空海兵隊の4軍と並ぶれっきとした5番目の軍隊である。
日本の海上警察である海保の巡視船は活動範囲が南鳥島とか沖ノ鳥島のような数千キロ離れた離島も管轄している関係で1万キロ以上の航続距離がある。
特に海上保安庁が保有する世界最大の巡視船 しきしま7,175 tは35mm連装機関砲を装備し20,000海里(37000キロ)を無補給で航行が可能。他にも航続距離12,000kmのジェット機も保有しているので装備では弱小国の海軍よりも強力であるが、それでも海保は軍隊とは違い警察組織である。
軍隊と警察を分ける一番の違いとは、実は今回の石破茂閣下の指摘した『命令拒否は死刑か懲役300年』(軍法会議)の有る無し。外見上は似ていてもクジラとジンベイザメが全く違う生き物である様に、軍隊と警察はこの部分が決定的に違っている。
文民である警察組織では上官の命令拒否は、公務員なので最悪の場合は懲戒解雇で年金とか退職金の受給資格を失う程度。同じ『命令拒否』でも扱いが警察は追放(無罪放免)で、軍隊は死刑か懲役300年と、『罪と罰』の関係が天と地ほど真逆に違っているのです。(★注、世界で唯一タイトルだがグーグル八分なのでネット検索では絶対に出てこない記事の筆頭がこれ)
 
『不思議な国旗から見えてくるアメリカ合衆国のもう一つの姿』
記事上↑に掲げた不思議な旗は、1776年7月4日『アメリカ独立宣言』前後の1775年12月3日から1777年6月14日までの1年6ヶ月間使われたアメリカ合衆国旗(グランドユニオン旗)であるが、何と、イギリス東インド会社の社旗と同じだった。
唯一の違いは合衆国旗が左上カントン部分のユニオン・フラッグ(英国旗)がストライプ7本分(赤線4本白3本)でやや縦長で不恰好に見えるが、これは英国旗を何故か90度回転させて仕舞い、カントンの縦横の配置を逆にした為である
いかにもバランスが悪く不細工な記事上↑掲載の一番最初のアメリカ合衆国旗に対して、元となったイギリス東インド会社旗はカントンの大きさがストライプ6本分(赤線3本白3本)で、現在の星条旗(the Stars and Stripes)とまったく同じ配分になっている。

ジョニー・デップ主演で大ヒットしたハリウッド映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の敵役はイギリス東インド会社なのですが、不思議なことに何処にも社旗であるグランドユニオン旗が出てこない。
映画に出て来るのは大きなVに小さなoとcをあしらったイギリス東インド会社のロゴマークだけなのです。(しかもイギリスでは無く、オランダ東インド会社で「国名」が完璧に間違っている)
他愛の無い娯楽映画なのですから時代考証が間違っていても一向に構わないのですが、それ以外でも同じ扱いであるから面白い。
歴史教科書から世界のニュースまで、ありとあらゆる全ての公の映像の中では、不思議な事にイギリス東インド会社旗(グランドユニオン旗)が出て来ない。
もちろんイギリス東インド会社旗とそっくり瓜二つの初代アメリカ国旗の、不都合すぎる映像も公的な場所では出て来ないのである。
宗主国からの独立(植民地解放?)の美しい神話のアメリカ合衆国旗と、悪しき植民地主義の象徴的なイギリス東インド会社旗。
180度反する両者が、同一のグランドユニオン旗を使用していた歴史的事実は正義のアメリカとしてはイメージが悪すぎる。
不都合なアメリカの歴史を何とかして隠したい。誰にも知られたくないのである
 

富士と農兵と三島女郎衆、150年後の従軍慰安婦問題 2012年01月06日 | 文化・歴史

『禁欲的なキリスト教文化、性に大らかな日本の伝統文化』
『不倫は日本の文化』の石田純一ではないが、我が日本国は欧米プロテスタント道徳のように『性』は禁忌ではなくエロには寛大だった。
子孫繁栄とか交通安全、村の守り神としての道祖神は男女の交合だし、もっと露骨に男根や女陰そのものを御神体とする神社や山ノ神の信仰は日本の全国各地に広く分布している。井原西鶴の『世間胸算用』が描く熊野比丘尼は女性宗教者というよりも売春が主であり女郎衆に近い。
ノーエ節で有名な三島女郎衆の起源は古く、秀吉が小田原北条氏攻撃に際し全国から動員した大勢の将兵の休養目的で(秀吉の命により)遠く京、大阪から女性が三島へ集められ慰安所が建設されたという。
東西を結ぶ東海道と南北を結ぶ下田街道・甲州道との交差する位置にあった三島宿は江戸日本橋から数えて第11番目の宿駅で三嶋明神の門前町として古くから栄えていた。
富士登山の富士講の精進落としの場所として三島女郎衆の価値は高く三島宿よりも有名だった。
今でも女人禁制の大峰山のような日本独自の古くからの山岳信仰(修験道)には『精進落し』と称する売春(遊郭)と宗教行為とが一体となった制度が密かに行われている長い伝統がある。
ギルガメシュ叙事詩の神殿娼婦は2000年程前、性を忌避するキリスト教の隆盛と共に滅んだが、キリスト教と関係が薄い我が日本国では極最近まで滅びることなく続いていた。
日本の宗教行事として一番歴史的に長く一番人数的に盛大に全国規模なのが『お伊勢参り』であるが、これは現代の海外への団体観光旅行と売春ツアーのさきがけ的な仕組みがあったのです。
『売春』を抜きにしては、実はお伊勢参りは語れない
有名な伊勢神宮の参詣には伊勢古市の遊郭がセットであったように、日本では常に『聖』(信仰)と『俗』(猥褻)とはコインの裏表の様な、渾然一体で分かちがたい親密な関係だったのです

咸臨丸と清水の次郎長 2014年01月14日 | 社会・歴史

『世界一不思議な日本のヤクザ事情』
警察資料が何故か外部流出して、暴力団との親交を理由にタレントの島田神助は芸能界を追放されている。
暴力団対策処置法等は存在するが、日本では暴力団は基本的に合法で、その意味では健康に害がある依存性薬物の『煙草』と同じような存在である。
WHO推計値によると2005年の日本で喫煙による死亡は男性163,000件、女性33,000件。
神助がヤクザと付き合って芸能界を追放されるのであれば、同じように煙草と関係したタレントを全員追放しないと整合性が無い。
ちなみに世界中で暴力団が合法化されているのは日本一国だけの椿事。
街中に組の事務所の看板が堂々と掲示されていたり暴力団構成員が組織のバッジを胸に付けて組員であることを誇示していても逮捕されないのは日本だけの特殊な話であり、他国では全く類似例が無い。
現在日本国が行っているヤクザの合法化とは、世界から見ればヘロインやコカイン、覚醒剤などのハードドラッグの解禁と同じなのです。
我が日本国ですが空前絶後。絶対に『有り得ない』無茶苦茶な理屈である。

国会早口言葉(^_^;)今日、共謀罪、強行採決 2017年06月15日 | 政治

『世界の趨勢に一人抗って暴力団非合法化をしないで放置する摩訶不思議な日本ムラ(存在してはいけない危険なガラパゴス島)の特殊すぎるの実態』

『ケイマン島など米英アングロサクソン系のタックスヘイブンの弊害よりも深刻な日本国だけの「ヤクザ・ヘイブン」の危なさ』
今のように悪魔の碾き臼新自由主義によってヒト・モノ・カネが自由に国境を超えるグローバル化した世界では、日本一国だけが共謀罪や参加罪(結社罪)が無い(暴力団が合法で捕まらない)と、タックスヘイブン(租税回避地)のカリブ海にあるイギリス領のケイマン島やバージン諸島のように、世界中からマフィアやメデジン・カルテル幹部など外国の犯罪組織が日本列島に集まる可能性まで生まれている。
日本以外の国なら山口目6代目組長司忍は即座に警官隊が出動し逮捕拘留しているし、警察力が弱い国では軍隊が動員される。ヤクザ合法化の日本だから唯一例外的に捕まらないが、まさにタックス・ヘイブンならぬ『ヤクザ・ヘイブン』だった。
(テレビのニュースでは暴力団事務所の家宅捜索時に組員が妨害したり警官に暴言を吐く映像が普通に流れている。ところが、外国なら現場にいた全員が逮捕され厳罰に処されるし日本国のように少しでも抵抗する素振りを見せれば即座に射殺されるのが国際基準。日本ではヤクザ『犯罪集団』と警察やマスコミ・政治家がズブズブの関係なのです)

世界一安全な国、日本の最良証拠主義 2022年02月21日 | 社会

最良証拠主義とは、裁判手続において「最良」の証拠を提出・取調べすべきであるというルールである。

何を「最良」とするかは各国の法制度により異なる。

英米法

英語ではBest evidence ruleといい、証拠は本来オリジナルを提出するべきで、それが不可能な場合に複写物がオリジナルに代わって許されるというルールである

日本における最良証拠主義

刑事裁判

証拠収集を主に検察側が行い、そのなかで、被告人を有罪にするために必要な証拠のみを裁判所に提出すればよいという考え方のこと。(有罪の証拠しか出さないので、日本国では99・9%必ず有罪にある)

アポロ14号飛行士『アメリカは宇宙人を隠ぺいしている』?? 2008年07月30日 | アポロ11号・宇宙開発

『宇宙からの帰還』
月に行ったアポロ飛行士たち皆が、地球に帰還後、人生航路を大幅に変更、狂わした。
それは月に行った者(月を歩いた飛行士)のみで、月を周回した宇宙飛行士には変化が見られないのは注目すべき特徴である。
宇宙で神に出会った、月で神の臨在を感じたジェームス・アーウィンはハイライト教会というキリスト教カルト団体の会長として、世界中を歩いて布教を行なって、トルコのアララト山標高5165mに旧約聖書に記述されているノアの箱舟を探しだそうとしている。
チャールズ・M・デュークは、ウルトラ超保守派のキリスト教宗教家となった。 
エドガー・ミッチェルは、超能力研究所を設立。自ら所長におさまった。宇宙船と地球の間で、テレパシーの実験を行なった。
アラン・ビーンは宇宙絵画家になった。ドン・アイゼルは平和部隊に身を投じた。もっとも信心深かったバズ・オルドリンは、精神に異常を来して長らく入院。アル中や薬物中毒から家庭崩壊へと進んでしまう。
 
『アポロ計画と、疑似科学との親和性』
不思議と、彼らが異口同音に言っていることは、かなりインチキ臭いニューサイエンス理論(疑似科学)と合致している。
月を歩くという特殊な宇宙体験が何をもたらせたのか? 
先端科学の諸分野の最高峰的な人材だった彼等が、何故にこれほどまでにオカルト染みてくるのか。?
極度の精神的ストレスによる重圧や、或いは耐えられない精神的抑圧への自己防御としての精神的逃亡なのか?
宇宙旅行による酸欠、または酸素濃度の過剰から来る物理的な脳細胞の損傷なのか。?
酸素濃度からの幻視体験とか、興奮状態からくる精神の変容なのか。?

ある脳の部位からの共通の信号?などと考えるよりも、薬物(覚醒剤)を使ったオウム真理教のマインドコントロールに酷似しているようにも見える。
 

アポロ11号飛行士の1970年謝罪会見 (^_^;)  2019年04月09日 | アポロ11号・宇宙開発

50年前の最新技術『人類として最初の「月面の第一歩」アポロ11号飛行士たちの苦悩と挫折』
Apollo 11 Press Conferenceとのタイトル(YouTube ユーチューブで現在も公開中 )で、人類最初の月面軟着陸の翌年の1970年にアメリカ政府(NASA)が主催して一般公開したアポロ11号の3人の飛行士がアメリカ国内で、大勢の人々を集めて記者会見(質疑応答)を行っていた。ところが、何かが変である。
彼等3人の様子が明らかに可笑しい。
『人類史上初めて』アメリカと言うよりも世界の歴史に名を残した英雄たちの凱旋時の記者会見ではなくて、ほぼ食品偽装の船場吉兆の謝罪会見の様な不可解で異様な雰囲気(緊張感)なのである。(1時間半もの長時間の吊るし上げ状態)(★注、2008年当時は月周回軌道アポロ8号までは真実だと勘違いしていたが、全部が噓八百。人類は一度も地球の引力圏から脱出していなかった。月からのリターンはソ連中国の2カ国だけで米は丸々インチキだったとの悲惨なオチ)

第2次大戦の結果を受け入れる以外の最善策はあるのか 2011年02月19日 | 政治・外交と天皇制

『ソ連参戦と原爆についての日本人が持っている、根本的な勘違い』
第二次世界大戦終結直前の原爆には根本的な勘違いがある。
一つはアメリカの原爆攻撃の直後に日本がポツダム宣言を受諾した為に、『原爆と終戦が何か関連している』との誤解ですね。
そしてアメリカは一貫して『戦争終結に果たした核兵器の威力』を強調しているので、これに影響されて日本でも久間防衛大臣の『仕方が無い』発言が生まれる。
しかし、アメリカのトルーマン大統領の主張が正しいと仮定するなら、原爆被害者の皆さんには不謹慎だが日本人全体から見ればヒロシマナガサキの原爆とは『人類への犯罪行為』などではない。アメリカの原爆投下は、正反対のキリストの磔刑のような『日本人の救いの神』であり、『正義の行為』と解釈出来るのですよ。
まさに手品(錬金術)なのです。
事実はソ連軍対日参戦を聞いた日本は即座にポツダム宣言受諾を決意したのです。
アメリカには降服しても良いが、何としてもソ連軍にだけは降服したくなかった。
1945年の敗戦は今では大分昔になりましたが、それでも記憶している人々はまだまだ生き残っている。
今では遠い昔の歴史でしかなくなっているが1945年当時では、皇帝一族全員が処刑されロマノフ朝滅亡の1918年は直ぐ昔の記憶で、27年前の忘れるはずが無い生々しい事件だったのです。
戦争開始時点から日本軍には二正面作戦を行う実力はなく、ソ連軍が参戦すれば即座にポツダム宣言を受諾することは、アメリカ(ルーズベルト大統領)はその事実を良く知っていた。

歴史的な米朝会談「目玉」はWフリーズ 2018年06月13日 | 東アジア共同体

11ヶ月前の中露共同声明の『北の核ミサイルと米韓演習のモラトリアム「相互凍結」(ダブル・フリーズ)で決着した歴史的な6・12米朝対話』
史上初めての米朝対話の直後、一人で記者会見したアメリカのトランプ大統領は調印した共同声明の文章には無かった米韓合同軍事演習の凍結を明らかにする。
世界史の転換点、シンガポールでの史上初めての北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長とアメリカのドナルド・トランプ大統領による米朝首脳会談(6月12日)の成功を中国やロシアは即座に大歓迎する声明を出している。
核兵器を保有するインドやパキスタンも今回の米朝和解を『東アジアの平和に貢献する』として歓迎している。これとは対照的に今までトランプ大統領を散々批判していた欧米のリベラルメディアとか米民主党、日本のマスコミ各社などが『内容的に曖昧だ』とか『核廃棄の時期が示されていない』など大いに不満であるが、何んとも『致し方ない』成り行きなのである。
去年の7月4日(アメリカ独立記念日 Independence Day、1776年アメリカ独立宣言)にロシア訪問中の中国の習近平とプーチンは北朝鮮の核のモラトリアム(凍結)と共に、米韓軍事演習の停止(ダブル・フリーズ)を提案したが、同じ日の北朝鮮ICBM発射実験で日本の政府やマスコミが大騒ぎして、大事な中露共同声明は無視される。
ところが、米朝の首脳同士で密かに決めたWフリーズは、驚くべきことに1年前のプーチンと習近平の共同声明と同じだった。(蚊帳の外は日本だけ)

「ふしぎなキリスト教」不思議な橋爪大三郎 2013年06月26日 | 宗教

『なるほど。!そうだったのか』
ユダヤ教とキリスト教の摩訶不思議な関係ですが、これは同一宗教内どころか同一宗派内の宗門と信者組織とで、池田大作の『有る無し』の違いだけで30年間も見苦しい血みどろの抗争を繰り返している日蓮正宗本山(宗門)と創価学会との仁義なき抗争とそっくり同じ構造である。
どれ程奇想天外な手品でも、ネタ(原理)が分かって終えば『アホ臭い子供騙し』に、騙されていた人々が驚く。

『池田大作より他に神はなし』日蓮正宗=ユダヤ教、創価学会=キリスト教であることが理解出来れば、キリスト教に疎い我々日本人でも『ふしぎなキリスト教』の数々の謎が簡単に解明できるでしょう。

ネット選挙より明らかに危ない郵便投票 2020年11月23日 | 政治

国政を含むすべての選挙でID一切不要、選挙管理委員会など当局による規制がユルユルの13州(グレイ。民主党系) 180度逆に写真付きID提出必須の18州(ダークレッド。共和党系)連邦国家であるアメリカでは軍事と外交以外の内政問題では、たとえ国政選挙であっても州政府の権限が大きく各州がバラバラの選挙制度を持っていた

クリミヤ戦争とナイチンゲール伝説 2020年05月12日 | 軍事、外交

クリミヤ戦争が持つ恐ろしい宗教戦争の側面を隠蔽したナイチンゲール伝説
美しいナイチンゲール伝説は、今も続く欧米の恐ろしい戦争プロパガンダ(世論誘導、情報操作などの宣伝戦)の匂いがプンプンするのである。
人間なら誰しも大失敗は語りたくないので負けたロシアがクリミヤ戦争を他に比べて扱いが小さいのは頷ける。ところが、戦争に勝った英仏伊トルコ連合側も同じくあまり語りたくないのがクリミヤ戦争なのである。(★注、過酷な異教徒支配からの解放とのロシアの言い分は普遍的で今でも通用する)
出来る限り忘れたい西欧の嫌な(不正な)宗教戦争の記憶の代替品(間違いに誘導する赤いニシン、スピンコントロールとか猫だまし)が、たぶん美しいナイチンゲールの伝説なのでしょう。

前日夜に全員逃亡していた東電職員や家族 2018年12月28日 | 放射能と情報操作

『東電が逃げた3日後、被災した一般市民を見捨てて、一目散に逃げる自衛隊』
今回の『東電職員や家族が前夜に全員逃亡していた』との、何んとも腹立たしい前双葉町長の井戸川克隆さんの発言ですが、3・11原発事故の直後の4月初めに録画されている類似体験のビデオ画像が存在している。 『池田香代子ブログ』の2011年10月22日記事「原発てんでんこ」? 補遺で紹介されている双葉町の福島第一原発20キロ圏内の住民のインタビュー動画
東日本大震災 福島第一原発元モニターからの証言 
長い1時間近いビデオ映像ですが、テレビでは絶対に流れない種類の話ばかりで、我々が知らない3・11当時の原発事故時の驚きの生の体験が聞けます。
ひたすら真面目に行動する一般市民と、対照的に呆れ果てて言葉も無い百鬼夜行の浅ましすぎる東京電力や自衛隊。
誰よりも原発に詳しい東電社員やその家族は一般市民に避難指示が出る1日前(3月11日夜)に事前に全員が避難していた。
東電の逃亡は11日夜だが、3号基が大爆発した14日昼からは、避難民の車で大混乱する道路をサイレンを鳴らして、一般車両を強制的に排除して救助に来た筈の自衛隊の車列が、市民の避難を妨害して優先して全員が逃げていた。
 

軍や政府当局発表を信じる日本人、信じない韓国人 2013年02月10日 | 政治

沈没した韓国軍哨戒艦天安現場状況説明会を早々と打ち切り、走り去ろうとする艦長チェ・ウォンイル中領(中佐)の車両を、『逃げ出そうとしている』と見て取り囲む天安乗員の遭難者家族。
政府やマスコミ学識者などの権威を『偉い人は見え透いた真っ赤な嘘をつくはずが無い』(バレた時に恥ずかしいからとの理由で)との一般常識に惑わされて、政府などの『当局発表』を丸ごと信じる傾向が強い日本人では滅多に見られない光景である。

日本や欧米リベラルメディアや有識者(知的エリート)たちの偽装(隠蔽)工作

♯プリウスミサイル 列車やF35まで逆走 2019年06月05日 | 社会

EDR(イベント・データ・レコーダー)は、車載型の事故記録装置でエアバッグ等が作動するような交通事故において、事故前後の車両の情報を記録するために、エアバッグの電子制御ユニット(ECU)に内蔵されている。

(★注、3年前の記事ではマスコミの東京池袋「上級市民」騒動は自動車メーカーのEDR隠しではないかと書いたが、実はその1年前にトヨタ高級車レクサス東京渋谷の類似事故(元東京地検特捜部長石川達紘弁護士は暴走時78歳)が起きていて、その隠蔽工作だったとの腹立たしい顛末が発覚する)何かでメディアが大騒ぎするとは別の問題を隠蔽する最良の方法だった

オバマとIS(イスラム国)とPC(ポリコレ)(3)2020年07月02日 | 軍事、外交

『テレビスタジオ的なISISの人質脅迫ビデオの出来上がり』

アメリカ人ジャーナリストの人質ですが、拡大すると何とテレビ撮影用のピンマイクを装着している。
これは基本的に偽造映像である。
本物のサウジアラビアやISISの斬首は『見せしめ』とイスラム原理主義過激派の唯一の『娯楽』が目的なので、大勢の見物人の前での公開処刑が原則である。
ISISのビデオのように非公開では見せしめにも娯楽にもならない。ただし、現地での本物の斬首刑は公開でも、その映像を外部に持ち出すのは御法度であり、ISISのようにネットで世界的に公開して大宣伝するなど狂気の沙汰である。(間違いなく、何か別目的の政治的なプロパガンダの一種である)

ISIS「イスラム国」が制作したネット上にある(みんなが騒ぎを忘れたころに、密かにグーグルなどが世界規模で非公開にした)見物人が無い映像は、本物とは全てが逆さまであり、そもそもがインチキ映像なのです。


コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 新コロ (SARS-CoV-2)第8波到来 | トップ | 「民衆の声は神の声だ」 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ローレライ)
2022-11-19 14:18:01
安倍晋三暗殺は,日本の韓国宗教に乗り取られた日常を明らかにした!

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事