逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

公安(警察庁警護室長)演出サスペンス

2022年09月22日 | 政治

衆人環視の中で、真っ昼間に死体が歩く恐怖の奈良西大寺駅前の怪

参院選の応援演説をする安倍晋三元首相(左奥の演説台上)。四方を車道と歩道に囲まれた特異な場所だった。この写真が撮られた約1分後、銃撃事件が起きた=奈良市の近鉄大和西大寺駅前で、久保聡撮影 (安倍応援演説では事前に統一協会が動員をかけたのに、・・・あまりにも少ない聴衆の人数)

警察(マスコミ)発表の真っ赤な嘘

毎日新聞奈良支局久保聡撮影の画像にはガードレール内の「安倍殺し」の警護現場で、一番左側に黒いスーツ姿の私服警察官一人が後ろ側を見張っている姿がハッキリと映っているのである。警察やマスコミの発表でも殺人で現行犯逮捕された元海上自衛隊員は1分以上かけて南東側バスターミナル歩道から車道に出てゆっくりと演説場所のガードレールに近づく姿が記録されている。

しかも、動画で確認すれば誰でも気が付くが、この後ろ側を監視する私服警官は最初から最後まで一貫して後ろだけを見続けていた。一瞬たりとも「一回も前を見ていない」のである。(★注、8月25日の警察庁発表では「警備陣は全員前だけ注視していて、後ろ側を見ていなかった」ので大失敗したとの爆笑「事故報告書」の記録を書いている)

テレビや新聞などで公開された公安警察(警察庁)の公式報告書では「奈良県警の大失敗で警護人員の全員が前しか見ていなかった」(後ろを見ていないので後ろから近ずく容疑者に気が付かなかった)なる現実の話とは180度逆の妄想世界が誰一人批判しないので、マスコミでダラダラ垂れ流していた(★注、もちろん久保聡は「警察は後ろ側を見ていた」とは一言も書いていないが、「動かぬ証拠」として記事に添付した写真に写っている)

久保聡

1999年4月入社。2020年4月から奈良支局。地方自治体や行政関連の不正・不祥事への取材も長く、「貧困ビジネス」との言葉が生まれるきっかけとなった生活保護費の不正受給問題や、紀美野町(和歌山)の巨額裏金問題などを特報。自治体や国などへの情報公開制度を利用した取材は20年近く続けている。

安倍元首相銃撃事件 「記録しなければ」動いた体=久保聡(奈良支局)


コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日朝平壌宣言から20年目の... | トップ | 西ウクライナのナチ似ゾンビ集団 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
途中まで本人協力の暗殺劇転じた暗殺? (ローレライ)
2022-09-22 14:48:53
途中まで本人協力の暗殺劇転じた暗殺事件が推理される、途中まで生きていた安倍晋三暗殺事件!
あの金正男暗殺事件に似たような手口の暗殺事件が推理される!
『至近距離ならガス銃で可能』?? (ルンバよりは賢い積り)
2022-10-01 22:29:19
 阿修羅掲示板でのコメント欄への書き込み「命を大切に思う者」さんのものから。(この人は海外で拳銃発射を体験しているとのこと)
 「ガス銃なら音はしないだろうけど、弾が軽くて速度も遅いから、遠くから撃ったら、風で流されて当たらないし、当たっても首の骨で跳ねて心臓に届くまで突き進めない。首から心臓までは様々な組織が横切ってるから、それら組織を突き破って行かないと心臓まで届かない。」
 この方はその後「ガス銃の線はないと思う。」と書いているが、内容を素直に読むと『至近距離ならガス銃で可能』とも読むことができる。鬼塚友章奈良県警本部長が最有力の下手人でしょう。
http://www.asyura2.com/22/cult42/msg/459.html
後から見ると「救命がやりにくいようにセッティング??」 (ルンバよりは賢い積り)
2022-10-02 11:58:31
PRESIDENT Online 2022/07/11 13:00 の記事を今頃見ています。あとから見ると「救命がやりにくいようにセッティング??」してあったようにも感じてしまいます。
医療体制が機能しにくい場所と時間を選んでいる??と。
ーーーごく一部引用ーーー
「奈良県には3次救急医療機関(重篤な患者に高度な医療を提供する機関)がいくつかあるが、元総理の緊急治療だから、県内トップの医療機関に搬送しようということだろう。大阪の病院に移送したら、奈良県のメンツにも関わりますから」(先の奈良県医療関係者)という見方もある。

病院到着まで50分近く経過…
県内トップの医療機関なら安心というのも、“常識”を踏まえての判断だろう。だが、救急車到着から、途中ドクターヘリを使い、病院到着まで50分近くが経過していた。

「撃たれた後、10分以内に止血をする必要があった。経験が豊富な医師なら適切な止血ができたはず。止血によって大量の出血を防ぎ、脳の血流を途絶えさせず、脳を麻痺させない措置ができていれば、一命を取り留めた可能性があった」(同熟練救急医)

困難を可能にするための2つの方法
そのための治療にはエクモ(体外式膜型人工肺)の活用が必須だ。エクモは新型コロナ感染症の重症患者の治療で有名になった医療機器で、こうした大量出血の治療にも威力を発揮するという。

緊急治療を可能にするには2つの方法があるかもしれない。1つは、現場から近隣の医療機関に運び、そこにエクモがなければ、急いでそれを配備する。経験のある専門医がその医療機関に合流して治療を応援する。

安倍元総理を50分近くかけて移動させるのでなく、医師や医療機器を移動させて治療するという方法だ。
ーーーー引用終わりーーーー
https://president.jp/articles/-/59491
アベ国葬義での19発の空砲 。山上達也の2発を入れると合計21発の祝砲 (宗純)
2022-10-02 15:03:28
銃の反動は発射される物体の反作用なので、弾丸の重さと速度に比例します。
何も発射しない空砲は、火薬が空砲の底を押す力だけになり反動が無い。元海上自衛隊員の山上哲也容疑者の手製銃は大きな音と煙で驚かす目的の空砲だったので撃った時の跳ね上がりが無かったことはビデオ画像にハッキリと残っている。発砲に耐えれる強い銃身の製作は鉄棒の真ん中を刳り貫いて作る。ところが、ホームセンターで売っているパイプは鉄板を丸く曲げて溶接したもので強度が圧倒的に劣っていて発射時の衝撃に耐えれない。
しかも、撃たれたはずの安倍晋三が顔色一つ変えず普通に自分の意思で演説台を助けなしに降りていた

安部晋三の死因は体内で起きた「大量出血」での失血死

銃撃直後に即座に現場に駆け付け安部晋三の救急救命処置を行った内科クリニック院長によれば、ほぼ即死状態「心肺停止」(体内で起きた「大量出血」での失血死)なのです。
この事実は安部晋三の担ぎ込まれた救命的開胸手術を行った奈良県立医科大学附属病院教授も、その直後の奈良県警の司法解剖の検視の結果とも一致しているので間違いない事実であると思われる。
普通に考えれば1995年のオウム地下鉄サリン事件直後の國松警察庁長官銃撃事件のようなレボルバーのローレルロイスと言われる超高級品の狙撃用ハンターマグナムとホローポイント弾で暗殺された。(国松長官は3発命中し、手術中に何度も心肺停止したが辛くも一命をとりとめる)ところが今回は國松警察庁長官とは大きく違い、困ったことに弾丸が消えていた。弾丸が無いと銃撃事件とは言えません

しかも、弾丸が見つからない以上の一番の問題点とは、銃弾の射入孔が何故か不明なのですよ。県立医大教授も司法解剖でも不思議なことに傷の位置の説明はあったが、大きさ(弾丸の口径)の説明は一切無い不親切。安倍殺しの合図に自作銃の大音響と大量の煙が出たのは事実だが、銃撃で殺されているケネディ兄弟の暗殺とは全く別の「正体不明」の謎の凶器が使われているのですから不気味。

しかし、左肩に小さな血が滲む程度なのですから、それなら銃弾の傷口の大きさ(射入孔)が少し太めの注射針程度の大きさなのですから、銃撃事件だったなら、自動的に弾丸の口径とは注射針と同じだったとの不可解な話になる。これだけ口径が小さいとほぼ殺傷能力が無い
ところが、鎖骨下の大動脈切断やら心臓壁に大穴を開ける恐るべき桁違いの破壊力を持っていたのですから???謎が謎を呼ぶミステリーホラー
これはもう池波正太郎が描く鍼灸医の藤枝梅安の針か、それとも必殺仕事人の飾り職人の秀の焼き入れ処理の簪しか凶器は有り得ないことになります。

物理的に重い銃弾が発射できないので、空気銃は距離があると殺傷力がありません。安倍晋三が演説台を自分の足で普通に降りていることから、この時点ではかすり傷も受けていないことは明らかだが、その後ガードレール内にいた刺客が何かの方法で体内で大量出血を起こして失血死させた。弾丸が金属なら見落としをするはずが無いが、これが液体やら気体なら見つけられない。厚い鉄板に音速の3倍の超高速の水を吹き付け切断するウォータージェット加工とかCO2レーザー加工など未知の殺害方法だったとすると、血が滲む程度の小さな傷口でも体内を大きく破壊して殺すことが可能でしょう。何れにしろ元警察庁警護室長の鬼塚奈良県警本部長の「お目こぼし」が無いと不可能です。間違いなく安倍殺しは国家権力を超える一大イベント。マジシャンの疋田天功も真っ青の衆人環視の中のイリュージョン。

これ、現行犯逮捕された元自衛官による殺人事件での裁判がもしも行われたら、別の真犯人が出てくるか山上哲也容疑者が不審死するとか、今よりもっと大騒ぎになります。現在逮捕された山上容疑者が何も喋らない(あるいは喋ってもマスコミが報じない)が裁判開始なら弁護士が黙っていないし、そもそも刑事裁判は公開で行われます。裁判でもしも山上容疑者が自分が殺したと認めるなら警察庁も警視庁も地元警察も自民党もマスコミも、ひょっとすると破壊的カルトの統一協会も、その統一協会被害者の山上容疑者など関係者の全員がお友達で、みんな仲良くグルで行った挙国一致の共同謀議ですね。そもそも統一協会・勝共連合と政府自民党のズブズブの関係は半世紀も前から続いている腐れ縁。知らなかった人が知らなかっただけ。今の様に大騒ぎする方が不思議なのですから、全部が猫だましの赤いニシン。知的エリートの八百長プロレスですよ。
いまは騒動に紛れているが、目的は全く別だと思われるのです

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事