逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

放出された総量に差がなかったフクシマとチェルノブイリ

2017年10月19日 | 放射能と情報操作
『霞が関「かけかくし」 加計文書の開示は選挙翌日の23日』2017年10月17日 田中龍作ジャーナル
政府に対して行った加計文書開示請求で、内閣府と文科省が「10月23日に開示する」と回答した。10月23日は衆院選投票日の翌日である。
23日は文科省の大学設置・学校法人審議会が今治・加計獣医学部の認可答申を行うのではないかと目されている日でもある。ドサクサに紛れての情報開示だろうか。
安倍政権にとっては都合の悪い情報がどこまで開示されるだろうか。
(抜粋)

【速報】加計学園獣医学部、23日にも認可 同日に孝太郎理事長が記者会見2017年10月16日 田中龍作ジャーナル
政府関係者によると、文科省の大学設置審は衆院選投票日翌日の23日にも加計学園・岡山理科大学獣医学部の設置を認可する方向で最終調整に入った。
同日中に加計孝太郎理事長が記者会見を開く。
獣医学部をめぐっては、建設費の水増し請求やバイオハザードの危険性が指摘されているが、衆院選の圧勝を受けて安倍官邸が力でウヤムヤにすることになる。
加計学園は経営悪化で極度の自転車操業となっており、もし獣医学部が認可されなければ倒産するものと見られ、加計理事長から真相を喋ることを恐れた安倍官邸が文科省に圧力をかけて設置を認可させた。
(抜粋)



『ダブル猫だまし』

猫だまし的『国難突破』総選挙の投票日の翌日の10月23日の加計学園の認可ですが、これ自体が多分『猫だまし』、赤いニシン(間違いに誘導する偽の手がかり)だったのである。
まったく同じ日付(10月23日)で、フクシマの小児甲状腺がんの福島検討委発表も行われるが、これの煙幕でしょう。隠したいのは安倍晋三首相のモリ加計疑惑ではなくて、日本国にとってもっともっと重大な問題である福島第一原発事故による放射能の深刻すぎる被害なのです。
日本医師会が会員の現役医師には無料で配布する(定価5500円で販売もされる)『環境による健康リスク』2017年10月15日 第146巻・特別号(2) 生涯教育シリーズ93
では初めて放射能が取り上げられ、なんと、6年前の福島第一原発事故で放出された放射能の総量は深刻な健康被害が出たチェルノブイリ事故とほぼ同量だった。
皆さんよくご存じのように2011年のフクシマの汚染範囲は1986年のチェルノブイリよりも桁違いに狭いのですから、汚染物質の総量が同じなら汚染濃度は自動的に跳ね上がり、致命的な甚大な被害が出る。


2011年3月11日に発生したレベル7の福島第一原発の核事故で東京電力が公開した環境に放出した放射性汚染物質のチェルノブイリとの比較図

(東電発表の数値)

すでにキセノンやクリプトンなど希ガス類では原子炉4基が暴走したフクシマの方が原子炉1基が大爆発した1986年のチェルノブイリよりも多い事実は発表されていた。
ところが今回の日本医師会が会員の現役医師に配布した、生涯教育シリーズ93『環境による健康リスク』2017年10月15日 第146巻・特別号では、ヨウ素が若干少ない程度でセシウム134/137では差が無い、ほぼ同量が狭い日本列島に放出された事実が書かれていた。(フクシマとチェルノブイリでは汚染範囲がけた違いに小さいのですから、逆に汚染濃度はフクシマの方がけた違いに高い事になる)



福島県の小児甲状腺がん検診の責任者だった県立医大の鈴木真一教授が去年(2016年)開かれた海外の講演会で示した図。
『赤』が日本の福島県で、『オレンジ』がウクライナだが、ウクライナの5年間の潜伏期間(青)と福島(赤)のパターンが酷似している。
(今まで日本は挙国一致、大政翼賛会の大本営発表で恐ろしい放射能被害を必死で誤魔化していたが、とうとう時間切れ。お終いなのである)



今年のノーベル文学賞は『信頼できない語り手』(Unreliable narrator)のカズオ・イシグロ(石黒一雄)だったが、生まれた場所は原爆投下から9年後の長崎市であり、イシグロの母親はナガサキ原爆の爆風を体験していた。
一昨年(2015年10月)に受賞したのは到底文学とは言えないチェルノブイリ原発事故のドキュメント『チェルノブイリの祈り』のアレクシエービッチ(ジャーナリスト)だったのである。



産経新聞が『号泣した』と書いた中谷元防衛大臣の不思議な姿

チェルノブイリ原発事故のドキュメント『チェルノブイリの祈り』のアレクシエービッチ(ジャーナリスト)がノーベル文学賞を受賞した翌年の2016年には安倍晋三首相の内閣改造で辞任する閣僚たちが、記者会見の席上で人目もはばからず男泣きする珍事も発生しているが、いずれも日本のフクシマのレベル7の核事故による放射能汚染の深刻化が原因していたと思われる。




コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「関ヶ原」より太平記(南北... | トップ | 小林よしのりがメタモルフォ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
セシウム137の放出量 (小田美智子)
2017-10-23 09:38:48
福島のセシウム137の量は
 米軍の土壌核種調査   1.48E+17
 原子力安全・保安院    1.50E+16
チェルノブイリは、       8.9E+16 
です。
日本政府が、福島の放出量をチェルノブイリの7分の1としていることには、まったく信頼性がありません。
米軍のデータを発表しているブログ「碧い蜻蛉」は、土壌調査の方が妥当性が高いとしています。    

コメントを投稿

放射能と情報操作」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事