逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

いとう?黄昏の帝国の祟りと呪い

2021年09月02日 | 政治・外交と天皇制

1945年9月2日,戦艦ミズーリで行なわれた日本の降伏調印式に合わせて,上空を飛行するF4UコルセアとF6Fヘルキャットの編隊


1945年9月2日,戦艦ミズーリの艦上で,日本の降伏文書に署名するコンラッド・ヘルフリッヒ提督。隣にはマッカーサー元帥が立っている。カラーフィルムで撮影された写真。

「厭うべきではない」(いとうべきではない)

76年前の1945年9月2日は最後まで残っていた大日本帝国が降伏して第二次世界大戦が最終的に決着した記念日なのですが、その前日の毎日新聞「米国のアフガン撤収 混乱放置した責任は重い」との見出しの社説では、アフガニスタンで土着的なイスラム武装勢力タリバンに敗北した世界帝国アメリカが実質的にカブールから「夜逃げ」して仕舞い、結果的に多くの対米協力者(アフガン人側から見れば「裏切りもの」なので命の危険が高い)が出国出来ず取り残されているのです。

対米協力者の「安全で秩序ある出国」のためにアメリカは当初アフガンに外交窓口を残す心算だったが君子豹変、全員退避し大使館も閉鎖しているので「中国やロシアなど大使館業務を継続している国に協力を求めることもいとうべきではない。」

と何とも古風な大和言葉の言い回しでアメリカに指摘(忠告?皮肉っている?)しているのですから不気味。そもそも毎日新聞社説氏のように「厭う」を漢字ではなく平仮名の「いとう」と書かれると多くの人々は咄嗟に意味が分からないのである。(★注、「お体を、おいといください」との挨拶文はあるが普通は「苦労を厭わない」など否定形で使われる不思議な言葉)

「厭う」は基本的には「嫌う」という意味で使われるの言葉である。ところが、「いとおしい」(愛おしい)と語源が同じなので実は180度逆の「相手を大事にする」との愛情表現の意味も含まれている複雑な日本語なのです。(★注、たぶんyes,noの単純構造の英語には「いとう」と同じ言葉はないのではないでしょうか)
あるいは「同情したくなるような気の毒な様子」を意味する「いたわしい」とも関連しているのかも知れない。

大人として知っておきたい! 厭う(いとう)の意味・類語・使い方などをご紹介

2021.03.01 WORK

「厭う」という言葉を聞いたことがありますか? 「厭う」と書いて「いとう」と読むこの言葉は、ビジネスの場面でも使われることのある言葉で意味は、「嫌がる」や「嫌に思って避ける」、「いたわる」。「避けたい」という意味合いが強い言葉です。

「厭う」と「嫌う」の違いとは?

「厭う」によく似た言葉として、「嫌う」が挙げられます。「嫌う」との違いで特に大きいのが、「厭う」は前述のとおり「避けたい」という意味合いが強いということ。「嫌う」という感情を持った結果、「避けたい」という気持ちになった状態が「厭う」と言えます。

「厭う」の類語について

1:嫌がる

「嫌がる」の意味は、「嫌いな気持ち・嫌だという感情を表情や態度で表すこと」です。ただ「嫌い」という感情を持っているだけではなく、それが見ている人にもわかるようにあらわしている様子を指しています。

イメージとしては、駄々をこねている子供の姿が「嫌がる」。そして抵抗することすら放棄して逃げ出しているのが「厭う」になります。

2:忌む

「忌む」の読み方は「いむ」です。「不吉とされるもの・穢れたものを避ける」という意味で使われますよ。「厭う」と同じ「避ける」という意味合いを持つ言葉ですが、「厭う」と「忌む」では使用場面が大きく異なります。

「厭う」を使うのは「世を厭う」の例文のように、「何かつらい経験や耐え難い出来事・トラウマによって避ける」です。一方「忌む」は、宗教や呪術的な禁忌・タブーのように、「個人的な理由や仏教的な要因によって避ける」という場面で使われます
(抜粋)

今回の毎日新聞社説氏の古風な「いとう」で思い出した菅尚中の掣肘

難しいことでも、誰にも分かるよう一番大事な部分を的確に「分かり易く」説明していた姜尚中
 
TBSサンデーモーニングなどでお馴染みの代表的リベラル知識人である姜尚中ですが、極限まで病的に右傾化した日本のマスコミで今も活躍するが、近頃は「難しい問題を、もっと難しく説明する」困った傾向がある。姜尚中が誰にも分からないように説明解説するが、もちろん本人は「誰よりも知っている」のである。知っているが自分が叩かれないよう誤魔化しているだけ。

「掣肘」(せいちゅう)の意味

わきから干渉して、人の自由な行動を妨げること。紀元前五世紀、春秋時代の中国で魯のふくせんという役人が下役二人に文書を書かせましたが、「かたわらより時にの肘をせいようす(ときどき、そばから彼らのひじをひっぱった)」。そうして、「おまえたちは字が下手だな」と注意するのです。(国語辞典の意味は、わきから干渉して人の自由な行動を妨げること。)「掣肘を加える」

当たり前すぎる話ですが姜尚中は本物の在日知識人代表なのですから、掣肘の二重の意味を誰よりも「知っている」のである。(★注、掣肘は確かに「書き言葉」としてはあるが、「話し言葉」としては誰も使わない不可解な代物)
 
「故事成語を知る辞典」によると続きがあり、「肘を引っ張られて邪魔されて困った二人は、魯の君主に報告をしました。それを聞いた魯の君主は、自分が宓子賤にその町の政務を任せながら、そのやりかたを邪魔していたことに気づき、以後ははよけいな口出しをしないようにしました。その結果、その町はよく治まったということです」と、わきから干渉して自由を妨げる「掣肘」の言葉が180度反対の、君主たるものは信頼できる部下に任せて「余計な口出しをしない」との「良い意味」になっていた。(★注、姜尚中は表と裏と、どちらの意味で掣肘をつかったのだろうか?)
 
インテリの姜尚中らしい知的手品か詐欺的手法 
 
漢字では同音異語が沢山あり1970年代に自国語から漢字(中国語)を追放してハングルだけにした南北朝鮮とは対照的に我が日本国は今でも中国語(漢字)を使い続けている。そして漢字が無いと「掣肘」(せいちゅう)が使えないので韓国では学生たちの言語的知的水準が大幅に低下したらしい。(★注、表意文字の「漢字」では制の下に手の掣と肘の2字熟語なら意味が分かる。ところが表音文字の「せいちゅう」では意味不明)
元々漢字文化圏のベトナムも朝鮮も日本も言語的に「自国語+漢字」の言葉なのですが、やはり国境を中国と接するベトナムや朝鮮では圧倒的な中国の影響が大きいのである。朝鮮の「金」さんの比率は2~3割程度だがベトナムで一番多いグエン「阮」さんは5割強なのは全て昔からの中国関連王朝との繋がりから。もちろんベトナム建国の国父ホーチミンは胡志明と漢字表記できる。民族独立で一番大事なのは言語らしくて「漢字(中国語)の追放」は民族自決の第一歩。ところが国粋主義を標榜する日本の「嫌中」右翼は漢字(中国語熟語)が大好きなのですから不思議である。嫌中が本物なら先ず自国語からの中国語(漢字)追放が筋であろう。
2021年06月01日 | 東アジア共同体 掣肘(せいちゅう)ってなに?
 
アメリカが仕組んだ天皇制への露骨な呪縛

今週の本棚

『昭和23年冬の暗号』=猪瀬直樹・著 橋爪大三郎評

猪瀬氏は三○代の女性から手紙を受け取る。「ジミーの誕生日の件、心配です」。偶然見つけた祖母の日記の末尾の言葉だという。猪瀬氏はさっそく謎解きに取りかかる。

祖母は子爵夫人。戦時中から昭和23年までの日記だ。夫人の子息(女性の父)は皇太子明仁殿下御学友。空襲を逃げ延び、食糧難に苦しみ、生活能力のない夫に倦(う)み、戦後を生き始めた夫人の前に、占領軍の将校が現れる。GHQ民政局のケーディス大佐。日本国憲法の生みの親だ。

 
 
有料記事なので大事な部分だけを文字起こしすると、

日本国憲法の生みの親のGHQ民生局ケーディス大佐の愛人になった子爵夫人の手紙にある「ジミー」とは明仁(あきひと)皇太子(現上皇)である。(★注、9月2日付け「上皇さま 誕生からの日数、最長寿の昭和天皇に並ぶ 3万2031日」毎日新聞。昭和天皇の前に最長寿だったのは84歳まで生きた江戸時代の後水尾天皇(1596~1680年)で3万756日。1611年に即位した後水尾天皇は33歳だった1629年に娘の明正天皇に譲位した。幕府が朝廷に優越を示した「紫衣事件」などを巡り不満を募らせたのが背景にあったとされる。安倍晋三や産経新聞の女系天皇忌避や秋篠宮長女と結婚報道と重なって偶然の一致にしても何ともピッタリな皮肉な記事)
 
あざとい日付けの符号
 
東条英機を処刑しヒロヒト天皇を温存したいマッカーサー。新憲法と東京裁判もその画策の一環だ。
絞首刑になった東条英機などA級戦犯の起訴は4月29日。昭和天皇の誕生日だ。東京裁判が開廷した5月3日は、新憲法が施行された憲法記念日。東条英機以下7名の処刑は12月23日早朝、皇太子明仁の誕生日(後の天皇誕生日)だ。ジミーこと明仁の誕生日に処刑がある。そう伝えて大佐は去った。戦争の罪科を毎年思いだすようにとの暗号だ。
(抜粋)

8月7日 毎日新聞 (橋爪大三郎・社会学者)

猪瀬直樹氏、児童のパラリンピック観戦断念に「子どもたちに半世紀に一度のチャンスを与えてあげたかった」

猪瀬直樹氏、児童のパラリンピック観戦断念に「子どもたちに半世紀に一度のチャンスを与えてあげたかった」

8月31日スポーツ報知(★注、間違いなく、ひ・と・で・な・し)

5000万円闇献金事件で都知事を辞職した金に汚い、あざとい猪瀬直樹の詐欺的商法
 
中央公論新社 (2021/6/23)発売とあるので「新刊」本だと勘違いするあざとい仕掛で、実は同じ内容の自分の本のタイトルを変えただけ。真っ赤な表紙が何とも毒々しい代物。
たぶん最初は1983年8月『昭和16年夏の敗戦』世界文化社、表紙は東條英機のイラストが書かれていた。1986年8月には文藝春秋社から出版されるが、2010年6月に青空が象徴的な文庫本として中央公論新社から発売され、10年後の昨年の6月に同じ中央公論新社から新版として発売され65000部を売り上げた。
 
そして、2021年6月25日に同じ中央公論新社から『昭和23年冬の暗号』が発売された。この本は当初、2009年に文藝春秋社から『ジミーの誕生日』として単行本で発売され、2011年にも文藝春秋社から『東條英機 処刑の日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」』として発売され、現在でも長く愛された作品である。そして今回、再び改題され再び我々の前に登場したのである。一言でいえば詐欺師である。(★注、詐欺師とは決して「嘘つき」の意味ではない。嘘八百では一定以上の知識層は騙せないが逆に「真実」なら大勢を簡単に騙すことが可能なのでる)
 
 
米軍が報復攻撃で破壊したトヨタカローラの残骸
 
13人の米兵が死んだ報復として8月29日午後に無人機から精密誘導弾で爆殺されたのは居眠りバイデンが発表したISISイスラム国テロリストではなく、全く無関係な米軍基地警備員や出国ビザを持つ通訳だったのでアメリカによる「口封じ」「証拠隠滅」だったのではないかと現地カブールの近所の住民たちの間では噂されている。(★注、当初テロリスト2名を殺したと発表していたが、その後ミリー統合参謀本部議長はテロリスト1人以上を殺したと発言が後退している)
 
アフガンで米軍が使ったロケットには、カブール空港で死亡した海兵隊員の10人の名前が書かれていた
米兵の名前を記したJDAM弾(精密誘導爆弾)で、子ども7人を含む10人家族を殺害して報復。RIP「安らかに眠れ」(★注、普通の神経ではこれは公開できないが、ネットで世界中に発信するアメリカの狂気)
 
日本の「玉音放送」と同じ8月15日の唐突なアフガニスタンの傀儡ガニ大統領の国外逃亡で呆気なく20年間(アメリカによるイスラム原理主義ムジャヒディン「イスラム聖戦士」への軍事支援からなら42年間)のアフガン侵攻がアメリカ軍の敗北で決着する。
ところが、我先に脱出しようとする米軍協力者が輸送機にしがみついて振り落とされたり、滑走路に国外脱出を図る人々が溢れかえる騒乱状態にパニックに陥った米軍が発砲して20人が殺される。
 
8月30日深夜に照明がすべて消された真っ暗闇のカブール空港からC-17貨物機で退避する最後の米兵(小銃、アーマー、暗視装置をフル装備した陸軍第82空挺師団長クリストファー・ドナヒュー少将)少将と同じでロス・ウィルソン駐アフガン米大使が最後に搭乗したという
 
「立つ鳥跡を濁さず」というが、思いっきり跡を濁して夜逃げした嘘つきアメリカ軍
 
8月26日には、カブール空港アビーゲート近くでISISイスラム国1人による自爆ベストが爆発、米兵13人が死亡、生き残った米兵が無差別に発砲してアフガン脱出で集まっていた200人が死亡する。
8月29日には、なんと精密誘導爆弾による報復と称してカブール市街地で自動車を攻撃。「爆発物を持つテロリスト2名を殺した」と発表するが氏名不詳、爆発物の誘爆もないインチキな代物。実際は出国ビザを持つ通訳とかテロとはまったく無関係な子供たち10人をアメリカ軍が爆殺していた。(★注、パニックに陥って暴走しているのは国外脱出のアフガン人協力者よりも、アフガン戦争の敗戦で「夜逃げ」するアメリカ軍自体なのである)
 
 
「アフガンでのアメリカの仕事は続く。次の計画があり、実行に移している」―ブリンケン国務長官  20年間占領して敗北し、屈辱的撤退。しかし次の計画? まだ市民を殺し足りない?
 
8月26日、カブール空港のISIS自爆テロの際、パニックになった米兵にイギリス系アフガン人が殺害されている。多くの証言があり、まだ何が起こったのか明らかでない。米軍はバロンホテルのテロは実はなかったと否定。何かを隠そうと情報操作? 何をやった? 徹底捜査が必要だ
 
 
当初の報道ではカブール空港南側のアビーゲートとその近くのバロンホテルの二か所同時にISISイスラム国による自爆テロが行われたと言われていた。ところが、後からアメリカは空港ゲートの一ヵ所だけだったと認めている。それならバロンホテルでの殺戮はアメリカ兵による暗殺(口封じ)だったことになるのですか恐ろしい。カブール陥落でアメリカは20年間の自分たちの悪事の証拠類や証人たちを全部始末する必要があったのでしょう。
 
復讐を口実にしたアメリカ軍の無差別大量殺戮
 
120年前の対インデアン戦争では白人が一人殺された報復としてインデアン部落を襲撃して皆殺しにするとか、朝鮮戦争やベトナム戦争でも同じでアメリカ兵が殺されると見境なしに周辺にいる無関係な民間人(朝鮮人やベトナム人)を殺しまわって復讐を叫ぶのが常。最早アメリカ兵にとっては習慣になっているので今回も自爆ベストで米兵に死人が出ると付近にいた無関係なアフガニスタンの避難民を殺し尽くすが、空港ゲート近くにあるバロンホテルでの虐殺は不可解。アメリカ軍の報復攻撃によって殺された多くの人々は出国ビザを所持していた占領軍の協力者なのですから、口封じか証拠の隠滅だった可能性が高いのである。
 
敗戦時のアメリカ軍のオペレーション
 
敗戦時には日本の「玉音放送」後に徹底的に公文書の類を焼き尽くしてが、同じことがアフガニスタンのカブール空港内外で起きていた可能性が高い。アメリカはベトナム戦争敗北後にCIAに雇われて汚い破壊工作を行っていたバンパオ将軍のラオス少数山岳民族メオ族特殊部隊5万人をアメリカ本国に亡命させるが近所の犬を食べたり麻薬を密売する。最近ではBLM運動の黒人暴動の引き金になるなど騒動が絶えない。
ましてや比較的従順な半世紀前のラオスの仏教徒よりもはるかに危険な戦闘集団であるイスラム教徒のアフガニスタン人がアメリカ国内に入ればイギリス・フランス等と同じように、間違いなく移住先のアメリカに歯向かうことが今から予測されるのである。それなら証拠隠滅目的の口封じ(人減らし)はアメリカ軍としては当然のオペレーションだった。何の不思議もない。
 
8月15日のガニ政権崩壊でカブール空港は滑走路にまで人が溢れる騒乱状態に陥って多数が死亡して48時間空港が閉鎖され、その後再開されたが26日にはアメリカ軍の傭兵組織であるISISイスラム国の1名が自爆ベスト(自動車爆弾との説もある)でテロを行った結果、それ以後のアフガン人協力者の退避は全部が中止される。
結果から判断すればISISイスラム国の自爆テロで空港からの出国が丸々止まったのですから、これは間違いなく米軍のオペレーションなのである。
今までの欧州諸国の経験でイスラム圏からの移住者は絶対に同化しない(キリスト教化しない)のは分かっているので本心では飛行機に乗せたくなかった。アメリカ政府のいう「人道」云々は単なる建前で、本音では出来る限り危険なアフガニスタン人は自国内に入れたくないのである。(★注、そもそもキリスト教をバージョンアップしたのがイスラム教なのですから、日本人とは大違い。イスラム教徒はいくら時間が経ってもキリスト教にはならない)
 
米軍制服組トップ、タリバンとの連携「可能性ある」 対IS戦で 9月2日 朝日新聞 
 
オースティン米国防長官と米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は1日、米国防総省で記者会見し、20年間に及ぶアフガン戦争の終結を宣言した。ミリー氏はアフガニスタンにおける過激派組織「イスラム国」(IS)支部組織との今後の戦いについて、イスラム主義勢力タリバンと連携する可能性はあると答えた。(★注、制服組トップの発言時のオースティン国防相の目つきが何とも印象的だ)
 
在アフガニスタン日本大使は、退避オペレーション直前まで日本にいて、カブールが陥落した8月15日にトルコ·イスタンブール着、トルコで指揮を執ったそうだ。(★注、米大使は30日夜の最終機でカブールを脱出している)
 
未だにメディアは岡田隆大使に取材していないの? 取材するのが恐いの? こんな酷いことをした日本大使館の責任者が岡田大使なのに。 大使館が職員を口止めか アフガン退避遅れ(テレビ朝日)「在アフガニスタン日本大使館現地職員:『(Q.日本政府に伝えたいことは?)
 
美しい「建前」と、それとは違い過ぎる汚い「本音」はアメリカの専売特許ではない
 
今のテレビのワイドショーの最もホットなニュースは世界帝国アメリカ軍の歴史的な大事件であるアフガニスタンでの惨めな敗走ではない。
 
不愉快なコロナ蔓延やもっと不愉快なコロナ蔓延化のパラリンピックの馬鹿騒ぎではなく、なんと、天皇家秋篠宮長女の結婚話なのですが、何故か報じたくないらしい昔の学生時代の小室圭さんの写真(同窓生だった二人)
 
 
双子のように似ている20歳ごろの小室圭さんと結婚する秋篠宮長女の元クラスメートの熱々カップル
 
破壊的カルト「青バッジ」からの非常識なバッシングで国外脱出、内部崩壊する日本の皇室って、
 
(日本で1000年以上の長い歴史がある象徴天皇制の)天皇家の滅亡を密かに画策して女性天皇に必死で反対する日本の売国右翼メディアの週刊新潮とか産経新聞社など頭が空っぽで眼が節穴の「ネトウヨ」が、必死に二人の結婚を妨害する理由とは果たして何だったのだろうか。小室圭さんが石原慎太郎の長男以外の取り柄が無い石原伸晃と同じで下がり眉毛をカットしているのが気に入らないんだろうか。実に不思議な現象だ(★注、小室圭母親の元婚約者の援助金の支払い云々ですが、話は逆さま。普通の常識なら一方的に婚約を破棄した元婚約者の方に落ち度があり慰謝料など解決金を小室家側に払うべきであろう)
売国右翼の安倍晋三グループやその手駒の産経新聞や週刊新潮などヤクザとカルトの摩訶不思議な連合体「青バッジ」のネトウヨが嫌で国外脱出を図る皇室という構図は、今のイスラム原理主義タリバン支配で必死になって国外脱出を図るアフガニスタン避難民と瓜二つ。別々に生まれた一卵性双生児のようにソックリ同じ構図である。

コメント (11)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 抗体依存性感染増強(ADE)フ... | トップ | 四半世紀で1/3に減っていた... »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカ軍のカブール大虐殺! (ローレライ)
2021-09-02 14:22:15
アメリカ軍のカブール撤退大虐殺、中国のテレビに暴露された!
空港テロで死亡、アフガン女性ユーチューバー最期の動画 (○⚫△□)
2021-09-02 18:32:46
 
https://www.youtube.com/watch?v=46mc9Xdvik0
 
タリバンにとって不都合な女性が死亡。
偶然?
自爆? (ちくわ)
2021-09-02 19:40:24
優勢なタリバンがなぜ自爆テロをする必要があるのでしょうか?不思議です
アメリカ軍とイスラム国の共同だったカブール空港テロ! (ローレライ)
2021-09-02 20:02:23
イスラム国の活動家がアメリカのを巻き込んで自爆してパニックのアメリカ兵が無差別虐殺してのがカブール空港テロと中國のテレビは報道したが日本では報道されない!
折角綺麗に掃除したのに。不真面目なHNで繰り返し汚らしいゴミを送ってくる大馬鹿者 (宗純)
2021-09-03 16:08:09
嫌がらせにしても低級すぎる。
ここは何を書いてよい駅の伝言板では無くブログのコメント欄です。ブログ読者が感想を書くところですよ。
記事を読まず、あるいは読んでも意味が理解できないのだろうが、
そもそも大人の会話では知らないものは参加する資格がないことを分からないのだろうか。私は馬鹿な子供は大嫌いなのです。

タリバンはアフガン全土でたったの6万人。今は政府崩壊で治安維持にてんてこ舞い。自前の政府成立前の今が一番忙しい時ですよ。

タリバンがアフガン女性ユーチューバー死亡など些末な出来事にかかわっている暇はありません。傀儡アフガン政府崩壊で、本来なら放火や略奪、暴動が頻発するので大勢が死亡するが、現在の時点では何も起きていない。タリバンが必死で抑えているのでしょうか。それとも市民が自警団などで抑えているのかどちらか。

パキスタンなどイスラム圏では家族以外に顔を見せるとは売春と同じだと見なされる。女性が自分の顔をインターネットに出しただけでも親や兄など親族からの名誉殺人が行われる別世界。アフガン女性ユーチューバーとは、高速道の逆走以上の命の危険性があることは本人は十分理解していたはずなのです。
イスラムに日本人や欧米の自由と民主主義云々の常識は通用しない。
宗教に寛容な日本とは全く別の原理で動いているのです。

何もイスラムでなくとも、世界最大の民主国家を標榜するヒンズーのインドでは夫が死ねば妻が殉死する習慣が今でも残っているのですよ。世界中で何処の国でも同じで男より女が長生きするが、その唯一の例外がインド。世界は欧米民主主義云々で動いているわけではない。コーランには男は女を保護する義務が書いてあるので、女は男より長生きします。

修行の第一歩は掃除である。全ては掃除に始まり掃除に終わるとは心得ているが
昨日綺麗に掃除したのに同文を、しかも名前を変えて送ってくる非礼。インターネットではダブルネームは最も忌むべきご法度だと知らない非常識には呆れ果てる。反省を求めるため一定期間ゴミコメントを掲載しておきます
タリバンを生み出したのはアメリカでは? (山椒魚)
2021-09-03 22:54:56
アメリカのアフガンニスタン撤退でタリバンの脅威がことさら強調されるけれど,タリバンを生み出したのはアメリカではないのでしょうか。アメリカがソ連の影響力のあった政権を転覆するためにアルカイダを生み出し,アフガンにタリバンを生み出すきっかけを作ったのであるし,20年前はアフガニスタンはタリバンが実質的に支配していた。結局20年たって元に戻った,というよりもこの20年間でどれだけ無辜のアフガン人が殺されたのでしょうか。タリバンを批判しても,最終的にアフガンの民衆が受け入れた結果でこのようになっているわけで,アフガンの普通の民衆は国土を破壊され家族を殺されてしまったわけで,とにかく戦争がないのが一番では。
 あれだけアメリカが金をつぎ込んでもなにも生み出されなかった。どのような状態になろうとアフガンのことはアフガン人に任せるのが一番
戦乱継続の予感 (今橋)
2021-09-03 23:27:55
 
タリバンを支持するのは基本的に40%程度のパシュトゥーン人の農村居住者。

タジク人(27%)、ハザラ人、ウズベク人(各10%)は支持していない。
マスードの息子も心服していない。
 
近代的な生活を知ったカブールなどの都市民もタリバンの支配には耐えられない。
都市の近代的な生活様式は浸透している。
1978年には共産党の革命も起こった。
その後地方の反乱とソ連軍の介入、10年に及ぶ戦乱。
これかからタリバンの支配がうまくいくとは思われない。
 
アメリカ軍から政権を禅譲されたタリバン (宗純)
2021-09-04 09:51:55
アフガニスタンは中国からインドへ仏教経典を求めて旅した玄奘三蔵も通った文明の十字路なので、東洋と西洋、最も新しいものと最も古いものが仲良く共存する世界で一番見魅力的な場所だったのです。
共産党が与党だったので、アフガニスタンは女子大学生の比率がイスラム圏一だった。
祖の世界的にも珍しい貴重なアフガンをボロボロにしたのが「自由と民主主義」を旗印にイスラム聖戦士ムジャヒディンを全面支援したアメリカ南部バイブルベルト出身のキリスト教原理主義ジミー・カーター大統領。世界中からイスラム聖戦士のテロリストを集めたが、実は国境を接する中国新疆ウイグルからもムジャヒディンを厄介払いしていたらしい。
以後42年間もアフガニスタンのインフラを徹底的に破壊し尽くしたのが今のタリバン復権につながった。
タリバンですがアフガニスタンで少しも戦っていない。
これはトランプ大統領誕生前からでアフガニスタンで米兵は戦死者が劇的に減っているので、この当時からタリバンへの政権禅譲は決まっていた可能性が高い。
アフガニスタン戦争では、米国軍人の死者は計2361名。・死者を年別に見ると
2001年―7
02-30
03-33
04-49
05-93
06-88
05-93
06-88
08-153
09-310
10-496
11-412
12-301
13-120
14-54
15-22
16-9   2016年11月8日大統領選挙でドナルド・トランプが勝つことをアメリカ軍諜報部は知っていた
17-14
18-14
19-21
20-11
21-13
ただし、この数字は米兵だけの戦死者で、民間軍事会社社員は米軍の二倍近い3900人程度が死んでいるのですから米軍からCIAなどにアフガン戦争の主役が移っていたと見るべきでしょう。

今回のマスコミ報道の中身が錯綜していて大混乱。
8月15日のカブール空港での輸送機から振り落とされたり、輸送機の着陸脚の格納部分に入り込んで死人が沢山出ているが、避難民のパニックを煽ったのが米軍であることは明らか。これで48時間空港が閉鎖されるが、日本人のように順番に並べば全員が輸送できます。たぶん、米軍としては連れ帰りたくなかったのです。
26日にはアビーゲートで自爆テロがあるが米軍は群衆に向かって乱射して大勢を殺しているが、何故か近くにある外国人とか避難民が集結していたバロンホテルでも多数が死亡する。

その報復として空港に向かうテロリストの自動車を爆破したと発表するが、実は自動車は停車中で米軍警備の軍人とか通訳が殺される。しかもこの時カブール空港北東4キロにあるCIA基地も証拠隠滅工作として爆発していたことは韓国紙だけが報じているのも不気味。米軍の撤退だけに焦点が当てられているが、実は何年も前からCIA基地が主導していた可能性が高い。マスコミ報道ですが、それを隠す煙幕ですね。
タリバン制圧でワクチン接種が80%減 (ロハスな人)
2021-09-05 18:36:51
(2回接種では感染が収まらないから?)3回目ワクチン接種を進めていたイスラエルでは感染者が急増し、『 人口100万人あたり新規感染者数で世界一 』という輝かしい成果(苦笑)を出したそうですね。

それを受けて?かタリバンは『新型コロナワクチン接種を止めている』ようですね。

インドやインドネシアではイベルメクチンの使用で感染者がどんどん減っているそうですが、『寄生虫対策にイベルメクチンを活用』して、そもそも感染者が少なかったハイチでは『新型コロナワクチンはいらない』と言っていたそうですね。

最近ハイチのクーデターで『大統領が暗殺』されましたが、その後なぜか『新型コロナワクチンを使うように動き出した』というニュースがありますね。

タリバンの首脳陣の方達も『クーデターにはご用心』していただきたいものです。
※『ケシ栽培の禁止』も『正しい』ですが、『クーデターリスクのありそうな政策』ですよね。
 真の悪人どもは一体どこにいるのやら…。

https://www.cnn.co.jp/world/35175780.html
タリバン制圧でワクチン接種が80%減、医薬品供給も遅滞 アフガニスタン
2021.08.26 CNN

https://johosokuhou.com/2021/09/05/50990/
☆ワクチン先進国のイスラエル、人口100万人あたり新規感染者数で世界一に!「前例のない規模」
2021年9月5日 情報速報ドットコム
イランの麻薬禍 (快蔵)
2021-09-05 19:57:16
>※『ケシ栽培の禁止』も『正しい』ですが、『クーデターリスクのありそうな政策』ですよね。
>真の悪人どもは一体どこにいるのやら…。
 
チミはいつも根拠の乏しい陰謀論が好きだね。
 
300万人の薬物中毒者がいるイラン
 
イランでは総人口8400万人の3.5%にあたる、300万人近くの人が 薬物中毒であると麻薬取締局は発表しています。MSFの診療所周辺は、テヘラン南部でも貧困と人口過密な歴史を刻んできた地区です。薬物中毒者は主に、ヘロインとメタンフェタミン(覚せい剤)を使用しています。
あぶって煙を吸い込む加熱吸煙か、吸引して使用しています。薬物を注射する人はあまりいないため、汚い針を介して病気をうつすリスクは比較的低いです。

https://www.msf.or.jp/news/detail/headline/irn20191126ay.html
 
国境なき医師団のホームページによると、チミの想定するアメリカやCIAが活動できないイランも麻薬禍で苦しんでいる。
真の悪人は麻薬の生産と流通によって生活が支えられている人民とシンジケートだ。
真の悪人は草の根の民衆そのものなのだ。

偽薬に毛の生えた効果しかないイベルメクチンを推奨したり、チミの発想にはいまひとつ説得力がない。

コメントを投稿

政治・外交と天皇制」カテゴリの最新記事