逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

ナショナリズムと東京五輪閉会式の昭和天皇とハカ・ダンス(War Cry、闘いの叫び)

2012年08月18日 | 政治・外交と天皇制
敗戦濃厚な1943年(昭和18年)10月21日の明治神宮外苑の国立競技場で行われた戦地に赴く学生の出陣壮行会(学徒動員)を連想させると不評をかこった、国立競技場での東京オリンピック開会式(1964年)の日本選手団437名の一糸乱れぬ分列行進の威容。 『ナショナリズムを目一杯煽る韓国大統領の思惑』 レームダック化した李明博大統領による唐突観が否めない竹島電撃上陸や天皇の謝罪要求は、政治外交を総 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)