正しい食事を考える会

食が乱れている中どういう食事が正しいのかをみんなで考え、それを実践する方法を考える会にしたいと思います。

肉の多量摂取で大腸がんリスク上昇-国立がん研究センターー日本人は日本食が健康食なのです

2011-11-28 | 食事教育
読売新聞 11月28日(月)12時1分配信  肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことが、約8万人を対象にした約10年におよぶ国立がん研究センターの追跡調査でわかった。  同センターが28日、発表した。牛や豚などの赤肉を食べると大腸がんのリスクが上がることは、世界がん研究基金と米がん研究協会が報告していたが、今回の大規模調査で日本についても裏付けられた。  岩手や長野、茨城、沖縄 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

農業知識を素人にも イオンと富士通でデータベース化ー企業農業はもっと別の観点の提案をすべきである

2011-11-25 | 食事教育
農業知識を素人にも イオンと富士通でデータベース化関連トピックス富士通.データベース化の仕組み asahi.comニュース2011年11月25日8時6分  農業のプロが長年かけて身につけた栽培の知恵を、誰もが使える形のデータにして蓄える試みを、流通大手イオンと富士通が共同で始める。毎日の作業や天気を写真と数値で大量に記録し続けることで、素人でもこつがすぐにのみ込めるように整理できると見込む . . . 本文を読む
コメント

4次補正に農業対策費(TPP交渉参加受け)に反対ー戦略無き予算案は無駄である

2011-11-24 | 食事教育
4次補正に農業対策費…TPP交渉参加受け 2011年11月24日(木)15:06  政府は24日、2011年度第4次補正予算案を編成する方針を固めた。規模は1兆~2兆円で、政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加方針を表明したことを受けて、農業への支援策や経営基盤の強化策などを盛り込む。  年内にとりまとめ、年明けの通常国会に提出する考えだ。  年間の補正予算が4次にわたるのは、終戦直 . . . 本文を読む
コメント

米韓FTA、韓国で大迷走の理由 国会批准メド立たず、“FTA先進国”が大揺れしている

2011-11-23 | 食事教育
 米韓FTA、韓国で大迷走の理由 国会批准メド立たず、“FTA先進国”が大揺れしている 2011年11月23日(水)07:00日経ビジネスオンライン  FTA先進国ともいえる韓国で、米韓FTAの国会批准を巡って大混乱が続いている。すでに米国では李明博(イ・ミョンパク)大統領の国賓訪米直前に議会で批准手続きを終えたにもかかわらず、韓国では野党の強い反対で、批准手続きがどんどん遅れている。韓国で今、何 . . . 本文を読む
コメント

「ごはんのうた」 あさみちあき NHKラジオ深夜便の歌ーごはん党員は応援を・・・

2011-11-19 | 食事教育
ラジオ深夜便を時々聞いています。いい話がいっぱいあります。 私は寝るとき、ラジオを20分ぐらいで切れるようにして寝ます。2~3分で寝ているときが多いようです。 私の得意な寝方はテレビを見ながら寝ることです。録画した番組を勉強のためにと思うのですが・・・・何時の間にか寝ています。 電気代がもったいないと奥さんに叱られています。 そう言えば晩年の母はテレビが楽しみでつけっぱなしに見ていましたが、妻 . . . 本文を読む
コメント (1)

ブータンに学ぶ新しい価値観ー「国民総幸福量(GNH)」ー経済発展など不要ーごはんがあれば十分です

2011-11-18 | 食事教育
「国民総幸福量」振りまくイケメン国王 晩餐会、眞子さまもご出席 2011.11.17 07:10 MSN産経ニュース 皇后さま(中央)は来日中のブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(右)とジェツン・ペマ王妃(左)にあいさつにされた(ロイター)  国賓として初来日したブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(31)夫妻の歓迎行事と宮中晩餐(ばんさん)会が16日、皇居で行われ . . . 本文を読む
コメント

NHKの「きょうの健康 「お弁当でヘルシー生活」」ー主食、副菜、主菜は3:2:1が理想の割合

2011-11-18 | 食事教育
 NHKの「きょうの健康 食で健康」は「お弁当でヘルシー生活」」 2011年11月17日(木)放送。 この中で、私がこのブログで主張している主食、副菜、主菜の割合は3:2:1と同じ内容の紹介があった。 この割合は私は最初NHKから学んだものです。そこに出演されていた先生が足立先生(女子栄養大の先生)は主食、主菜、副菜の順に3:1:2と言っておられました。この「3:1:2」は何か賞を受けたとも聞い . . . 本文を読む
コメント

「TPPは食料自給を考える最後のチャンス」 第2回 庄内こめ工房・斎藤一志代表取締役

2011-11-14 | 食事教育
TPP亡国論のウソ 「TPPは食料自給を考える最後のチャンス」 第2回 庄内こめ工房・斎藤一志代表取締役 2011年11月9日(水)09:00  株式会社「庄内こめ工房」代表取締役の立場にあってTPP賛成論を貫く、斎藤一志氏。山形県鶴岡市で約120戸のコメ農家を束ね、集荷・販売を一手に引き受ける斎藤氏は「TPPは国民の皆さんに食料の自給、いまの農業現場のことを一度考えてもらう最後のチャンス」と語る . . . 本文を読む
コメント

宮城の人「はらこめし」で支援の恩返しーこけしも宮城の名物だと思います

2011-11-13 | 食事教育
「はらこめし」で支援の恩返し 11月13日 15時59分 震災で被害を受けた宮城県亘理町の人たちが、義援金などで支援を続けている埼玉県和光市の人たちに恩返ししようと、旬を迎えたサケを使った郷土料理「はらこめし」を、和光市の市民祭りで作って販売しました。 和光市のボランティア団体と社会福祉協議会は、チャリティーイベントで集めた義援金を宮城県亘理町に届けるなど、支援を続けています。13日は、こ . . . 本文を読む
コメント

中国の食品検査 厚労省協力へー中国には信用が大切だと言うことを教えるべきです

2011-11-13 | 食事教育
・NHKラジオニュース・私も一言! 夕方ニュース主要ニュース 中国の食品検査 厚労省協力へ 11月13日 13時1分 3年前、中国製の冷凍ギョーザから殺虫剤の成分が検出された事件をきっかけに、日本の消費者の間で食の安全への関心が高まるなか、厚生労働省は、日本から検疫の専門家を派遣して、中国国内での食品の検査体制の強化に協力することになりました。 10人が殺虫剤による中毒症状に襲われた、冷凍 . . . 本文を読む
コメント

TPP参加問題ー江田けんじ氏に反論ーアメリカに騙されないように

2011-11-11 | 食事教育
この所、お寺の仕事で忙しく、ブログをさぼっていました。 江田けんじさんのメルマガが届いていました。10月30日分にTPP問題を取り上げていました。 賛成か反対か国論が二つに分かれています。江田けんじ氏は推進派です。 「皆さん、こんにちは! 江田けんじです。  11月中旬のAPECに向けて、TPPへの参加問題がホットなイシューになってきました。やれ「米国の陰謀だ」とか、「米国スタンダードを押し . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

日本の主導的役割重要=TPPで米シンクタンク顧問ーアメリカは日本を罠にはめようと必死だ

2011-11-10 | 食事教育
日本の主導的役割重要=TPPで米シンクタンク顧問 2011年11月09日19時48分 提供:時事通信社 . 米国の有力シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級顧問は9日、東京都内で記者会見し、環太平洋連携協定(TPP)交渉について「日本が入って主導的な役割を果たすことは重要だ」と述べた。  グリーン氏は「TPPのキーポイントは市場開放ではなく、アジア・太平洋のルール . . . 本文を読む
コメント

アメリカは韓国も罠にかけたー米韓FTA批准めぐり韓国国会が紛糾ー日本も騙そうとしている

2011-11-10 | 食事教育
米韓FTA批准めぐり韓国国会が紛糾 読売新聞 11月9日(水)20時35分配信  【ソウル=中川孝之】米韓自由貿易協定(FTA)の早期批准を目指す韓国の国会が紛糾している。  野党側が関連法案の審議入りを拒否しているためで、与党ハンナラ党は10日の本会議で、強行採決も辞さない構えを見せている。  米韓FTAは10月、批准に向けた法案が米議会で可決され、米韓首脳会談で早期批准が確認された。韓国 . . . 本文を読む
コメント

全中のTPP反対行動は正しいのかー農家を守るのでなく食糧生産を守れ

2011-11-06 | 食事教育
農協は経済弱者である農家を守るために組織された協同組合である。 TPPにこのまま無防備に参加すると、農家はつぶれる。日本の食糧生産は落ち食糧自給率は落ちることは間違いない。 TPPというのは関税撤廃が原則であるので、その原則がある中に入ると言うことは関税撤廃を条件にしたことになる。  そうではない、交渉だから反対だったら、条約締結しなければいいんだ、国会で批准しなければ良いんだと言うが、我が . . . 本文を読む
コメント

TPP「交渉後の離脱も可能」は推進論者の詭弁!日米関係悪化を脅しとした協定締結が狙いだ

2011-11-03 | 食事教育
TPP「交渉後の離脱も可能」は推進論者の詭弁!日米関係悪化を脅しとした協定締結が狙いだ 【第24回】 2011年10月11日 中野剛志 [京都大学大学院工学研究科准教授] 菅直人前首相が“平成の開国”を謳い文句に、参加に意欲を見せていた環太平洋経済連携協定(TPP)。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)までに結論を急ぐ政府は、とりあえず協定そのものではなく、まず「交渉に参加する(その . . . 本文を読む
コメント