正しい食事を考える会

食が乱れている中どういう食事が正しいのかをみんなで考え、それを実践する方法を考える会にしたいと思います。

ブログを書くことはボケ防止、

2018-07-20 | 食事教育

7勝ち20日BSテレビプレミアムを見ていたら、脳科学者の中野信子さんが出演されていた。

話題が「覚える」と言うことになった。

人に教える

インプットしたものを一度外に出す

新鮮に感じる、(新しい情報と思えば入ってくる)

 友達と話す

適度な運動をする

血中コレステロールを下げる

物忘れを防ぐ方法③年下の友達を作る

自分が若いと思っている人ほど脳が若い(と言う論文が発表された)、

・・・

以上 思い出して書いたが、正しくはないかもしれないが、なぜこれだけ書けたのか…と言うことは、日頃思っていることが述べられていたのです。

いつか、再放送を探して、正確に書くつもりですが、私がこのブログを書いて、書く前に思いがあって、その思いを書いては消し,推敲して、このことが物覚えが悪くなった私が、ブログを書くことにとって脳に刻み、記憶に残している・・・と言うボケ防止になっていると思っています。

高校生のころ、妹が教えてほしいと言ったこと、私も知らなかったことですが、調べて教えることで、よく覚えていることがあります。

このことを人に教えることのメリットを孫に伝えたいと思っています。

中三のお兄ちゃん小5の妹の家庭教師をさせると言いと思いますがうまく行くかどうか???

その番組の中でミソスープの料理が出され、おいしいと飲んでいました。

コピーして妻に作ってほしいと言ったら・・・

あなた作ったら・・・といわれました。

前回のブログで、簡単トマトの即席みそ汁を照会していましたが、今回もトマトとみそは使いますが、ちょっと高級みそ汁のようです。

女性の方このスープは特製で

彼に作ってやると・・・評価は上がると思いますよ。

板長稲塚の割烹Kiichiへようこそ

7月20日放送で紹介した料理

ハモンイベリコ出汁!記憶に残る“ 濃ミソ冷製(冷静)スープ ”

「ハモンイベリコ出汁!記憶に残る“ 濃ミソ冷製(冷静)スープ ”」

【材料】(4人分)
<だし汁>
ハモンイベリコ…約50g
水…700 ml
昆布…10g
かつお節…10g
にんにく薄切り…一片分
味噌…大さじ2/1

<スープの具材>
トマト(湯剥き) 1個
ズッキーニ    1/2本
玉ねぎ    1/2個
なす      1/2個
カラーピーマン(3色)…1/2個ずつ
にんにく…適量
オリーブオイル…適量

<トッピング>
ハモンイベリコ…4~5枚
バジル…適量
トマトの角切り…適量
オリーブオイル…適量
※生ハムはハモンイベリコ以外でも代用可能

【作り方】
(1)鍋に水、昆布、にんにく(スライス)、ハモンイベリコを入れ火にかける。沸騰直前に昆布を取り出し、10分煮出す。かつお節を入れ火を止め、かつお節が沈んだらざるで濾す。
(2)だし汁に味噌を少しずつ溶きながら味を調える。(ハモンイベリコに塩分が含まれているので味噌の量は調節してください)
(3)野菜を1.5cm角に切り、にんにくとオリーブオイルで炒め粗熱が取れたら(2)で作ったミソスープに合わせて冷蔵庫で冷やす。
(4)器に盛りトマト、ハモンイベリコ、バジルを乗せ、最後にオリーブオイルをかけて完成。
 
ハモンイベリコ出汁!記憶に残る“ 濃ミソ冷製(冷静)スープ ”
ハモンイベリコ出汁!記憶に残る“ 濃ミソ冷製(冷静)スープ ”
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 熱中症多発傾向は・・・朝食... | トップ | 世界の朝ごはん ツァン イン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食事教育」カテゴリの最新記事