正しい食事を考える会

食が乱れている中どういう食事が正しいのかをみんなで考え、それを実践する方法を考える会にしたいと思います。

10年から20年後、約47%の人の仕事がなくなる!?職の需要がどう変わるかを考えて対策を立てるべきでしょう。

2017-04-17 | 食事教育

福多か市では福を求めてゆかねばなpらない。

 

「10年から20年後、約47%の人の仕事がなくなる!?」と言う記事がインターネットにありました。

それを勉強し対策を建てるべきでしょう。

参考のためにコピペします。

 

 

「オックスフォード大学が大胆な予測を発表…
10年から20年後、約47%の人の仕事がなくなる!?

  • これは本当に現実になるのか?現実になるとすれば、いつなのか?
  • オックスフォード大学と政府の統計データなどからわかった。人から仕事を奪う3つの大きな原因…
  • なぜ、人の仕事を奪う3つの原因が、数年後に収入を2倍、3倍に大きく増やすチャンスになるのか…

 

90%以上の確率で消える仕事リスト…
銀行の融資担当者
電話オペレーター
レジ係
ネイリスト
弁護士助手(パラリーガル)
ホテルの受付
税務申告の代行者
簿記・会計の事務員
不動産ブローカー
動物のブリーダー
時計修理屋
図書館の補助員
塗装・壁紙張り
造園・用地管理の作業員
などなど…

※オックスフォード大学オズボーン准教授の論文より

「10年~20年後、約47%の人の仕事がなくなる」

技術の進歩がめざましい勢いで進んでいる機械。オックスフォード大学がその進歩によって、どのぐらい人間の仕事が奪われてしまうのかを研究しました。その結果、今後10年~20年ほどで約47%の仕事が自動化されるリスクが高い。そんな結論が出たのです。

 

詳しく、政府の統計データなども調べてみると、人から仕事を奪っていくものには、3つの大きな原因があることがわかりました。

 

もしあなたが、「このまま、この仕事をずっと続けていて、いいんだろうか?」と不安に感じたことがあるなら、続きを読んでください。(人から仕事を奪う3つの原因を逆手にとって、僕が数年で収入を大きく伸ばした秘密も書いています)

1.仕事の価値を大きく下げる原因:供給過剰

 

ビジネスは需要と供給で成り立っています。ある仕事が供給過剰に陥ってしまうとそのビジネスで利益を出すのが難しくなり、収入が減ってしまうのです。もし、供給過剰によって売上が半減してしまっては、たくさんの事業が廃業するのは当然と言えるでしょう。

そして、この供給過剰の問題は、柔道整復師や整体師などのいわゆる治療家の仕事、それに美容室や歯科医院、さらには士業の世界にまで深刻なダメージを与えています。

 

接骨院の数は2002年には25,975店舗だったのですが、2012年には42,431店舗に急増。10年で1.6倍になってます(厚生労働省:平成 24 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況より)。これは、コンビニ最大手3社のセブン・イレブン、ローソン、ファミリーマートの店舗数の合計41,085店舗よりも多い数です。しかも、これは接骨院だけの数で、整体院なども含めると10万店舗を超えるのではないか、ともいわれるほど急増しているのです。びっくりですよね。

 

美容室や歯科医院もコンビニよりも多く、供給過多に陥っていて治療家とほとんど同じような状況にあります。

 

他にも、いわゆる士業と呼ばれている先生の方々の仕事にも供給過剰の波が襲ってきています。たとえば、、、

※厚生労働省:平成 24 年衛生行政報告例

 

この記事を読んだ人のコメント

"将来なくなる仕事はもっとありますね。私が社会人になった30年前から現在までもなくなった仕事はいっぱいある。

でも、新しい仕事も現れる。"

"多分、消えはしないが、新聞社、漫画家、音楽家(作家)は食えなくなるだろうね。それに付随する出版社や印刷会社、レコード会社。

あとは、都市圏の地下鉄が自動化されて24時間動いたら、タクシードライバー。"

"これからどんどん人間の労働力なんて必要なくなるからね。

だから、生活していくために働いてお金を稼がないといけないなんていう古いシステムや常識は捨てないといけないのですよ。"

"働く能力を高く持って、常に研鑽しなければいけないですね誰でも出来る仕事しか出来ない人から切り捨てられる。"

"どんな時代であっても、営業マンはなくならない。対人スキルの重要さがわかる。"

"正にご指名を受けた時計修理業を営んでいますが、実は世に電池の時計が出始めた当初、今から40年くらい前から遠からず死滅するであろうと言われ続けた職です。

今でも時計屋は全国にたくさんあるじゃないか、そもそもお前も食えてるだろ、としばしば言われますが実際には今現在稼働している、「店主自身が時計技術者」の開業修理業者の大半が70~80台の方で大半はあと数年で廃業を予定、その子孫の世代が技術職を継いでいるお店は殆ど無く、当県では全体の10%未満であろうと言われています。"

"2020年の東京オリンピックに向けて今、都内では空きが在ればドンドンとホテルを増産してます。

確かに今現在は右肩上がりのホテル業ですが…オリンピック終了後の惨状が気になります。アパホテルを筆頭に・・・"

"十勝めむろ町で農業を35年以上営んでる者ですが 農業はリストに無くて ホッとしてます。

人間の生命の必須の物ですから 国をあげて 大事にして頂けたら 嬉しいです。"

"時代の流れは早いようです。この先人間達は良き進化に向けて生きて行けるのだろうか。

"個人的に必要な業種は魚屋、肉屋、八百屋の個人経営の食料品店。"

"全く不安を感じていません。。 贅沢を求めすぎかと思います。。"

"ホリエモンか99%の会社はいらない!と言ってます。"

 

  • 公認会計士は、2000年には、16656人でしたが、2014年には、33977人と2倍以上に増えていますし…
  • 行政書士は、2005年~2014年の間に37,607人から44,057人に増加
  • 社会保険労務士は、10年で26,460人(2005年)から38,878人(2014年)と1.46倍に…
  • 税理士も、10年で69,243人(2005年)から74,501人(2014年)
  • 司法書士は、2006年から2015年の間に、18,509人から21,658人まで増えています…

 

こんな風に軒並み資格者の数が大きく増加しているのです。しかも、この勢いはまだまだ止まりそうもありません。そうなってくると、ますます供給過剰が進み、仕事の価値が大きく下がってくることになるでしょう。

 

2.仕事の価値を大きく下げる原因:技術革新

 

2つ目は技術革新です。

 

技術革新やインターネットの発展によって、GoogleやYahoo、楽天、Amazonなど多くインターネット企業が台頭し、多くの仕事を飲み込んでいきました。

 

わかりやすい例でいうと、Amazonの登場で街から本屋が次々と消え去っています。本屋は21,495 店(2000年)から、13,488店(2015年)と、たった15年で約40%が消え去ってしまったのです

 

技術革新によって、人間の仕事が奪われているのは本屋だけではありません。製造業Webデザイナー翻訳業など、人工知能が学習可能なこと、ロボットに代替可能なことが多い分野は、これから何十年かの間にロボットにとって変わられていくことは自然なことです。

 

3.仕事の価値を大きく下げる原因:消費者の行動の変化

 

3つ目は、消費者の行動の変化です。

 

この消費者の行動の変化で影響を受けているのが小売店です。インターネット登場以前と違って、手元のデバイスであらゆる情報へのアクセスが可能になった消費者は「より安く、賢く」買い物をしようとするようになりました。

 

価格ドットコムやAmazon、ホットペッパー、食べログなどのランキング・レビューサイトが消費者の行動を大きく変えました。店頭で買わなくても、ネットで同じものを安く手に入れることができるようになってしまったからです。家電量販店の最大手であるヤマダ電機ですら、一時41億円の赤字に沈む状況に陥ってしまいました。

 

技術確信や、時代のトレンドによって消費者の購買行動のプロセスが一気に変わってしまった結果、苦境に立たされたビジネスは多く存在しているのです…

 

もし、仕事の価値が下がってしまっていると…

この3つの原因に当てはまっていている仕事で収入をより上げていくのが、とても難しいでしょう。

 

例えるなら、下りのエスカレーターを必死に走っているようなものです。

 

いくらがんばって、走っていても、すこし休んだだけですぐに下がってしまう。必死に走り続けなければ、現状を維持するのも難しい。そんな状況に立たされているのです。ですが、、、

 

仕事の価値を下げる原因を収入上げるチャンスに変える…

 

実はこの仕事の価値を下げる原因は、悪いことばかりではないのです。なぜなら、大きな変化があるときには、同時にチャンスも生まれているから

です。

 

たとえば、インターネットの登場は、書店を飲み込んだ一方で、Amazonというスター企業を生み出しました。他にも、任天堂を一時赤字にまで追い込んだスマホゲームで、モバゲーはプロ野球球団を持つ大企業に成長しました。他にも、

 

  • CtoCの民泊事業を展開するAirbnb
  • 世界中のソーシャルネットワークを支配したFacebook
  • アウトソーシングをクラウド上で発注・受注できてしまうクラウドソーシング

 

これらは全て、時代の変化をうまく読んで、ビジネスを成功させてきた企業の代表例です。

 

そして、今、大きなチャンスになっていること。

 

それが、インターネットで商品を売るために必要なウェブ・セールスライティングという新しい仕事です。考えてみて欲しいのですが、AmazonやApple、食べログなど、あなたはインターネットで買うという行動をするときに、そこには必ず「コピー」が存在しているはずです。そのコピーを「売れるコピー」にする。それが、ウェブ・セールスライティングなのです。

 

なぜ、この仕事が今、大きなビジネスチャンスになっているのかというと、、、

インターネットが登場以来、ネット通販市場は成長し続けています。特に、BtoCの市場は、2006年から2014年の9年の間に、4.4兆円から12.8兆円の2.91倍に成長しています。つまり、インターネットでモノを売りたい人は増え続けているということです。しかし、ウェブ・セールスライティングができる人はそのペースで増えておらず、供給過剰どころか、需要に供給がまったく追いついていない状態になっているのです。

 

しかも、この仕事は日本ではあまり知られていないのですが、アメリカでは100年以上の歴史があって、ずっと研究され、残り続けている仕事です。それは、セールスライティングの本質が、商品を売ることで、どうすれば人は商品を買うのか、という心理技術を扱うものだからです。人の心理は10年や20年といった短い時間で変わるものではないので、ずっとお金を運んできてくれるスキルなのです。

 

ちょっと極端な例かもしれませんが、アメリカでの話で、A4用紙8ページの文章で、日本円で2200万円の収入を手に入れることもできる仕事でもあります。実際に日本でも、セールスライティング案件1件に超大手エリートサラリーマンの年収を大きく超える報酬をもらって、その文章を使って売った売上の数%をロイヤリティという形でもらっている人も実在しています。

※ あくまでも一例であり、成果を保証するものではありません。

 

セールスライティングをやりはじめて、司法書士の仕事をやめました…

そして、僕もセールスライティングの仕事を知って、実際にやりはじめたのです。やりはじめて3年ぐらいで前の仕事よりも稼げるようになりました。前の仕事は司法書士という法律関係の仕事で、自分で事務所を構えてやっていました。(自分で言うのも何ですが)わりとうまくいっていたので、3年で司法書士の頃の収入を超えたのは、自分でも驚きました(今では司法書士の仕事はやっていません)。

 

司法書士は何年も勉強して国家試験に受かってから、2,3年実務の修行。そのあと、自分の事務所をもって、、、という流れで合計10年弱やっていました。10年弱やっていた仕事の収入を3年ほどで超えることができたのは、やっぱり選んだ仕事がよかった、というのが大きいと思います。

※ 個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

 

収入の不安がなくなった

「司法書士の資格があれば、将来は安泰」なんて思って、がんばって資格をとったんですが、、、現実と想像はまったく違いました。人から仕事を奪う原因になっている供給過剰にどんどん陥ってきていることを肌で感じて、10年後、20年後ずっとこの仕事を続けられるのか、、、という不安が常にあったのです。

 

でも、セールスライティングの仕事をやって、そんな不安はなくなりました。商品を売る力、つまりセールスライティングのスキルを磨いていけば、仕事に困ることはないとわかったからです。世の中から、商品をもっと売りたいと思っている会社がなくなる、なんてことは、まあ考えられないからです。なので、自分の腕を磨き続けていけば、資格や会社に頼らなくても、大丈夫。極端にいうと、自分の腕とノートパソコン1台あれば、仕事には困らないということがわかったからです。ノートパソコンがあれば、文字は書けますからね。あとは、自分の腕を磨けば磨くほど、収入は上がっていきます。

 

それに、この仕事は人の心理を扱っているので、とても楽しく勉強できて、資格もいらないというのも魅力です。

 

このウェブ・セールスライティングについて、今、日本のウェブ・セールスライティング業界で実績のある人(ウェブ・セールスライティングの世界で日本で一番報酬が高い、と言っている人もいるほどです)が「気に入らなかったらお金を全部返してくれる」という方法で、入門書を試すことができるようになっています。

 

ウェブ・セールスライティングの仕事をしている人が増えてくれば、この状況は変わってしまうかもしれないので、詳しい情報を知りたい人や、気になる人は、なるべく早くこちらをチェックしてみてください。

 

>>>ウェブ・セールスライティングの詳しい情報はこちら

 

ーライター:山田光彦」以上転記

※※

上記を読んで、AI化、インターネット化で仕事の必要性がどう変わるかを考えて、どういう能力を備えるべきかを考えて勉強するべきでしょう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 全農が「スシロー」出資、コ... | トップ | 古賀市版の「福!福!」商品... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食事教育」カテゴリの最新記事