古書Blog

古書・古本案内

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

書評「詩画集大鴉」ポオ/ドレ[出帆社]

2004-03-26 15:12:42 | Weblog
エドガー・アラン・ポオの詩、ギュスターブ・ドレの挿絵、日夏耿之介の訳文。
この3つが一体となって1冊の書物になっている。
1881年3月、母の死を契機にドレはポオの詩「大鴉」に取り憑かれたように26枚の挿し絵を描き、そして1883年1月に亡くなった。

(緑風舎)
(SSearch検索)
コメント   この記事についてブログを書く
« はじめに | トップ | 書評「日本文法講座」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事