梅香のつれづれ日記

今井町から保存活動の情報をお知らせします
今井町にあなたのお知恵を貸して下さい
時には梅香の独り言も書いていきます

羊大使 秋の任務を無事終えてめえめえ牧場に帰りました

2012-11-23 09:48:18 | 羊大使
10月28日から始まったJR桜井線での羊による除草作業は11月22日10時からJR工科長の列車監視の下、設備の撤去、羊さんの輸送で無事終了しました

今回の放牧、羊大使計画はJR西日本の各部署から視察、見学に来られたのはもちろん、橿原市、下市町、黒滝その他の耕作放置地をお持ちの地域からも熱心な方が多数見学に来られた
それよりももっと嬉しかったのは、地元の子供たちがたくさん見学に来て、電車に手を振る懐かしい風景や、草を持ち寄って与えてくれたり、金網越しに羊に触る光景がたくさん見られたことで、つかの間だったがすごい情操教育が生まれたのをJRさんが気づいてくれたことだった


これまでの流れをまとめてみますと
1、10月28日山添村の知人から1通のメールが届いた
2、さっそく29日16時に今井町を出発、山添村のめえめえ牧場に走った


並行してJRの管轄部署にも連絡をして、好感触を得た

3、11月3日13時から我が家で実行に向けての第1回打 ち合わせ(JR王寺鉄道部、めえめえ牧場、若林の3者)JR桜井線の土手を羊による除草テストしょうと協議した

4、4日、再度確認のため山添のめえめえ牧場に走る

5、6日、我が家の裏で仮放牧の準備作業



6、7日、3頭を仮放牧、食べる、食べる




テストで放牧した我が家の羊による除草は2日であらかた終了、
たくさんの人が見物に来るようになったが肝心の草が無くなった



7、12日、10時に、JRの係員が列車監視に立って柵の製作開始、牧場のTさん、私で1時間ほどで広さ2メートル×8メートルの柵を作り上げて羊を放牧したが、14日夕方にはほとんどなくなってしまった 






8、16日、サークルを拡大 

JRさん、めえめえ牧場さんの担当者の方も組織を挙げての取り組みにしょうと頑張ってくれていますが草は限界


沢山の人が草を補給してくれている



9、11月22日10時 JR工科長立ち合いで羊大使はめえめえ牧場へ任務を終えてお帰り




お別れの食事を提供してくれるご近所の方






来春、若草が萌える頃にいよいよ本番の受け入れを実行するため、計画を練っておきますとJRさんも、めえめえ牧場のTさんも来季を期待して我が家の羊大使の任務は終了となった
来春からが本番、期待してください
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 羊大使除草大作戦パート3 | トップ | afs留学生たちが今井町で勉強  »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自然の草刈り機 (K.Sawamura)
2012-11-25 07:25:34
若林さん、今年の春に今井町でお会いした奈良市出身の奈良を愛する者です。私の住んでいるスイスでは羊は自然の草刈り機としていたるとろで投入されてます。
むーちゃん
羊は自然の草刈り機 (若林梅香)
2012-11-26 09:06:05
K.Sawamuraさん
春にはスイスの町づくりの話などをお聞かせいただいてありがとうございました
着物もお持ちくださってその後、みんなにあの時のお話をしたものです
羊は自然の草刈り機、まさにその通りですね 
私の小さい頃はさすが羊はいませんでしたが、山羊や牛が草をはむ光景はよく見られましたが、河川敷がコンクリート化され、農地がどんどんなくなる半面、農業の機械化が進み、動物は全く見られなくなりました
今回の放牧を通じて、今の子供たちも動物は好きなんだということを確信しました
春の放牧が楽しみです

コメントを投稿

羊大使」カテゴリの最新記事