好奇心全開!!林住期を遊ぶ

 林住期も下り坂に突入して、やっと命の不思議に目覚めたようね感じです。
 玄牝の門を敲きます。

『 愛し恋して幾夜過ぎたか 独り身の夜ももう三年 』 都々逸で交心tp1705

2014-10-17 19:09:46 | 都々逸で交心

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄恋575交心 都々逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★










★ 都々逸で交心tp1701

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


愛し恋して幾夜過ぎたか


独り身の夜ももう三年


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。







 > 微笑みかけて背向けて泣かす

        愛し恋しで傷だらけ~   愛呼



        愛し恋して幾夜過ぎたか

   独り身の夜ももう三年   旅仁



   背向けて泣かす夜はなかったに

        今じゃ微笑む月の中   旅仁



        微笑みかけてわたしを呼ぶも

   まだまだ越せぬ黄泉の関   旅仁





 独りで生きる知恵も勇気も ぬしが笑みから汲み尽くす   旅仁
 


 胡蝶の夢を観ましょう。
 愛の源泉は汲み尽くせるものではありませんから・・・





☆☆☆ 愛呼さんの『 男と女~♪(女の文字遊び―129) 』 への尻取り都々逸交心です。 ★★★
 





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






 > 吾が生や涯てありて、知や涯てなし   荘子



 ぼくが生きている間にどれほどのことを知ることができるだろう・・・
 今までにどれくらいのことを知ってきたのだろう。
 ぼくの知っていることなんて星屑の中のひとつにも当たらないでしょうね。
 5千年の人類の歴史を観ても、その中でどれだけの知識が蓄積され、どれだけの知識が生き残ってきたのでしょうか。アインシュタインの相対性理論でも変更されていくらしいですね。口角泡を飛ばして激論するから知識も新しくなり、真実に近づいていくのでしょうけれど・・・真実を検証できる立場にもなくその能力も持たないぼくが人と激論できるような知識はゼロに近い。それなのに今までどれほど善悪是非を人と言い争ってきたことだろう。今となっては青年期の青ざめた夢の駒ごまとして小さな小さな夢なんですね。
 大きな大きな夢を見た人たちの夢も今となっては夢のまた夢です。
 夢の中で主人公を生きることができれば夢もまた楽し。現実の中で自分のなかの主人公を生きることができれば現実もまた楽し。夢も現実も儚く移ろいつづけるものであれば夢の中の主人公も現実の中の主人公も同じように楽しめるのでしょうね・・・



 ぼくがあなたに逢えて一夜を熱く語り明かす夢を観ることができたらそれはどんなに楽しくHappyなことでしょう。
 消えていく夢ならまた見ればいい。
 夢を観る力がほしいですね。
 自分が念じる通りの夢を観ることができたら、それは現実よりも幸せなことかもしれません。現実には自分が主人公で生きることができる場面などそうは起こるものではありませんけれど、夢の中でならたいてい自分が主人公でかなり自由な生き方をしているものです。夢なら覚めるなと本当に思ってしまうほでどすから・・・



 酔芙蓉吾に果てあり恋いあそべ   旅仁


 隠り成りきり逍遙游と










ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 妄恋575交心tp1709

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


酔芙蓉吾に果てあり恋いあそべ


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――







ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。









★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 良寛貞心尼相聞歌01-01zbx20『 これぞこのほとけの道に遊びつつつくやつきせぬみのりなるらむ 』tp16 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 徒然575交心tp0402『 秋の空遙か加奈陀の湖想う 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



コメント   この記事についてブログを書く
« 『 これぞこのほとけの道に... | トップ | フォト短歌『 届かぬと思う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

都々逸で交心」カテゴリの最新記事