好奇心全開!!林住期を遊ぶ

 林住期も下り坂に突入して、やっと命の不思議に目覚めたようね感じです。
 玄牝の門を敲きます。

フォト旅日記zrv2201『 奥の細道 市振の宿01 桔梗屋跡』

2018-05-24 20:51:43 | フォト旅日記

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ フォト旅日記 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★











ランキングにご協力くださいね。

おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





 > 一つ屋に遊女も寝たり萩と月   芭蕉



 その市振の宿を廻ってみました。
 宿の跡は空き地しかなかったそうですけれど、いまは、民家が建ち並んでいました。
 珍しく、句碑も見つかりません。










 短い路地の先端の三叉路に、痩せ細った松が2本植えてありました。なんともみすぼらしい松です。
 そのいわれがかいせつしてありました。












ランキングにご協力くださいね。
スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。






 写真01 奥の細道 市振の宿01 桔梗屋跡

 写真02 奥の細道 市振の宿02 解説

 写真03 奥の細道 市振の宿03 海道の松





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へにほんブログ村

★ ありがとうございます。







 市振は良寛さんを世に出した相馬御風さんの出身地でもありました。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« フォト旅日記zrv1900... | トップ | 『 幻を追うてこの世の合歓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フォト旅日記」カテゴリの最新記事