好奇心全開!!林住期を遊ぶ

 林住期も下り坂に突入して、やっと命の不思議に目覚めたようね感じです。
 玄牝の門を敲きます。

『 言魂で菩薩とあそぶ夜長かな 』遊行期游泳575hqp0603

2019-08-29 15:28:47 | 遊行期游泳575
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行俳句で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





 ★ 遊行俳句で交心hqp0603

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

 言魂で菩薩とあそぶ夜長かな

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





 遊呼さん、早い交心ありがとうございます。
 オレンジ色は遊呼さんのおしゃれ色だったんですね。オレンジ色をまとったら紅葉の妖女ですか!一緒に飛翔できたら楽しいでしょうね。


 > さみしさは沸点にまで秋の夜   遊呼



 秋の宵はだかのこころ星に翔ぶ   仁



 現身の情は熱かったり、淋しかったり、浮いたり沈んだり、切ないですね。
 遊行の心は現身の情を、言魂に乗って、遊泳できるんですよ。
 言魂は、根源的な命から湧いてくる言葉ですから、魂が宿るのです。言魂に乗れるのは、だから同じ魂なんです。原初の命なんです。

 原初の命は宇宙の愛から出てくるんですよ。そしてまた宇宙の愛に戻るんです。出たり入ったり、いろいろの姿を現します。変化自在なんです。

 不生不滅です。生まれて滅びる現身は、だから、言魂に乗ることはできないんです。
 けれど、現身に宿る遊行の心は、魂に近いから、言魂に乗れるんですよ。
 はだかのこころも、現身の衣を脱いだ心ですから、遊行の心と同じに、言魂に乗れるんですよ。


 言魂の言葉は、はだかのこころや遊行の心にしか幻えません。
 現身の情には、言葉遊びとか、戯言とにしか見えないんです。


 銀河の外での巡り会いなんて、誰が求めるでしょうね・・・


 でもね、良寛さんも貞心尼さんも、銀河の外で巡り会っているんですよ。
 だから、良寛さんと貞心尼さんの現身も、常識を逸脱しているんです。
 菩薩さんになって愛し合っているんです。




 言魂で菩薩とあそぶ夜長かな   仁  2009-10-06




ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 瘋癲老仁妄句zqs0301『 騰騰と老骨花野徘徊す 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







コメント   この記事についてブログを書く
« 『 梔子の花のごとくに友逝... | トップ | フォト花575『 酔芙蓉ぼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

遊行期游泳575」カテゴリの最新記事