ヘミシンクとか占星術とかその周辺の、スピリチュアル的な思考と日常の記録的な何か

ヘミシンクなどの変性意識による精神世界・高次世界の探索ブログ。メインガイドとの質疑応答や読者のガイド探索なども。

天使とスマップとビーム、そしてファラオ。人様のガイドに接触を図ってみるシリーズ第33弾:aika224さんのガイドたち。

2018-04-16 22:25:34 | ヘミシンク・バイノーラルビート・死後探索 記事

○恒星探索会


22日14時からの恒星探索会、参加希望の方が定員としていた5人に達しましたので一応募集をいったん締め切らせていただきます。
前日の記事に参加用のURLを載せますので、もしふらっと来てくださる方がいらっしゃったらそれでも大丈夫ですよー。
何しろオンラインなので、その辺りは自由度が高い(笑)


○プチ面白話


この間、親しくさせていただいている方から電話がありまして、

「初めて目を瞑った時に映像が見えたんです」

と興奮気味に報告してくださったんですよ。

「凄い、びっくりして一度目を開けて、もう一度瞑ってもまだそのままそこにあった。これがあれば、バーチャルリアリティなんていらないじゃないですか!」

と仰るので、まさにバーチャルリアリティとかいりませんよねえとお話していました。
だって私もはや美しい景色の写真を見ても、

「体外離脱してここに行こう」

としか思いませんもん。
それか私はまだ体外離脱をそこまでの精度でコントロールできませんので、ヒラリオンに頼んだらアタカマ塩湖に連れて行ってくれた時みたいに連れて行ってくれるだろう、みたいな。(→「変性意識で世界旅行ができるのでは?」)

正直、リアル度で言えば物質的身体を伴ってそこに行くのと、体験の中でそこに行くのは変わりません。
特に濃い体外離脱になるとリアル度は本当に現実世界と変わりません。

物質的身体を伴って行くことのいいところは、

・異文化体験ができる
・匂いや風など、視覚以外のリアリティがある
・お金を使える
・移動の楽しみ

とかそういう感じ?
非物質的に行くことのいいところは、何と言っても、

・どういう場所でも、どういう角度からでも、上昇も下降も水平移動も何もかも自由自在。

というところです。
これはでかい。
あとお金も時間もかからない。
珠に傷なのは、体験が終わったら忘れがちなところ(笑)
あと、異国の食事を楽しんだり、高級ホテル滞在を楽しんだり、思いがけないところで知己を得たりとか、そういう物質的な楽しみはないですね。

その方はその台詞のあと、続けて、

「これが、今井さんがいつも見ている世界なんですね」

と言われたので、

「はい」

と返すと、

「これは凄い…」

とため息をつかれました。
こういう反応は新鮮です。
というのも、私がこういう話をする人の中で、全く体験したことがない状態からいきなりビビッドな映像体験をするようになった方はこの方が初めてなので。

向こうの世界の体験はH24、またはH12体験なので、本当にそれをビビッドに体感したら、例外なくそれを一生かけて追いかけるようになると松村先生は言っており、私はそれは完全に同意します。
例外なく、というところに。
H12にいきなり触れると溶けるかもしれないですけどね。

それは変性意識による体験に限らないのですが。
音楽でも、絵画でも、スポーツでも、料理でも、Writingでも…
この方は芸術家なので、既にH24、あるいはH12を知っているわけです。
そしてそれを一生かけて死に物狂いで追いかける行為を知っている。
だからこその反応だったのかなあ、と思います。


○人様のガイドに接触できるかどうかやってみようの会 第33弾:aika224さんのガイドに接触


というわけで、間に体調不良を挟んで引っ張りに引っ張りましたが、やっとaika224さんのガイドに接触した記事に戻ります。
長かった!

久しぶりに人様ガイド探索シリーズの探索をやりましたが、やっぱり面白いです。
自分個人の探索でも出てくるものは予測不能ですが、人様のガイドの探索だと、輪をかけて意味不明ですね。

それに、出てきてくれないガイドは頑なに出てきてくれないし、
逆に、すぐに出てきてくれてめっちゃ喋ってくれるガイドもいるし、
本当に人それぞれで面白い。

今回6人組による妨害(?)からの体調不良で、一度の探索では一貫した結果が得られず、何度かに分けて探索をちょこちょこやるという感じになりました。(→「6人組による妨害(?)。」)
何回にも分けても同じ存在にアクセスできるところが凄いと思います。

熱が出ている間は、せっかく高熱によってずっと夢うつつの狭間にいることになるわけだから、と、布団に入る前に
「夢でaika224さんのガイドに会う」
と意図してみたりしました。
すると出てきてくれました。
意図的な探索のようなボリュームある内容にはならないのですが、これも面白かったですし、その存在は今日の探索にも出てきてくれましたので、この夢のことも交えつつ書いていこうと思います。

それでは探索記録です。


シーン1:スマップ

一度目の探索の様子はこちら→「6人組による妨害(?)」
ここではエジプトのファラオの棺にひたすらピンクのビームを浴びせる少女が出てきていました。

その後密かに(笑)行っていた、2度目の探索ではこの少女とは全く違う、はっきりガイドとわかる存在が登場。
このガイドは、以前aika224さんが探索に立候補してくださる直前に、私の恒星探索の最中に出てきて、

「もう一人増える」

と一言言っていった存在と同じと思われます。

この探索ではフォーカス12フリーフローでははなくて、ダスカロスに会う探索の時のように、バイノーラルビートCD『Insight』を使って高次元瞑想という形で行いました。(→「「ダスカレ!」と叫んで泣く私」)
ダスカロス探索と全く同じに、
「カウントアップの途中でaika224さんのガイドに会う」
と意図します。

すると25辺りまで来た時に、突然スマップの歌が大音量で流れてきました。
ス、スマップ…

超有名なのでそりゃワンフレーズくらいは知ってますけど、普段自分から聞くことは絶対ない曲です、Never。
したがって、普通にしている時に思い出して脳内で流れるとかいうことも、NEVER ないという曲チョイスです。

ひとつは「世界に一つだけの花」。
流れてきたフレーズもこの部分。

もう一つは…名前知らないな…
あ、「がんばりましょう」ですね。
そのままだった。
流れてきたのはサビのフレーズです。

「世界に一つだけの花」
「Hey hey hey girl, どんな時もくじけずにがんばりましょう」

という二つのフレーズが大音量で流れました。
このフレーズチョイス…ヒラリオンだと絶対やらないな…という感じで…
もちろんこういうこと言ったら最後私が一切聞かなくなるのがわかってるからですけど。

通常の意識状態ではありえない曲とフレーズに固まっていると、目の前に男性がいるのに気が付きました。
茶色い髪のひょろっとした…恒星探索の時に一言言いに来た彼です。

その人は無表情なんですが、その場で駆けっこのポーズを取りながら片足と片手を走る時のように前後に動かしています。
しかし身体は全然動いていません(笑)

これは…どのようなメッセージなんでしょうか、頑張れって言ってるのか言ってないのか(笑)
見ようによっては「頑張るフリだけしろ」みたいなメッセージにも見えるような気がします(笑)

その人はそういうことをしながら私の方を無表情でじっと見ています。
シュールすぎるwww
シュールすぎてちょっと怖いwww

その人とそこから少しお話したのですが、どういう会話があったか殆ど忘れてしまいました。
「ガイドですか」という質問に肯定をくれたのは覚えています。
内容はおぼろげに、歌の内容の通りだった気がします。
「色々あるけど頑張って」的な。

「世界に一つだけの花」の話になった時、その人は手を合わせて花の形に開き、そこに美しい赤く光る花が咲いていました。
こういう花が咲くよ、とか、こういう花を咲かせてね、という感じで。
形的にはラフレシアに似ていたような。
世界一巨大な花ですよね。

ここまでが高次元瞑想カウントアップによる探索です。
このガイドが消えた後、待てど暮らせどうんともすんとも言わず、イメージの一つも浮かんでこないという状態に。

この時点で、aika224さんのガイドはかなり渋い、というか、あまり接触してくれる気はないような感じだなと思ってきました。


シーン2:夢に出てきた天使

その後発熱。
上に書いた通り、寝込む前に

「寝ている間にaika224さんのガイドに会う」

と意図してみました。
すると、夢にそれと思しき存在が登場。

外見は、タロットカード大アルカナ14の節制のカードの天使のような感じです。

その天使は、私に二つの文字をくれました。
なので外見的には14の天使なんですけど、イメージ的には6恋人の天使に近いかも。



ただ両手にあるのは男女ではなくて、文字なわけです。

その二つの文字は

「破」

そして

「瞋」

後者のほうは、仏教で使われる文字(というわけでもないのかな?)ですよね。
瞋恚
で、仏教の3毒・10悪・6煩悩の1つとされる怒り・憎しみ・恨みのことですね。

どういう意味なのであろうか。
この時の天使は神々しさというか、厳しさのある光の放射とともに現れました。
厳しさのある光ってなんじゃって感じですが、なんか美しいとか眩いとかいう感じじゃないんです。
なんか厳しい。
おごそかな、というのとはまた違うんですけど、畏怖を招くような有無を言わさぬ感じの光です。

その夢はここで終わりました。
何の説明もない。
いやあったのかもしれませんけど、持ち帰れなかったのか。
でもあの感じからすると多分説明とかはない気がします。
天使ってそういう感じなんですよね。
有無を言わさない。
言葉もない。
ただ存在と力だけがあり、人間のことをあまり対等に扱わない。


シーン3:改めて探索。

ここからが今日改めて行った探索の内容です。
今日はまともな探索になったと思います。

ただ、やはりaika224さんのガイドははっきり現れて直接的な対話をする気はないようです。

CDが始まり、全身のリラックスをやって暫くすると、目の前に水路が見えました。
田んぼの中を真っ直ぐに走っている細い水路です。
光を反射して煌めいています。

あぜ道に農夫の姿の男性が一人おり、何か長い棒を持って作業しています。
麦藁帽らしいものを被っています。

ここから何か動くかとそのシーンにじっと注目してみますが、それ以上シーンは動きません。

これまでの探索で出てきた全ての存在に対して、出てきてくれるように呼びかけてみることにします。
最初の探索のピンクのビームの女の子、スマップの歌を流したガイドの男性、天使。
それぞれに対して、「もう一度出てきて話してほしい」と意図します。
すると、

「もう言うことはない」

という思念が来ました。
思念だけです。
田んぼのシーンは消えており、暗闇で、映像もなく、声もなく、思念だけ。
こういうのも珍しいです。

ピンクのビームの女の子からの思念だと直感で分かります。
そこから思念だけで会話が始まりました。

「言うことはないのに出てきてくれてありがとう…。もし良かったら、何も言うことがないのは何故なのか、出てきて教えてほしい」

「もう言うことは全部言った」

「そうなんですね…」

この言葉と同時に、先程の田んぼの水路の映像が示されます。
この映像が「全部言った」ことの中身なのか、何も言うことがないのは何故という質問への解答なのか、どちらかということでしょうか。

突然その田圃の景色に、タコの足のような、ウネウネしたものの映像が重なりました。
そこにさらに、宇宙船の映像が重なります。

建築家のザハ・ハディッドが、スーパーモデルのナオミ・キャンベルに造った宇宙船型の家のようなフォルムです。
その宇宙船の下部からタコの足のようなものが沢山伸びていて、ウネウネしながら田んぼのシーンの中に降り立ちます。

何だ!?

と思っていると次の瞬間にその宇宙船の内部にいました。
最も下部にいるようです。

大きな楕円の突端の円形部分にいるようです。
スペースは全面が窓になっています。
辺りには誰もいません。

窓から外を見ると、何も動きを感じませんでしたが、凄いスピードで上へ垂直上昇しているようだとわかりました。
一瞬で風景が消し飛びます。
床も透明になっていて、下の景色が見えています。

あっという間に宇宙空間に出ました。

これは母線か何かなのか、誰かが何かを話に来てくれるのか、と待ちますが、何も起こりません。
船は宇宙空間で静止しているだけです。

下で地球が動いているのが見えるので、この船は本当に「静止」しているようです。
何か最初の田んぼのシーンといい、静かで動きがないのが特徴だなあと思います。


シーン4:天使再び

すると突然、緩やかな坂道を登っていく女性の後ろ姿を下から見ていました。
短いカーリーヘアの、現代的な姿の女性です。
カッコいいお尻の後ろ姿です。
その人に

「待って」

と呼びかけてみますが、ちらっとこちらを振り返っただけで、構わずに登って行ってしまいます。
何故か紫のイメージがあります。

そこに天使の羽根の映像が重なり、気がつくと、夢に出てきたあの有無を言わさぬ漢字の天使がいました。
私はそれに気づき、

「出てきてくれてありがとう」

と言います。
天使は黙っています。

「あなたは…」

天使なの、と聞こうとした瞬間に、これは間違いなく天使だと感じました。
大きい翼は殆ど身体を覆い隠しており、天使特有のとりつくしまのなさ。
コミュニケーションが取れない感じ。

羽根はあれども天使というわけではない、ガイド的な存在の非物質存在とは全く違うこの感じ。
そして結構高位の天使なんじゃないかという気もします。(高位になればなるほどとりつくしまがなくなるというか)
目は伏せがちで、殆ど何も見ていないような感じです。

天使は何も言いません。
その代り、天使の前に、一番最初の探索の時の、ファラオの棺が出現しました。
出現したというか、誰かが引きずってきたというか…。

ファラオの棺を前にして天使は何も言わず、黙っています。

私はこれはどういうことだろうと考えました。
棺には何が入っているのか。
干からびた遺体か?
だとしたらどういう意味なんだろう。
再三これを見せるのは何故なんだろう。


ここで呼吸が苦しくなってきてしまい、意識が浮上しました。
まだ深い呼吸をすると苦しくなるので、長時間の探索はキツイようです。

同時に、ヒラリオンが頭をいじって以降変性意識に入るとずっと続いている、頭の奥が圧迫感と共にむずむずするような不快感が襲ってきました。
これは多分松果体が動き出しているという兆候です。
さらに、チャクラこじ開け事件の時のような脚の不快感が起こります。(→「チャクラこじ開けで1人エクソシストに…」)
私は驚いて、

「あれ、またチャクラ調整すんの?」

と聞いてみました。
ヒラリオンは笑って首を横に振ります。

脚のムズムズはすぐに収まり、そのかわりハートチャクラに何とも言えない爽快感が広がります。
これは何が起こっているのであろうか…。

しかし頭の不快感はどんどん強くなります。
CDがここで帰還を告げ、フォーカス10へのカウントダウンを始めます。


シーン5:「こいつらと話すことはない」

フォーカス10へ降りていく途中で映像が入り込みました。

女子高生と思しき2人がいます。
カラオケボックスのようなところで、だらしなくソファに座ってもたれており、一人はつまらなそうに髪をいじっています。

2人は友達ですが、誠実な友達ではないということが伝わってきます。
心からの会話はしたことがない、2人とも、心からの会話とは何かを知らないのです。
友達とは、適当に相槌を打って会話を合せておく存在です。
誰かに誠実な言葉を発するということをそもそも知らず、心の中では馬鹿にしたり、一緒にいてつまらないと思ったりしています。

「こいつらと話すことなんかない」

という言葉が聞こえます。
女子高生のうちのどちらかが発した言葉というわけではなく、どこからともなく聞こえてきた言葉です。
これを発したのはガイドなのでしょうか。

そのシーンに、藍色のソックスの映像が重なります。
細いニットの網目の荒いソックスです。
片方からは糸がほつれて飛び出しています。

ここでCDは終わり、探索は終了しました。
(探索記録終わり)


…というような感じでした。
全体的に意味不明なのですが、それでも一番最初の探索の時にaika224さんがくださったコメントを思い返すと何か納得がいくような感じがするのが面白いところです。

ガイドもつれない割にはなんとなく出てきてくれているような感じですし…。

いきなり宇宙船が登場したのは意表を突かれましたが、この探索について次の記事で質疑応答してみようと思います。
質疑応答にはヒラリオンが出てくれると言っています。
→「「適当に処世術を身に着けつつ地上に染まらずやってくれ」

*このカテゴリの記事をもっと読む→「人様のガイドに接触を図ってみるシリーズ 目次」「ヘミシンク・バイノーラルビート・死後探索 目次
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 占星術:ジオセントリックの... | トップ | aika224さんの探索続き。「適... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aika224)
2018-04-17 18:47:45
探索ありがとうございます!
内容はなんとも難しいですね…

あのガイドさん登場しましたか!
僕も、彼のジェスチャーは、多分頑張るフリだけでいいって意味かと…もちろん自分の中で魂の意志の実行は頑張るけど…見栄えのいいような、地球人の労働的で根性的努力はしないでいいのかな、と。ジェスチャーだけが楽ですし(笑)

「破」と「瞋」…「破」は、破壊の力だと…以前その力があるとスピ関連の人に言われたことがあるので…でも使ってないで渦巻いてる状態だと。
瞋は…ちょっと気になって調べましたら、自己中心における他者のせいにしてしまい、それで怒り等に結びつくとありまして、加えて怒りは悲しみと結びついていることを踏まえると、
納得できる部分があって、
何か大切な仲間か何かを失った感覚とそれによる深い悲しみ、そして、挽回してやる!みたいな痛々しさみたいなものを心の中に感じていたので、多分それによる怒り…瞋なのかな…と。
……その天使さんの特性として破と瞋があって、これを地球風味で上手くやってみろ、ってことなのか…

長い棒の農夫の長い棒は…おそらく男性器の象徴です…天と地を結ぶ「柱」としての意味としてで…宇宙船が天、田んぼが地…
農夫さんがあぜ道でなんかをすることで、
地上という女性的側面と、農夫プラス長い棒による男性的側面がなんか(?)なって、
で、タコ足宇宙船登場というような…。
そして初めてカリーヘアの女性と接触(?)できる、と。
それと、「言うことは全部言った」のくだりは…喋んないけど見せるのはアリ、だったんでしょうか…。

ファラオの棺は多分…僕を地球に留まらせる杭みたいなものなのかなと思います。地球での目的みたいな。
あ、そー考えると、一度目の探索の内容は、象徴としての意味ではありますが、地球でこれやれって意味なのかもしれないです…。

女子高生のは…
靴下がどうにも解きにくいです(笑)


質疑応答はヒラリオンさんですか!楽しみです(笑)

コメントを投稿

ヘミシンク・バイノーラルビート・死後探索 記事」カテゴリの最新記事