あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

続・授業で役立つ考え方-7-

2019-01-14 05:23:19 | 授業で役立つ技術と考え方
《 理想的なノートは白紙 》

ワークシートは書きやすい。

授業の構造が分かり、見通しが立つ。

何より、時間の節約になる。
子どもは「書く」のに時間がかかり、何でも書かせていると「思考」の時間が減ってしまう。
ワークシートにすることにより、書く量を減らすことができる。

しかし、最終的には、ノートを自分でまとめる力を付けさせたい。

習得した知識を活用して考え、表現しノートにまとめる。
単に黒板を写すのではなく、自分の考えで構成する。

このような力を付けさせたい。

「白紙のノート」を使いこなせるような子どもを育てたい。

次のノートは、
「白川村から観光客の駐車場をなくしたのはなぜか」
と言う課題に対して、自分の考えをまとめている児童のノートである。
小学4年生だ。



板書を書き写すのではなく、自分のイメージマップをつくっていた。

すごい!これこそがノートだ!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 学校における働き方改革特別... | トップ | 1月14日の社説は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

授業で役立つ技術と考え方」カテゴリの最新記事