あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

続・授業で役立つ指導の技術-9-

2018-06-15 05:20:57 | 授業で役立つ技術と考え方
《 板書は消し方を工夫しよう! 》

書き方よりも「消し方」にこだわれ

師匠・故 有田和正先生の実践です。

先生の著書『教え上手』(サンマーク出版)には次のように書かれています。
-------以下引用-------

消し方を工夫することで、学習内容の確認や効果的な復習をさせられるものです。

たとえば、白で書かれた部分を消し、赤の重要な部分や黄色の「はてな?」部分だけを残して、それを復唱させる。
逆に、重要ポイントだけを消して、「今消したところに,どんなことが書いてありましたか?」などと尋ねる。
教え終わった後も虫食い状態のまま残しておいて、次の時間のはじめに埋めさせてから消すという方法もあります。

-------引用終わり------

よくあるワークブックは、重要語句を(   )内に書かせたり、重要語句の説明を枠内にまとめさせたりする。

その発想である。

授業で一度板書を構造的に完成させた後、復習したいところを消して、いわば、ワークブックをつくればよいのである。

有田先生の模擬授業を受けると、いつも、この方法で復習する時間がある。

消しながらまとめていくのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第27回 稲沢あじさいまつり  | トップ | 『超訳 ニーチェの言葉』-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

授業で役立つ技術と考え方」カテゴリの最新記事