あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

頭の使い方がうまくなる30の方法-3-

2018-07-14 05:17:49 | 教師のための指導法
シリーズ頭の使い方がうまくなる30の方法を紹介しています。

元サイト


 http://www.happylifestyle.com/article/114
について、論評します。

第3回は、音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる

これは間違いありません。

それが出来る環境にあるかどうかです。

一部引用します。

できる限り、五感を通して勉強したほうが、記憶力が高まります。

脳が活性化され、頭の回転がよくなります。

ぶつぶつとしゃべりながら勉強すると「目」と「口」と「耳」を使います。

目で文字を見て、口で声を出し、出した声を耳で聞きます。

できるだけたくさんの体の感覚を刺激して覚えることが、記憶のコツです。
 


これは事実です。とにかく、やってみましょう!

頭の使い方がうまくなる方法 その3
ぶつぶつしゃべりながら、勉強する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明後日から 江南 Summer Fes... | トップ | 『超訳 ニーチェの言葉』-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教師のための指導法」カテゴリの最新記事