あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

1月14日の社説は・・・

2019-01-14 05:35:35 | 社説を読む
今日は成人の日です。

朝日新聞
・ 成人の日に 思考の陰影感じる世界へ

読売新聞
・ 日英首脳会談 EU離脱に備え戦略的関係を(2019年01月14日)
・ 成人の日 踏み出せば見える景色がある(2019年01月14日)

毎日新聞
・ 次の扉へ 人口減少と日本社会 2040年代への準備は万全か

日本経済新聞
・ 「顧客起点」のサービスへ変革を急ごう
・ もっと転職者を生かす会社に

産経新聞
・ 成人の日 未来を創るのはあなただ 
・ 文大統領と北朝鮮 「制裁緩和」軽率に語るな

中日新聞
・ 「伝達人」になろう 成人の日に考える 

※ 日経時代以外は成人の日です。

朝日です。
「■SNS時代の議論

 米大学の心理学者らが2年前、銃規制や同性婚など3テーマに絞って56万件以上のツイートを調べた研究がある。異なる考えの人たちは無視しあい、似たもの同士による意見交換に終始する傾向が強い。同じ価値観同士でも、特に「怒り」と「嫌悪」への共感で行動が活発化することもわかった。

 名古屋大学大学院の大平英樹教授(感情心理学)は「SNSでは、同じ意見をほめ、異論は遮断できる。これを続けていると、異質のものを想像したり、中長期的に感情を制御したりする機能が低下するという考え方がある」と話す。

 会って意思の疎通をするとき、相手の考え方は言葉だけでなく、口調や表情、しぐさなどからも判断できる。会ってみたら悪意はないとわかった、ただ自分とは違う価値観を持った人だった、というように。

 スマートフォンやパソコンの画面だけを通じたやりとりだけでは、十分にはわからない。時にはスマホから顔を上げて真っ正面から向かい合い、触れてみよう。怒りや嫌悪の裏にある、何十、何百もの陰影に。

 みなさんが成人の仲間入りをした世界に目を向けると、そこにも分断線が広がっている。

 グローバル主義を否定するトランプ大統領の米国で、ポピュリズム勢力が台頭する欧州で、相反する意見への拒絶反応が激しさを増している。」 

よくわかります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 続・授業で役立つ考え方-7- | トップ | 基礎競馬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社説を読む」カテゴリの最新記事